『ルルルン』の本当の実力を、多くのひとはまだ知らない

「お値段なり」という言葉があります。

高価なものはそれなりに品質がよく、安価なものは品質もそこそこだと。

しかし今、フェイスマスク市場ではその言葉が覆されようとしています。挑んでいるのは、『ルルルン』。『ルルルン』といえば、キュートなパッケージで、安くてコスパもGOODなフェイスマスクの代表格。でもやっぱり、高級マスクには敵わないでしょう、と思っているあなた。これを読んでも、まだ「お値段なり」と思いますか?

01.
去年の『ルルルン』と今年の『ルルルン』は
まったく違います

発売から6年で、すでに5度の改良を重ねている『ルルルン』。いま店頭に並んでいるのは実はもう第6世代

シートの研究、化粧水の研究、容器の研究、さらには五感の研究まで……いろんな視点で商品をみつめ直し、アップデートを重ねています。『ルルルン』は進化を止めません。

02.
ユーザーの声から
すべては始まります

『ルルルン』が日々耳を傾けるユーザーの声は、月に5000件以上。お客様センターに集まるものだけでなく、SNSで発信されているものまでくまなく見ています。緻密なユーザー調査を、大学との共同研究で行うことも。

『白のルルルン』も『青のルルルン』も、今では定番となったボックスタイプだって、全部ユーザーの声から生まれているのです。

03.
すべての成分、すべての商品に
ゆるぎない証拠があります

皆さんに説明できないものは、一切入っていません。産地や製法はもちろん、なぜこの成分を加えるのか?にまで、きちんと理由があります。それが出来るのは、女性のお肌の悩み調査から、原因の追求、配合成分の研究・検証までを、全部自分たちの目と耳で確かめているから。説明できないものは、ひとつもありません。

全部知りたい?そんな人は『ルルルン』が運営する「フェイスマスク研究所」を参照してみてください。知りたい情報に、きっとアクセスできるはずですよ。

04.
コスパの秘密は・・・

必要なものを、ちゃんと必要なだけ入れているから。

「◯◯成分配合!」と声高に言いたいがためだけに入れている成分は、ひとつもありません。シンプルに正直にプロダクトを作っているから、コストも正直になりました。

05.
「防腐剤フリー」だけが、安心ですか?

上でも述べた通り一貫しているのは、必要なものは入れ、不要なものは入れないこと。化粧品でよく謳われる「防腐剤フリー」は、本当に安心の証でしょうか?防腐剤と呼ばれないだけで、製品を腐りにくくさせるために、お肌には関係のない成分が入っていることもたくさんあります。

『ルルルン』がこだわるところは、お肌への効果を第一に考えること。自然由来の成分であるがゆえに、不純物が多くアレルギー反応が起こりやすいものは、合成の成分でバランスをとることもあります。もちろん、すべてにエビデンスがあります。

06.
香りは自然由来の「精油」から

フェイスマスクは保湿力だけでなく、リラックスできる香りも大事。香りにもこだわった『ルルルンPLUS』は、すべて自然由来の「精油」で香り付けをしています。

本物の精油を手に取ったことがある人なら知っていますよね。ピュアな「精油」は、ほんの数ミリリットルでも数千円以上のお値段がするということを。香りにこだわったと言うからには、ここまでこだわりたいのです。

07.
地域限定品は
ただの「色違い」じゃありません

北海道や沖縄、京都のお土産売り場で手に入る、地域限定の『ルルルン』。ここまで読んでくれた人ならもうお分かりでしょう。お土産売り場の商品だって、正真正銘の「限定品」です。決してパッケージを差し替えただけの「色違い」ではありません。

それぞれの地域の生産者さんたちに大切に育てられたもののなかから、美容にも良い成分を探し出し、皆さんにお届けしたいという気持ちで開発しているのです。

08.
次世代の開発は
常に「最高品種」へベクトルを

現時点で発売されている『ルルルン』の最高品種は、『ルルルンONE』。しかし、いつも進化し続ける『ルルルン』はここに留まりません。

すでに開発が進んでいる『ルルルン』第7世代は、『ルルルンONE』のクオリティに到達することを視野に入れています。そして最高品種は、更なる高みを目指してアップデートされていくのです。

09.
定期コースなら
お家に届いて、いつでも10%OFF

そんなルルルン、実は全国のドラッグストアやバラエティショップだけでなく、オンラインでも購入できるって知っていましたか?しかも、公式オンラインショップから定期コースに申し込めば、なんといつものルルルンが10%OFFで購入できるんです。
店頭では割引されることがほとんどないから、これはうれしいですね。

関連する記事

「ルルルン年賀状」は、ルルルン1枚入りのパッケージを年賀状に見立て、表面には住所を、裏面には自由にイラストやメッセージを書いたり、貼って楽しめる付属のデザ...
株式会社GrowthAgentは、新スキンケアブランドである「PARANINA(パラニーニャ)」を発表した。そんな「PARANINA」のなかから、「リラク...
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
遺伝子検査によって肌傾向を分析できる次世代スキンケアサービスが登場。簡単な検査キットで肌タイプを知り、さまざまな種類の化粧水を試して、自分に合ったスキンケ...
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
手袋ブランド「tet.(テト)」からこのほど発売された「filmskin(フィルムスキン)」は、まるで“塗る手袋”とでもいうような新感覚のハンドケアグッズ。
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
ホットヨガスタジオ「LAVA」とスキンケアブランド「Kiehl's(キールズ)」が初コラボ!今月17日から新発想の「ヨガ×スキンケア」動画を公開中。
韓国のスキンケアブランド「Huxley(ハクスリー)」が、1月13日(水)〜1月19日(火)、「伊勢丹 新宿店」にて初のポップアップを開催する。まだ国内で...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
いつまでも綺麗で滑らかなデコルテで勝負したいものです。保湿ケアやマッサージももちろんの事、実は、睡眠の体勢によって肌へのストレスが変わるもののようです。そ...
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
「資生堂」によると、男性は女性よりも肌のストレス耐性が低いことが研究によって明らかになった。
iHerb(アイハーブ)で買える、髪の日焼けダメージをケアできる「ヘアオイル」を3つピックアップ。太陽に照らされて痛んでしまった髪を集中ケアしていきましょう!
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
「GU」から、アロエ成分を配合したルームウェア「アロエラウンジシリーズ」が、8月24日より、GUの一部店舗及びオンラインストアで販売を開始。
大正13年創業の石けんメーカー「木村石鹸」から、お気に入りの香りを作れるボディスクラブがデビュー!

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
Instagramでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきています...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...