夜にフラリと立ち寄りたい「飲む植物園@東京茶寮」

2019年8月1日(木)〜4日(日)の4日間、ハンドドリップ日本茶専門店「東京茶寮」で、体験型ドリンクケータリングイベント「飲む植物園@東京茶寮」が開催される。

期間中、店内のカウンターは文字通り植物園に!

株式会社LUCY ALTER DESIGN
©株式会社LUCY ALTER DESIGN
株式会社LUCY ALTER DESIGN
©株式会社LUCY ALTER DESIGN

参加者は入場料1,000円を支払い、3種類の冷茶からお好みのお茶をセレクト。さらに、植物園からエディブルフラワー(食用花)を摘み取って、オリジナル煎茶モクテルを楽しむことが可能だ。

手がけるのは、フラワーアーティストedalab.とドリンクディレクター・セキネトモイキ。参加者がその場で花を摘みとることで、空間がどんどん変化していく。そんなインタラクティブな演出も魅力となっている。

日本茶ブームと言われて久しいが、実際にはお茶をわざわざ飲みにいくことは、コーヒーに比べるとなかなか機会が少ない。この体験型イベントをきっかけにその新しい魅力にハマる人が増えそうだ。

なお、イベント期間中の「東京茶寮」は、24時までの営業となる。照明を落とした“ナイトテラリウム”を前に煎茶モクテルを味わえるなんて!

「飲む植物園@東京茶寮」

住所:〒154-0011 東京都上馬1-34-15

開催期間:2019年8月1日(木)〜4日(日)

営業時間:11:00〜24:00(LO 23:00)

料金:入場料(レインドロップ) 1,000円(税込)

WEB:http://www.tokyosaryo.jp/

※開催期間中は、通常メニューの提供、予約がないのでご注意を!

Top image: © 株式会社LUCY ALTER DESIGN
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ニューヨークの植物園「The New York Botanical Garden」にて、草間彌生の大規模な展示「Yayoi Kusama: Cosmic ...
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
「東京ミッドタウン」に、秋空の下でくつろげる3つの新エリア「TOKYO MIDTOWN RETREAT GARDEN 2020」が誕生。11月8日までの期...
本当の「恋愛力」を目覚めさせてくれる12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタの恋にお心添えいたします。
なんかわかんないけど、みんなが励ましてくれているような気がしそう……じゃない?
3月14日(土)にオープン予定の「HANA・BIYORI」に「スターバックス」が出店。これまでにない「スタバ」になるとのことだが......。
「オトコの趣味」として注目の「塊根(かいこん)植物」を扱う専門店が東京・世田谷にオープン。その名も「SLAVE OF PLANTS(スレイブ・オブ・プラン...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
おうち時間が増え、心の余裕も生まれる中、「植物」を育てたり「家庭菜園」を始める人が急増。植物を育てるには最高の季節だから、おうちで育てられる植物や野菜に関...
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
知っておきたい植物性ミルクの基本から、第4、第5のミルクとして今後注目されるネクストミルクまでをご紹介!
「株式会社コメダ」が、植物ベースのメニューを提供する新ブランド店舗「KOMEDA is □(コメダイズ)」を7月15日より、東京・東銀座にオープン。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は5...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんにオススメの鉢を聞いた。
「植物の悩み」をプロに相談できる「オンラインサービス」を提供するのはLAやサンフランシスコ、ニューヨークなどに店舗を展開する「The Sill」。その便利...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
大のオトナたちを夢中にさせる「塊根植物」と「BOTANIZE」の魅力に迫る。
今、「高感度な男性」の間で多肉植物の一ジャンルである「塊根(かいこん)植物」が人気となっています。グラキリスからウィンゾリーまで、その魅力の虜になった「B...
ニューヨークを拠点とするデザインファーム「CRÈME」から、完全なる植物由来のコップが発表された。
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
「DAIZ」が開発した植物肉「ミラクルミート」を使用した、初の100%植物性の佐世保バーガー「Y's V Burger」が登場。
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で最高の音とお酒と空間を楽しむ「大人」のリアルな姿をスナップ。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。今回は1...
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」と代表・横町健さん。オススメの塊根植物を予算別に教えてもらった。まずは1...
インドアグリーンとして人気のフェイクグリーン(人工観葉植物)。じつは、そのなかには自然界に存在しない植物が存在します。
白金のエキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」代表の横町健さんに「注目のNEXT植物」を聞いた。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
フードテックベンチャー「グリーンカルチャー」が植物肉「Green Meat」を使用した「Green小籠包」を発表した。