「なんでわざわざ?」と思うような体験に、踏み込んでみるべき6つの理由

ふるさとワーキングホリデーという、大学生を中心とした若者向けの「ワーホリ」プログラムが、この夏開催される。

縁もゆかりもない地方に夏休みの休暇を利用して滞在し、地域でのリアルな暮らしを体験するというものだ。地域交流のプログラムも豊富。滞在する住居の斡旋もサポートしてもらえる。さらに、基本的な生活費は現地での就業体験を通して得る収入でまかなうことができる。

それでも、都市部で便利な生活をしている人からは「なんでわざわざそんな田舎に……」なんていう声が聞こえてきそうだ。だけどそんな、「なんでわざわざ」に踏み込んでみるべき6つの理由を、紹介したい。

理由1.
旅行では行かないような場所の
魅力を知ることができる

旅行に行くとき、どうやって目的地を決める?ネットで話題だから?ガイドブックに載っていたから?

「ふるさとワーキングホリデー」の目的地は、話題の観光地とは限らない。

あなたが知らない地域にも、そこにしかない産業や工芸や自然がある。きっかけがなければ一生行かなかったかもしれない場所の魅力を、知らずに過ごすのはもったいない。

理由2.
知らない土地に
縁ができる

「ふるさとワーキングホリデー」の滞在期間は2週間から1ヶ月程度で、それぞれの自治体が提供するプログラムを選択できる。

地域のひとと共に暮らし、働き、行事に参加するという体験は、2泊3日の旅行では得ることができない、強い繋がりを生む。ありきたりかもしれないけど、名前を覚えてもらい、何度も同じ食卓を囲めば、「いつかまた帰って来たくなる」場所やひととの縁が、きっとできるはずだ。

理由3.
受け身でいては何も始まらないことを
痛感する

一方で、この限られた時間でどれだけの経験を持ち帰ることができるかは、あなた次第だ。まったくゼロからの人間関係。大学生活やいつものバイトみたいに、「徐々に……」という考え方ではあっという間にタイムリミットが来てしまう。

短い時間で信頼関係をつくり、もっとたくさんのチャンスを手に入れるにはどうしたらいい?受け身でいるだけではもったいないことに、すぐ気づくはずだ。そして行動に起こした先には、思いもよらなかったような成功体験や、成長実感が待っているだろう。

理由4.
「一生現役」の本当の意味を
知ることが出来る

地方に行くと、驚くほど元気なお年寄りに出会うことがある。なんでもテキパキこなして、「毎日やることがたくさんあって幸せだよ」と笑っているような。

そんなおじいちゃん、おばあちゃんを見ると、定年後はゆったりと老後を……なんていうライフプランを考え直すことになるかもしれない。事実、私たちが「定年」を迎えるころにはそんな概念はなくなり、「一生現役」が当たり前の時代になっているかもしれないのだし。

理由5.
東京には絶対に集まってこない
情報や考え方に触れられる

百聞は一見に如かず。同じ日本でも、都市部と地方では暮らしが違うことに驚くはずだ。しかも「地方」と一言でいっても、ところ変わればまた暮らしは変わる。そんな風に、日本にどんな暮らし方や生き方があるのかを知ることは、本当の意味であなたの視野を広げるのに役に立つはずだ。世界に飛び出す前に、知っておくべきことかもしれない。

逆に、情報や選択肢があふれる都市部を離れることによって、自分が本当に望むものが見えてくることもあるだろう。選択肢が少ない場所で、「どうしても手に入れたい!」と渇望するものはなんだろうか?こんなことを、見つめ直してみるキッカケになるかもしれない。

理由6.
本当に大切なものは、
お金?体験?

どちらが正解かなんて決まっていない。

この滞在を終えたとき、あなたの中で、ひとつの価値観が見えてくるかもしれない。

飛び込んでみるなら、イマ

何をするにしても、二度と戻らない時間を引き替えにするのは皆おなじ。特に大学生にとって、とても貴重な夏休みの時間。有意義に過ごすための選択肢のひとつとして、他人が「なんでわざわざ?」と言うような体験に飛び込んでみるのはどうだろうか。

詳細は、随時開催される「説明会」やWEBサイトから確認することができる。条件などは団体によって異なるため、希望にあったプログラムがないか、チェックしてみては?

関連する記事

「The Points Guy」が出しているインターンの募集。世界中を飛び回り、フライトやホテルなど、旅先や移動中に体験するモノ・コトをレビューするという...
4月9日、「Airbnb」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「体験」の新カテゴリ「オンライン体験」を提供開始すると発表した。
子供心に、なぜ食器には青い絵が描いてあるのか不思議だった。で、今はなんで青い絵が描かれている食器があんなに高いのか不思議だ。せっかくなので、愛知・瀬戸市に...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
5月28日、「Airbnb(エアビーアンドビー)」が4月9日から提供している「オンライン体験」に「一流の料理人に学ぶオンラインクッキング体験」を追加するこ...
ニッチなテーマがたくさんあるなかで、ひときわマニアックな体験をできそうなクルーズが出港するようです。ホーランド・アメリカ・ライン社が手がける、「UFO C...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
Airbnbが2016年11月にローンチした新サービス「トリップ」の一環として話題を集めている「体験」。宿泊だけではなく、旅そのものをユニークなものにする...
星野リゾートのブランド「界」が、本日4月1日(木)から「手業(てわざ)のひととき」と題した“ご当地文化体験”の提供をスタートする。
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
人類が初めて月面着陸してから50年。歴史的なこの出来事を、イギリスの「Channel 4」が“ライブ配信”でお祝い。ニール・アームストロング船長率いるアポ...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
2021年7月オープン予定、未来生活体験のテーマパーク。
スペイン、モロッコ、中国にデンマーク、ニッポン国内は津々浦々……小6で自転車旅に目覚め、24歳にして地球半周分はロードバイクで走破しているライターの松本です。
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
Airbnbと国際オリンピック委員会(IOC)が共同で新たな体験カテゴリ「オリンピアンによる体験」を提供開始する。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
本当にクリエイティブな人たちが、絶対にやっていない行動。そんな興味深い内容を、ライターNicolas Cole氏が「Inc.com」にまとめています。この...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...