秋の夜、仕事のあとに行きたいのは「月の海」が見える場所。

静かの海、晴れの海、雨の海、蒸気の海、それから、虹の入江なんて呼ばれる場所があるんです。正確にいうとそれは、“わたしたちが知っている海” ではないんだけれど。

平日の東京の夜、たとえば仕事のあと。恋人や大切なひとと、はるか遠くの、宇宙に浮かぶ「海」をさがす旅なんてどうでしょう? 

月には、
海があるって知っていましたか?

いわゆる「うさぎがお餅をついているように見える」と言われたりする、月の表面にある黒っぽい影。あれは、月の長い歴史のなかで幾度か起こった、星の衝突でできた傷を、玄武岩質の溶岩が埋めたあとなんです。場所によって、冒頭で紹介したような名前がそれぞれについているのだそう。(ちなみに、アポロ11号が着陸したのは「静かの海」なのだとか)

月を眺めることができる場所。もちろんどこにいたって、それを叶えることはできるかもしれません。でも、この時期だからこそ、月の海をさがす旅の出発点にしてほしい場所があるんです。 

いちばん美しい月を
世界一高いタワーから

今年、東京スカイツリー®︎から望む月が「日本百名月」に認定されたばかり。つまりここは、“日本でもっとも美しい月がみられる場所” のひとつ。

9月と10月は、みなさんご存知のとおり、お月見の季節。スカイツリーでは、現在名月イベントを開催中。上弦の月がでる9月28日(木)、中秋の名月がでる10月4日(水)の夜に開催される「名月鑑賞会」は、この機会じゃないとなかなか触れることのできない「ビクセン(※)」の天体望遠鏡から名月を観測することができます。

先日おこなわれていた、9月6日(水)の満月の夜のイベントでは、宙ガールとして知られる篠原ともえさんと、「ビクセン」の広報担当である藤田彩香さんによるトークショーも開催され、月を愛でる楽しみについて語られる場面も。(「月の海」の話をおしえてくれたのも、じつは篠原さんなのです)

※総合光学機器メーカー

【イベント概要】

TOKYO SKYTREE® MOON LIGHT NIGHT

開催期間:2017年10月4日(水)まで。

美しい日本の秋を体感し、味わう

イベント期間中、地上450メートル地点にある天望回廊を飾るのは、豊かな秋の光を演出する絵巻の装飾。夜景評論家の丸々もとお氏監修によるこの作品は、夕暮れ時から夜へと変化する、美しい秋の瞬間を体感できます。どこまでも広がるような風景に、東京にいながらにして、どこか懐かしさを思うでしょう。

また、限定の “お月見”メニューも。スカイツリーからのお月見をイメージしたプレートや、スカイツリーのライティングをイメージしたカクテルなど。ここでしか味わえない味覚は、とっておきの夜をさらに盛り上げてくれるはず。

天望回廊 フロア445の、ウェルカムエリア。秋の宵から夜へと変化する風情を体感できる。

実際の竹を使用した手作りの竹灯篭。スカイツリーの模様から照らされる、温かな光。

館内の最高到達地点へ向かう途中、足元にも細やかな演出。

最高到達地点では、スカイツリーのシルエットが映し出された満月と、川床のお月見台をイメージした装飾が。

スカイツリーからのお月見をイメージした「天空のお月見プレート」。

スカイツリーのライティングである「幟(のぼり)」をイメージした名月カクテル。ほかに、「粋」と「雅」のメニューも。

秋の夜を
東京スカイツリーで

東京の夜、恋人や友達とすごす時間って、たくさん選択肢があると思うんです。でもその季節にしかない「旬」の楽しみを堪能できるのって、きっとなによりもの贅沢。
 〈わたしを月につれてって〉と歌われる曲がありますが、大切なひとと、月にある海へ旅をするように、世界一高いタワーからのお月見ができたら素敵ですよね。地球から月までの384,000kmという距離に思いを馳せ、太古から人々を照らしつづけてきた天体に、オトナになった今こそ、心をときめかせてみませんか?
いちごやレモン、メロンなど、お決まりのフルーツ味はもう古い?いやいや、もちろんそんなことはないのですが、これを見ると新たな時代の到来を感じることは確か。使...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
外でゆっくりと風を感じながら一杯。なんていうのが心地いい季節になりましたね。そして、9月は1年の中でも最も美しい月が眺められるチャンス!しかも2日連続でい...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
iPhone 7のカメラで、綺麗でインパクト大な月の写真が撮影できる裏技を紹介。
月が美しい季節です。太陽のひかりの時間が短くなると、月灯りが広がり、穏やかで長い夜がはじまります。月は、私たちのこころを、静かに内省に導いてくれる存在です...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
世界のベストスイーツTOP10に選ばれた台湾で人気NO.1の新食感かき氷 ICE MONSTER〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6丁目3-7http...
12月23日、富士山のふもとでスカイランタン祭りが開催決定。今回のスカイランタンでは、ただスカイランタンを飛ばすだけではなく、開催地の富士吉田市に1000...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
「流星電波観測国際プロジェクト」によると、極大時刻は10月21日(土)20時。わざわざ夜更かししなくても、ご飯を食べたあとにテレビをみてリラックスする時間...
工場夜景」の合同写真展が、2015年9月18日(金)から「TODAYS GALLERY STUDIO」にて開催。その場所にただ佇む、意図しない「美」を、あ...
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で灼熱の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ! プライベートに迫るアンケートも実施!
2019年、月からのHDライブ中継が見れるかもしれません。Vodafone GermanyとNokiaは宇宙開発企業PTScientists社とコラボし超...
森の呼吸と静かに同調する、そんなひとときが待ってそう。
空気が澄んでくる10月ごろから、秋の夜空は次第ににぎやかさを増していきます。天候が多分に左右する天体観測ですが、今秋を占う意味でも、まずは10月8日の夜空...