意外と知られていなかった「マリーナベイ・サンズ」のグルメ事情

シンガポールのアイコン的存在、マリーナべイ・サンズ。豪華なホテルやインフィニティプール、エンタメ施設にショッピングモールも充実、1日いても飽きないエリアですよね。

でも、こういうトータルで楽しい場所に行った時って、意外と盲点なのが「どこで食事をするか」だと思うんです。タイミングにまかせて適当にお店を選んじゃうのはもったいないよな〜というわけで、今回は、雰囲気も味も良くて間違いないレストランをランチ、カフェ、ディナー別で紹介します。

【ランチならここ!】

■やっぱり、シーフード料理は食べておきたい
「db Bistro & Oyster Bar」

上からシーフードプラッター、メインロブスターロール

シンガポールに来たら絶対食べておくべきシーフード料理。エリア内のショッピングモールザ・ショップスにあるこのお店は、カフェのようなカジュアルさがあって意外と一人でも入りやすい。

ランチには肉厚のロブスターがたっぷりサンドされたメインロブスターロールがおすすめです。

ロケーション:ザ・ショップス ガレリアB1-48
営業時間:月曜日(正午~午後10時)火〜金曜日(正午~午後11時)土曜日(午前11時~午後11時)日曜日(午前11時~午後10時)※ブランチは週末のみ営業
公式HPはコチラ

■マイアミで人気のアメリカンダイナーが上陸!
「The Bird Southern Table and Bar」

左上:チキン&ワッフル、左下:クラシックバターミルクビスケット、右下:デビルドエッグ

今年の7月にマイアミから上陸。アメリカの家庭料理を提供しているだけあって店内はほっこりとあたたかい雰囲気。
友だちや恋人、家族と賑やかな食事を楽しむにはちょうどいいお店です。

ロケーション:ザ・ショップス ガレリアB1-07
営業時間:ウィークデイランチ(午前11時~午後4時)バー(午後11時~午前2時)ディナー(午後4時~午後11時)ウィークエンドブランチ(午前8時~午後4時)
公式HPはコチラ

【かるくお茶がしたい時には】

■シンガポールのティーカルチャーを知るなら
「Renku Bar & Lounge」

午後からお茶を嗜むシンガポールの伝統文化ハイティー。今年の8月にオープンしたばかりの「Renku Bar & Lounge」では、シンガポールと東南アジアのテイストを組み合わせた紅茶が午後2時〜5時30分の間で楽しめます。ほうじ茶や玄米茶を使った日本チックなのものや、ドリアンを使った珍しい種類も。

お店自体は24時間営業。ティータイム以外でも使い勝手のいいお店です。

ロケーション:ホテル1階ロビー
営業時間:24時間営業(ハイティーは午後2時からまたは午後4時からの入替制)
公式HPはコチラ

【おいしい料理とおいしいお酒】

■世界各地から取り寄せた
A5ランク級のお肉が楽しめるステーキハウス
「CUT」

左:ポーターハウスステーキ、右:カヤベイクドアラスカ

オーストラリアのアンガス牛や日本の和牛など、世界各地から取り寄せたA5ランクのお肉がガツンと楽しめます。
デザートは、シンガポールのカヤトーストにインスパイアされた「カヤベイクドアラスカ」がおすすめ。香ばしくてふわふわのメレンゲととろっと溶け出したパンダンアイスクリームとココナッツケーキの相性は、言うまでもなくバッチリ。

ロケーション:ザ・ショップス ガレリアB1-71
営業時間:日曜日~木曜日(午後5時30分〜午後10時)、金曜日~土曜日(午後5時30分~午後11時)
公式HPはコチラ

■日本酒カクテルが絶妙!シンガポールの名店
「The Bar at Waku Ghin」

上からブラディマリー、ウニにキャビアとお魚を添えて

日本国外ではじめて日本酒大使に選ばれたオーナーシェフ和久田哲也氏選りすぐりの日本酒を堪能できるラウンジバー。ヨーロッパと日本のエッセンスをかけ合わせた創作料理も絶品で、シンガポール在住のセレブリティにもファンが多いそうです。

ロケーション:ザ・ショップス2階ダイニングL2-01
営業時間:バーは午後5時30分〜深夜、レストランWaku Ghinのディナーは午後5時30分からまたは午後8時からの入替制
公式HPはコチラ

■2軒目使いによさそうな、ウッド調のラウンジ&バー
「Adrift」

上から和牛のチーズバーガー、キングクラブメルト

ウッド調の落ち着いた店内は2軒目使いによさそう。ホテルのロビー内にあって、宿泊者も多く訪れます。
和牛チーズバーガーやキングクラブメルトなど、ガッツリ系のフードメニューも充実。

ロケーション:ホテルロビータワー2階
営業時間:午前7時~午前2時
公式HPはコチラ

どうせならホテルも予約しちゃう?
お得に泊まれる方法、ありました。

せっかくだしホテルにも泊まりたい?となれば、まずチェックすべきは公式サイト。じつは、どんな予約サイトよりもオトクなパッケージプランが用意されているんですよ。

なかでもオススメは、「db Bistro & Oyster Bar」や「CUT」などでのラグジュアリーな食事がオトクに味わえたり、コンシェルジュ付きのパーソナルショッピングサービスを無料で体験できるRetail Escapeパッケージ。予約期間は2017年10月16日までです。

ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
シンガポール在住メリッサさんのインスタアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
世界一の高級レストランと言われるSublimotionのディナーはVRやプロジェクションマッピングを用いた最新式。シェフから演出家まで超一流を集結した極上...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
TasteAtlasでは“旅先で何を食べるべきか”を調べられます。さらに、似たような食材を使った料理や、それが食べられる他の国や地域まで教えてくれるんです。
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
なんかちょっと、変なんだけど。
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
ここでは『ハワイベストレストラン2015』(実業之日本社刊)で紹介されている192店のなかから、とくに評価の高い18店をご紹介!ハワイ好き、ハワイ通、ハワ...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...