私たち、「眠れない夜」にお供します

 

さみしさや不安に押しつぶされそうでどうにも眠れない。そんな夜も、この奇妙な植物のイラストが部屋にあれば乗り越えられそう、なんて思うんです。

「元気出して〜」「きっと大丈夫!」「そんな顔ばかりしてちゃブスになるわよ!」

なんかわかんないけど、みんなが励ましてくれているような気がしない?

 

 

どうだった?

これらのイラストはこちらから購入可能です。他にもいろんな作品があるみたいなので、気になる人はチェックしてね!

 

Licensed material used with permission by Angela Deane
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
『Sound Reactive LED Mask』は、その名の通りLEDライトが搭載されている仮面。ただ光るだけではなくて、周囲の音楽に合わせて浮かび上が...
はっきり言って、「解決策」がないです。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
フランスで生まれた「Insomniak」は夜型の人に向けて作られたマッチングアプリ。このアプリの最大の特徴は、夜20時から朝6時までしかチャットできないと...
慢性的な不眠症に苦しむ人には、「認知行動療法(CBT)」の効果が期待できるとか。この治療法は、睡眠薬を使う場合の副作用や中毒のリスクを回避できる。が、CB...
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...
「クワンソウ」という伝統野菜から作るお茶には、寝つきが良くないときに飲むと、不思議と安眠が得られるとして沖縄では古く琉球王朝時代から飲まれていた。現在も今...
イギリス「ブルネル大学」で心理学講師を務めるレイ・ノーベリー博士は、3730人の被験者を「朝型」と「夜型」に分けて、「UKバイオバンク」から得た脳のスキャ...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
いつもより、少し早く家についたら。
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で最高の音とお酒と空間を楽しむ「大人」のリアルな姿をスナップ。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
ポルトガルのコワーキングスペース「Village Underground」は、クラブやスケートパーク、アートギャラリーに姿を変えます。
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
渋谷・円山町のクラブ「WOMB」で灼熱の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ! プライベートに迫るアンケートも実施!