難しいけどクセになる。超キワモノな「フォントかるた」

例えば「創英角ポップ体」と言われて、どんなフォントかパッと頭に浮かびますか?Wordや画像加工アプリで文字入れをよくする人なら、ぼんやりとはイメージ出来るかもしれません。

ちなみに、1番右のフォントがそれ。お店のポップやチラシによく使われていますよね。

日常の中で様々なフォントに常に触れているわけですが、書体の名称って意外と知らないのではないでしょうか?

ここで紹介するのは、48種類の書体を使った「フォントかるた」なるカードゲーム。難易度は笑ってしまうほど高いのだけど、フォントを仕事で扱っている人や美大生には、たまらない遊びだということが発覚したのです。

難しすぎる!
でもクセになる……

「フォントを愛しすぎたら、かるたにたどり着きました」。

そう笑って話してくださったのは、グラフィックデザイナーのせきねめぐみさん。今年の1月、新年会の余興を考えている時に、このアイデアをひらめいたそうです。

その時は手持ちのフォントを選んでプリントして、その日限りのために手作りしたのだけど、やってみたら思った以上に大盛り上がり。本格的に製作することを決めたそうです。

読み札にも、
フォント愛溢れる仕掛けを

「もっとフォントの面白さに触れてもらいたい」という思いから、読み札にはフォントの特徴だけでなく、どうやってこの形に至ったのかという歴史の解説なども付いています。読まれたフォントをゲットして楽しむだけではなく、マメ知識まで得られる。これぞ、大人流のかるた遊び!

せっかくなので、
ちょっと遊んでみます?

公式HPの「お試し問題」より、ふたつ出題してみましょう。両方わかった人は、きっとこのかるた、好きになってしまうと思いますよ。

Q1:「プリティー桃」はどれでしょう

Q2:「凸版文久明朝」はどれでしょう

さあどうでしょう、私は1はピンときても、2はさっぱり(笑)。

答え合わせをすると、Q1は左から、TB古印体・プリティー桃・ふい字。Q2は左から、リュウミンB-KO・凸版文久明朝・マティスEB・明石Lでした。

印刷博物館で6月18日まで販売予定でしたが、実はもう完売。次回の販売は7月30日の「ワンダーフェスティバル」と、8月6日の「真夏のデザインフェスタ」を予定。期間限定で、市ヶ谷の「DNPプラザ」にも販売が決まっています。

近いうちに通販も検討中のようなので、気になる人は最新情報をHPから確認してくださいね!

Licensed material used with permission by ©️フォントかるた制作チーム
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
「日本人だけが読めないフォントがある」と、ネットで話題になったテキストがあります。それがこちら。さて、あなたはここに書かれた文字が読めますか?「カモンGU...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
スマホでゲームもできますが、一緒にやる人がいないとできないカードゲームって、なんだかアナログで懐かしかったりします。みなさんもご存知の神経衰弱。最近では、...
子供用三輪車のタイヤをドリフトしやすくカスタム。峠の頂上から下って山道を爆走する動画がこちら。クルクル回転しまくり!「ドリフト・トライク」は、ニュージーラ...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...
ついつい、うっかり、本気で好きになってしまった。
コーチング(相手の能力を最大限発揮させるために会話を通じて引き出すこと)で、多くのビジネスパーソンを救ってきた和気香子さんの著書『人間関係の整理術』では、...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
B級グルメの代表格「ご当地焼きそば」は、愛知県の瀬戸市にもあった。一見するとなんの変哲もない茶色い普通の焼きそばだけど、食べてみると甘みがある。立ち寄った...
30代の私だけど、今だに“大人の基準”が良くわからない。年齢的にはずっと前に成人しているものの、心の中にはいつもどこか「幼さ」が残っているような気がするん...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
「WikiWars」“スタートワード”が与えられて、Wikipediaのテキストリンクを何度も押して、“ゴールワード”にたどり着くまでのタイムを競います。
ファッション、グラフィック、ウェブ、インテリア、環境、都市、空間など。これらに続く下の句「デザイナー」。あらゆるデザイナー職の人たちが、共通して抱えている...
「もっと素敵な女性になりたい」と自分磨きに余念がない女性は山ほどいます。けれどその終わりはいつ来るのでしょう。もしかしたら、今日がそのタイミングなのかもし...
子どもの遠足用じゃないかと侮ってはいけない。強度のあるナイロン製で、専用ケースもちゃんと付属。73cm×78cmというサイズ感は、大人二人が腰掛ける必要最低限。