紛争により破壊された「ガザで暮らす」女性たちの現実

パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉えるつもりだったが、彼女の目にとまったのはガザで暮らす女性たちの姿だった。

ガザの現実

パレスチナ社会では女性差別が問題となっている。特にガザでは、暴力だけではなく、プライバシーのない窮屈な日々が続いていると、Moniqueは語っている。

これまで、中東を中心に多くの社会問題に取り組んできた彼女だが、女性たちのリアルを世に広めるため、日々の生活を記録することを決意した。

壁には家庭内暴力の阻止を呼びかけるグラフィティが。

15歳と6歳の姉妹は、紛争後にはじめて家に帰った。しかし、生まれ育った場所は崩壊しており、国連避難所に住むことに。

ガザ北部のベイトハヌンで、瓦礫に埋もれた家族の衣類を取り出す女の子。

ガザにある女性刑務所の中。囚人に子どもがいる場合は、家族が引き取ることが少なく、子どもも一緒に収容されることが多い。

港を眺める2人の少女。しかし、大人になるにつれ自由は少なくなる。

決して諦めない
女としての生き方

「本当の自由はこの町では手に入らない」と、ガザの内情を知る多くの人々が言うそうだ。しかし、Moniqueは女性たちと関わるうちにあることに気づく。

それは若い女性たちが、秘密を囁くように親しい人たちと「希望」を共有していること。ファッションだったり、将来の夢だったり。複雑な状況の中でも、女として力強く生きようとしているのだ。

上の写真は、パレスチナをテーマにしたネイルアート。世界中どこでも美しさは女性たちにとって重要なこと。 

紛争後、弟と一緒に父との夕食を心待ちにする少女Yara。

深刻な電力不足が問題となっていて、一日に使える電気は限られている。停電中に、音楽を選ぶYaraとその友人たち。

「Al-Shifa hospital」の産科病棟で休憩中の医学生。

歌手であるHadeel Fawzy Abushar。彼女の姉妹も全員歌手なのだとか。

結婚前の女性に自室を与えられることは少ないよう。友人の寝室を借りて、つかの間の休息を得るDoaaという女性。

女性サーファーである14歳のSabah Abu Ghanem。彼女とその姉妹は多くの大会に出場するほど、サーフィンに熱中していた。でも、ガザを出て活躍することはなかったそう。

サッカー楽しむ少女たち。16歳までは一通りのスポーツを体験できる。だけど、ガザでは16歳を過ぎた頃に夫探しをするのが普通なのだとか。

ガザでの生活を120ページに渡り記録した著書『GROWING UP IN THE GAZA STRIP』を、遅くとも2018年初めにMoniqueは出版する予定。想像を絶する出来事に直面しても、何度も立ち上がる若き女性の強さについて綴られている。

世界の中でも特殊な土地だと言われているが、そこで暮らす女性たちの姿から見えるのは絶望だけではない。

Licensed material used with permission by Monique Jaques
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
パレスチナにあるスケートパークでは、日々、子どもたちがトリックを練習しています。
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
Marriam Mossalliさんが手がけるスタイルブック『Under The Abaya: Street Style from Saudi Arabi...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
女性という、生き物について。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
ビジネスコーチのMelanie Gormanさんと著者のJohn Grayさんが共同で寄稿した「Your Tango」の記事は、女性が意見することを激励し...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...