GW、空一面の夕陽を眺めながら、お酒片手にごろ寝したい。

GWって、もちろん最高なのだけど、少し、ほんの少しだけうんざりしてしまう気持ちがあります。だって、どこも混んでいていつも以上に疲れるし、どこへ行くにも割高料金なんだもの。

ほとんどの人が一斉に休みだから、仕方ないのだけれど……やっぱり、広々とした場所で、ゆったり自然を満喫しながら、ゴロゴロしたくない?それも、アクセスの良い近場で。

空一面の夕陽の下で
いい音楽と、いいお酒と、ウトウト

2014年から開催されている『Sunset The MARINA(通称 サンマリ)』は、「”穏やか”を感じる、心地よい休日模様」をコンセプトとするイベント。会場である東京夢の島マリーナにはチルアウトミュージックが流れ、子ども連れのファミリー層が多く集まる。

音楽フェスと言ってイメージするような、多くの人がぎゅうぎゅうに身を寄せ合って踊る光景はここにはない。“いつもより贅沢なピクニック”なんて言えば、ゆるやかさが伝わるだろうか。

安心して子どもと一緒に参加できるように、みんながうたた寝できるくらいのスペースを持てるように、という思いのもと、チケットは250枚限定。混雑しすぎると、快適さが失われてしまうから。

一緒に来た友達や家族だけで楽しむのももちろん良いけれど、せっかく集まったのだから、新しい出会いや、コミュニティーが生まれるような空間にしたい。作り手のそんな思いから、周辺の人と会話が生まれるような仕掛けが100以上も隠されているのだとか。

自分の世界が、狭まったと感じてしまう子育て中のお母さん達も、ここに来て新しいママ友と出会ったり、情報交換をすることで、子どもと一緒にリフレッシュできる時間になるだろう。ベビーヨガの体験スペースも用意されている。

 

出演アーティスト、
コンテンツ詳細はこちら👀!

GW、海の日(7/16)、体育の日(10/4)と、毎年3回開催しているサンマリ。常連のお客さんも多いというのは、やっぱり東京にいながら空一面の夕陽を眺め、好きなようにリラックスできる空間の虜だからに違いない。

なぜ東京都心で、「穏やかな休日」を提案する音楽イベントを開催しようと踏み切ったのか?仕掛け人である、木村英太さん・明石悟さんにお話を伺った。

もっと“夕陽を愛でる”文化を

(左)明石悟さん (右)木村英太さん

木村:もともと一緒にフェスをやろうって話をしていて、ものすごいいい場所を見つけたって明石から提案があって、それが『夢の島マリーナ』だったんです。

明石:見にいったらあまりにも広大で、すごいエスケープ感がある海沿いの場所なので、それなら、この空間を生かしたイベントの企画になりました。

木村:結婚して子どもができて、音楽イベントにあまり行けなくなってしまった人たちに、子どもと一緒に楽しめる野外イベントを探している人たちに、子供も遊べる場所があって、いい音楽がちゃんと聞けて、美味しいお酒も飲めて、アクセスもよくて、という空間づくりをしたいなと思って。

明石:サンマリは、フェスなのか?と言われたらそうでもなく、“フェス未満”という位置づけでいたいですね。

木村:踊るんじゃなくて、音楽と一緒に贅沢な時間を過ごしてほしいです。家族や友人、恋人と喋りながら。上質な音で、チルアウト・バレアリックミュージックを楽しみながら。それが大きな軸です。

明石:あと、もうひとつ。海外の夕陽を見るカルチャーを、東京にも持ってきたいという思いがあります。イビサ島のサンセットカルチャーとかまさになんですけど。日の入りの時間って、世界で全然違うんですよね。ヨーロッパだと20時とかもあるけど、日本だと大体17時〜18時。まだみんな働いていたりして、夕陽をみんなで見るっていう文化が育ちづらいんです。

木村:だけど夕陽って、全人類が好きなもののはずなんですよ。Instagramのストーリーでも、夕陽が綺麗な日ってみんな投稿してるじゃないですか(笑)

明石:“夕陽をもっと愛でる”って時間を、東京で定期的につくることでも、体験した人の心に人にインパクトを与えられるものだと思っています。

最近、夕陽を見上げましたか?

アメリカで皆既日食が起こった時も、写真を見たら一斉にみんなが空を見上げていて、面白い光景が広がっていた。たしかに同じことが起こっても、日本人が一斉に空を見上げるタイミングって、なかなか経験することができない。

それは、こんなに近くにある癒しなのに、無頓着になってしまっている証拠なのかもしれない。本当は毎日、見るチャンスがあるのに。

この貴重な大型連休だからこそ、いつもより心にゆとりを持って、ぼうっと空を見上げる時間をつくってみない?

 

チケットはこちら🎫!

 

Sunset The MARINA Vol.13
~ MYSTERIOUS ECHO ~

会場:MARINA & GRILL(東京夢の島マリーナ内)
日時 :2018年5月6日(日) 

OPEN 12:00 MUSICSTART 15:30 CLOSE 21:00
(Sunset Time 18:31)
 
チケット:前売り券 3,500円 当日券
その他:250名限定人数制・小学生以下入場無料・ペット同伴可

公式HP / Facebook / Instagram

Licensed material used with permission by Sunset The MARINA
他の記事を見る
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
もうすぐやってくるGW。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、いつもとはちがうGWの過ごし方。今年はこっそりキャリアアップして...
愛媛県の八幡浜にある「風の樹」は、ご主人の林茂さんがひとりで切り盛りする1日1組限定の宿。海岸沿いの高台にある一軒家で、そこから眺める夕陽はとにかく絶景な...
生まれ育った時代が終わる。この不思議な寂しさと焦燥感を、みんなで共有できたらいいのに――『HOTEL SHE,OSAKA』を運営する平成生まれたちが、そん...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
「陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる。」これは、山崎豊子が小説『華麗なる一族』に書いた冒頭文。その後、寄稿文にもこんな一節...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
GWも後半になると、日常に戻って欲しくない…なんて心の声が聞こえてくるものです。けれど今年のGW最後の土曜日にあたる5月6日は、「みずがめ座流星群」という...
とにかく羽を伸ばす、のも大切なんだけど。
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
ブラジルのお酒カシャッサ(またはカシャーサ)は、サトウキビから造られる蒸留酒のこと。近年、クラフト・カシャッサが国際品評会で次々とメダルを獲得。なかでもカ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、5月病にならない方法。
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
ドイツ・ベルリンで、毎月最終土曜日に開催されるテクノイベント「STAUB」。事前予約サービスを廃止していて、みんなが同じ料金を払うのがお決まりです。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。