人間の「ひらめき」はどこからやってくる?

1%のひらめきと、99%の努力──。

20世紀の発明家トーマス・エジソンの有名なフレーズには、いくら努力をしたところでひらめきがなければ何も実現できない、という真理が横たわっています。

ではその1%は、いつ、どこで、どのように“ひらめく”ものなのか。映画監督、プロスケーター、作家、コメディアン、あらゆるフィールドで活躍する人物たちに聞いた、インスピレーションが湧く状況「Where Do Ideas Come From?」を紹介します。

断片が飛んでくる。
David Lynch(映画監督)

「アイデアをパズルで例えるならば、はめていくというよりも、私の頭の中では一つひとつのピースが、自分に向かってひらひらと飛んでくるイメージなんだ。言うなれば断片やかけらのようなもの」

まずは、真似からはじめる。
Ray Barbee(プロスケーター)

「ほとんどの人は真似(コピー)から始めます。でもそれが次第に自分のものになってくる。なぜなら、完璧な真似なんてできないから。コピーし始める事で、オリジナリティが生まれるんです」

脳みそにパンチされた感じ。
Lulu Miller(作家/ラジオパーソナリティ)

「なんかね、脳みそに不意にパンチされたような感じ。あるいは顔を平手打ちされたり、お腹にパンチを食らった感じだったり…。目がさめるような感覚っていうのかな」

恋に落ちるイメージ。
Susan Orlean(作家)

「一度でも沸いたら、もう二度と沸いてこないかなもしれない…そうやって不安になるんですよね。恋に落ちるときみたいに。特に別れたあとは、もうこんな思いしたくない…って気持ちになるんだけど、新たな恋に落ちると、選ばれた気持ちにもなれる。インスピレーションってそんな感じかな」

そもそも、そんなものない!
Robert Krulwich(ジャーナリスト)

「そもそも、インスピレーションがスタートラインなの?そんなもの元からないんじゃないかな。だって、何もないところに急に光が射すようなものでしょ?そんな経験ないし、もしそんな経験した人がいるって言われても、その人のこと正直信じられないな」

すべての行動。
Chuck Close(コメディアン)

「いいアイデアは、いつだって動いていなきゃ生み出せません。ずーっと座っていて頭にカミナリが本当に落ちたとしても、アイデアが浮かばないことだってあるわけだし。インスピレーションなどという言葉をそもそも使うことが、アマチュアだと思いますけどね」

それぞれの分野で、成功を手にしたうえでの考え方。彼らもまた、スタートラインは「1%のひらめき」からだったに違いありません。

では、あなたは?

インスピレーションは目の前に転がっているかもしれない。あるいは、そもそも存在すらしないのかも。そこを見極めない限りすべての努力はムダになる、これこそがエジソンのメッセージングなんでしょうね。

Licensed material used with permission by Andrew Norton
キャリアウーマンだった女性が、出産を機に「退屈」の中に溺れてしまう……。よくある話です。BBCニュース記者であったアメリカ人のマヌーシュ・ゾモロディさんも...
『7つのステップでスマホを手放す 退屈すれば脳はひらめく』(NHK出版)の著者であるマヌーシュ・ゾモロディさんは、バリバリ仕事をこなすBBCのニュース記者...
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
「成功」には、ひらめき、努力、運、さまざまなものが必要だと言われていますが、何より「習慣づけること」は大切です。やめることは誰にだってできますが、続けるこ...
心温まる動画をご紹介。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
本当に優しいのかどうかは、あえて「していない」習慣から見てみよう。蚊帳の外の人を無視する、他人の時間を無駄にする、自分の意見を押し通す等は、本当の優しい人...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
線路沿いの古民家をリフォーム人と人をつなぐ中目黒のコーヒーショップONIBUS COFFEE〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-14-1http:/...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
コーヒーとチェリーパイと1枚の写真、下世話なテディベア、ドラッグ入りのミルク……。
自分の弱さを克服し、ここぞというときに力を発揮したい。そんな人にオススメの記事です。「I Heart Intelligence」でライターのJustin ...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
自分に自信がある人たちは、一体どこがどう違うのか?10の習慣として紹介されているので、さっそくチェックしてみましょう。「I Heart Intellige...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
良い会社づくりにもっとも重要な「採用プロセス」。「Inc.」のJeff Haden氏によると、エジソンはこんな方法で人の本質を、一瞬で見抜いていたのだとか。
明日からでも、やめましょう。
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...