「手のない僕が描き続けることで、人生に不可能なんてないことを示したい」

25年前に手を持たずに生まれてきたMariusz Kedzierskiは、「なぜ、五体満足に生まれなかったのか…」。そう、ずっと疑問に思いながら生きてきました。

自分は不幸だと思い続けていた彼でしたが、それでもペンを取り描き続ける道を歩むことに決めた時から、彼の生き方は大きく変わったのです。

才能だけじゃない
努力の道を突き進む

今でこそアーティストとして活躍するMariuszですが、2008年の冬に描き始めた当時は、小さな子どものラクガキのような絵だったそうです。

でも、1日たりとも休まずに、12時間にも及ぶデッサンを続けているうちに、自分でも成長がわかるほど、みるみる上達していきました。その後、路上で肖像画を描くようになり、人々の顔だけではなく、それぞれの人生を感じるほどの腕前に。大きな障壁を乗り越えて「自信と誇り」を手に入れた彼はこう言います。

「手のない僕が描き続けることで、人生に不可能なんてないことを示したい」  

一人ひとりの物語に
自分の思いを込める

世界には多くの人間がいて、人の数だけ物語があります。長年に渡って描き続けた肖像画が、それぞれの人生の語り役を果たしているのです。

なぜ手を持たずに生まれたか、ペンを握ることで答えに辿り着いたと、Mariuszは言っています。アーティストでもあり、語り手でもある彼の絵には、何事も諦めずに強く生きていくためのメッセージが込められているのです。

Licensed material used with permission by Mariusz Kędzierski, (Facebook)
他の記事を見る
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
旅には、人生が凝縮されています。
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
Ramon Bruinの3Dアートは、カラースプレーや絵の具を使うこともたまにあるけれど、ほとんどが鉛筆と色鉛筆のみで描かれている。実際に手を伸ばしたら触...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
有史以来、戦い続ける男たち。浮き上がる筋肉は力の象徴。そこに強烈に惹かれたアーティストは、闘志に燃える強靭な肉体を表現するようになりました。みずからの指で...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
それは1月のこと。27歳の若さで、癌によりこの世を去ったオーストラリア出身のHolly Butcherさん。彼女が死の宣告を受けたのは、26歳のときです。...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...