紛争により破壊された「ガザで暮らす」女性たちの現実

パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉えるつもりだったが、彼女の目にとまったのはガザで暮らす女性たちの姿だった。

ガザの現実

0d99dd9df29f80282d4f5e97b06a78517d4989f2

パレスチナ社会では女性差別が問題となっている。特にガザでは、暴力だけではなく、プライバシーのない窮屈な日々が続いていると、Moniqueは語っている。

これまで、中東を中心に多くの社会問題に取り組んできた彼女だが、女性たちのリアルを世に広めるため、日々の生活を記録することを決意した。

壁には家庭内暴力の阻止を呼びかけるグラフィティが。

6f2021ae3e61552ddc1fbe46bbc8909420b5ab58

15歳と6歳の姉妹は、紛争後にはじめて家に帰った。しかし、生まれ育った場所は崩壊しており、国連避難所に住むことに。

6f93a54546ec07d8b1a627e5f3d6919c246e265a

ガザ北部のベイトハヌンで、瓦礫に埋もれた家族の衣類を取り出す女の子。

792b7245b568732b76550345314f0d9265568b55

ガザにある女性刑務所の中。囚人に子どもがいる場合は、家族が引き取ることが少なく、子どもも一緒に収容されることが多い。

4429e576199fced55d8e85b9c0a761357c7b5b20

港を眺める2人の少女。しかし、大人になるにつれ自由は少なくなる。

決して諦めない
女としての生き方

E5b8ad22d8a5cd2362053a371b38d8b68c0e65c3

「本当の自由はこの町では手に入らない」と、ガザの内情を知る多くの人々が言うそうだ。しかし、Moniqueは女性たちと関わるうちにあることに気づく。

それは若い女性たちが、秘密を囁くように親しい人たちと「希望」を共有していること。ファッションだったり、将来の夢だったり。複雑な状況の中でも、女として力強く生きようとしているのだ。

上の写真は、パレスチナをテーマにしたネイルアート。世界中どこでも美しさは女性たちにとって重要なこと。 

1fc7776381805e55bcb65f7a4d0b5d14aa861ea1

紛争後、弟と一緒に父との夕食を心待ちにする少女Yara。

Ab07fa0772dd6f2d5426c20d28fc4ee7510aa6f7

深刻な電力不足が問題となっていて、一日に使える電気は限られている。停電中に、音楽を選ぶYaraとその友人たち。

925788c2a8169459c221062da7b609f0d551404f

「Al-Shifa hospital」の産科病棟で休憩中の医学生。

E864c212a99240045c137f3397200f83c42526b0

歌手であるHadeel Fawzy Abushar。彼女の姉妹も全員歌手なのだとか。

Dd7b1d6df8aa54c9037781d0faa03e0e44cf98ad

結婚前の女性に自室を与えられることは少ないよう。友人の寝室を借りて、つかの間の休息を得るDoaaという女性。

33f6416da5b33427d5b26990b9daca18b0eb6bad

女性サーファーである14歳のSabah Abu Ghanem。彼女とその姉妹は多くの大会に出場するほど、サーフィンに熱中していた。でも、ガザを出て活躍することはなかったそう。

06c2c380b061f50b0dc2f01c3f448d64c4c5a90e

サッカー楽しむ少女たち。16歳までは一通りのスポーツを体験できる。だけど、ガザでは16歳を過ぎた頃に夫探しをするのが普通なのだとか。

Df905c795ed192b521a98947776f2d1ae4847045

ガザでの生活を120ページに渡り記録した著書『GROWING UP IN THE GAZA STRIP』を、遅くとも2018年初めにMoniqueは出版する予定。想像を絶する出来事に直面しても、何度も立ち上がる若き女性の強さについて綴られている。

世界の中でも特殊な土地だと言われているが、そこで暮らす女性たちの姿から見えるのは絶望だけではない。

Licensed material used with permission by Monique Jaques
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
ふと見た横顔、甘い香り、何気ない仕草。男性だけじゃなく、同性であってもたまらなく惹きつけられることがある。性的なものとは少し違う想像力を刺激する女性ならで...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
このCMは「国際女性デー」に際して、バングラデシュを拠点とする広告会社が制作したものです。美容院での一コマを切り取ったこの動画は、女性の権利について訴える...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
フォトグラファーのNoroc Mihaelaさんは、世界中の女性のポートレート写真を撮り続けている。黒やこげ茶色をした艶のある髪の毛やまっすぐな瞳をアイデ...
約20年前、一度に100万人以上のが殺されるという大虐殺が発生したルワンダ。この国の存在は多くの人が知っていると思いますが、その下に位置する「ブルンジ」は...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...
「え、なんでこんな場面切り取ったんだろう?」って、思うような、女性たちの本当にリアルな銭湯でのできごと。
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
まるで、奇抜なファッションショーを見ているような気分。緑あふれる自然の中を、全身をカラフルに輝かせながらポーズをとる女性たちの異様な姿。人目をひくこの写真...
ブリュッセル出身のフォトグラファーBénédicteVanderreydtが撮影するのは、国が異なる少女たちの青春。「I AM 14」シリーズは、ゴンゴ共...
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
女性のあるあるって、乙女心も絡むから男性にはないものが多い。中には「わかる〜」と頷きクスっとなってしまうものも。女性だからこその特徴的な出来事をイラストに...