この夏、世界47カ国で愛されている「共通言語」。※イヤホンで聞かないでください

海外に行った時にジレンマを感じるシーンって結構あると思うんです。わたしも留学したばかりの頃、食事に誘われても言葉はうまく話せないし、クラブに誘われても音楽には詳しくないしで、思いっきり楽しめない時期がありました。もちろん、とっても素敵な出来事だってたくさんあったんですけどね。

最初は身振り手振りで一生懸命でも、一緒に料理をして関係を深めたりしているうちに、次第に映画やアートの話題で盛りあがったりできるように。特にパーティーで自分でも知っている有名曲が突然流れたとき。この曲知ってる!とつい嬉しくなって顔をあげたら、周りにいた友だちが手を引っぱってくれて、一緒に踊ってくれたりして。言葉でわかりあえなくても、ワイワイ盛り上がれたことにビックリ。それから一緒にルームシェアしたり、一緒に旅行に出かけたり、今ではいい思い出です。

誰でも盛り上がれるヒットナンバーはわたしにとって心強い味方でした。言葉の壁を超えて繋がれる音楽は、いつの時代もあるもの。たとえば、こういう曲を知っておくだけで、簡単に仲良くなれちゃったりします。 

キャッチーなフレーズで
みんなと盛り上がろう!

クラブでの出来事を今考えると、言葉でわかりあえなかったからこそ体験できた青春の一コマだったなって思います。正直甘酸っぱくて、もっと海外の有名アーティストを知っていたらな〜、とも。

今だったら、繰り返される「I might」という歌詞が、「甘い」に聞こえる!と話題になった曲『Slide』はオススメ。大人気R&Bシンガーのフランク・オーシャンの歌は、ちょっぴりセクシーな気分で聞きたいときにピッタリで、一度聞いたら忘れられない、誰の耳にも馴染むフレーズなんです。

ちなみに、この曲が入っている、カルヴィン・ハリスの最新アルバム『FUNK WAV BOUNCES VOL.1』は、夏気分を盛り上げたい人にオススメな楽曲がほかにもたくさん。

スピーカーから流しっぱなしにしたい
ずっと聞いていられる夏にピッタリのサウンド

暑〜いなか、開放的になるにはもってこいのこんな曲も。晴れた日のドライヴにグッド!

このアルバムは、EDMやトロピカルハウスが好きな人も、往年のディスコファンクのようなレトロな雰囲気が好きな人にも人気。

アルバムについて「永遠に聴いてられる」とツイートしたアーティストもいるくらい聞き心地の良い曲ばかりで、流しっぱなしにしてなんとなくずっと聞いていたくなるんですよね。

全世界47カ国でチャート1位
有名アーティストのコラボが満載

『Feels』のMVには、カルヴィン・ハリス本人がベースを抱えて出演。じつはこの人、今年のサマソニ出演でも話題になっている超有名人。

アルバムは全世界47カ国のiTunesチャートで1位を獲得。総再生回数は1兆回(!)。世界の人口が70億で…と考えると、今この瞬間も地球の裏側でも誰かが同じ曲を聴いてるんじゃないか、と思えてくるほど。

そんなヒットメーカーの彼が、3年ぶりにリリースしたアルバムとあって、参加アーティストはめちゃくちゃ豪華!

ファレル・ウイリアムス、ケイティ・ペリー、アリアナ・グランデ、スヌープ・ドッグと、ビッグネームが勢揃い。人気急上昇中の新進気鋭の若手アーティストも含め、総勢20組の豪華ゲスト陣がコラボしている1枚なんです。

ジャケットを眺めるだけで
オープンな気分になってくる!

カルヴィン・ハリス自身、「2017年はもっと喜びにあふれた音楽を」とコメントしているとおり、どれも陽気でハッピーな気持ちになれる曲。

あんまり洋楽に詳しくないんだよな…と思っている人も、この10曲を聞いておけば隣りにいた人と何となく目があって一緒に盛り上がった!みたいな体験ができちゃうかも。

ひとりイヤホンで楽しむのもいいけれど、ぜひともスピーカーで流してみて。

Spotifyでもチェックできます!

斬新なアイデアを採用したイヤホンの紹介です。
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
「フランス人の女の子と知り合ったとき、アイデアを思いついたんだーー」そう語るのは、リアルタイムで外国語を翻訳してくれるイヤホン「the Pilot」の開発...
iPhone7以降、イヤホンジャックがなくなったのを機にワイヤレスイヤホンに乗り換えた人も多いはず。街中でも「AirPods」を使用している人をかなり見か...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
音楽デバイスの進化は日進月歩で改善し、いまやウェアラブルが基本。ではイヤホンはといえば…。誰もがこんな経験があるのでは?音楽を聞きながらジョギングをしてい...
「ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤーカフ)」は、そもそも耳穴をふさがない。耳たぶにクリップするように装着します。ゆえに、...
完全独立型イヤホン「hGroov」は、2つの革新的な機能を搭載しています。1つ目は、ワイヤレス充電規格Qiに対応。2つ目は、専用のケースも充電される仕組み...
イヤリングの背面にあるボタンを押せば、通話ができたり音楽を聴けたりするんです。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
音楽好きにとっては、すごくいい時代だと思う。ビジネスとして見たら、音源が売れないとかいろいろ課題があるのもわかってるけれど、いちリスナーとしてはこんなに楽...
フランスのハイエンドなオーディオメーカー〈FOCAL(フォーカル)〉の「SPARK WIRELESS」です。
通勤中の電車の中で、はたまた休日のカフェで。「音楽を聴くこと」は、当たり前のように日常に溶け込んだ行為です。が、その前にごちゃごちゃに絡まったイヤホンを解...
『Makuake』さんから紹介してもらった「VIE FIT」は、かなりのスグレモノです。とってもソフトなシリコン素材を使ったイヤーチップが耳にフィット……...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
「Kickstarter」に登場した、最新イヤホン「Revols」。資金募集をスタートして、わずか7時間で目標金額の10万ドル(約1,200万円)を集め、...
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
音楽を聞こうとしたら、ポケットの中でイヤホンが絡まっている…。接続部分が壊れて買い換えなければならないこともあるし、カナル型だったらイヤーピースをなくして...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.50