難病告白のレディー・ガガが伝えたかったこと。

突然の発表に、驚き、そして戸惑ったファンも少なくないだろう。

昨年10月に3年ぶりとなる待望のアルバム『ジョアン』を発表、目下ワールド・ツアー真っ最中のレディー・ガガが、このツアーが終わる12月以降、無期限の活動休止を宣言したのだ。

さまざまな憶測が飛び交っていた最中、彼女自身がTwitterでその理由を明らかに。そこには意外な事実が綴られていた。

そう、彼女は「Fibromyalgia(線維筋痛症)」なる難病を患っていて、その治療のためにしばしの“休止符”を必要としていたのだ。

この“センイキンツウショウ”とは慢性的に全身の痛みとこわばりが起こるリウマチ類似の病気で、その詳しいメカニズムや治療法はまだ分かっていないそう(オンライン医療事典 MEDLEY を参照)。

実は昨年11月には、Instagramで苦痛と苦悩を明らかにしていたガガ。優れた女医に巡り会ってはいたものの、病状は回復からはまだほど遠いようだ。

ガガの素顔に迫る
ドキュメントがまもなく公開

ちなみにガガが言及している“ドキュメンタリー”とは、約1年間にもわたって彼女に密着したNetflixのオリジナル番組のこと。来る9月22日より、アメリカのみならず日本でも放送予定だ。

タイトルの「Five Foot Two」とは約157.5cmを意味し、つまりこれはレディー・ガガの実際の身長のこと。

このことが示唆するとおり、このドキュメンタリーには大勢のファンやパパラッチに取り囲まれる稀代のポップスターとしてのガガのみならず、人知れず苦悩する姿や病院で治療を受けるシーンなど、ひとりの人間としての、等身大の彼女の素顔が捉えられている(「私は毎晩ひとりぼっち。みんな去ってゆく…」と涙ながらに語るインタビューも)。下のトレイラー映像で、その一端をご覧いただければ。

レディー・ガガが
伝えたかったこと

病状と共に彼女が伝えたかったことは、先のツイートにもあったとおり、同じ病で苦しんでいる人々が世の中にたくさんいるということ。

リウマチ情報センターによると、ここ日本でも患者数は約200万人にのぼるといわれ、身体的な苦痛とともに、病状が見えづらいため周囲の不理解に苦しんでいる人も多いという。自分とは関係ないことと片付けず、「Japan Fibromyalgia Support Association(線維筋痛症友の会)」などを見て、どのような病気でありどんなサポートが必要なのか、あなたにも知っておいてほしいと思う。

ともかくは、ステファニー(ガガの本名)が一日も早く苦痛から解放され、またあのダイナミックで魅力的なステージを見せてくれる日がくることを願って──。

Top Photo by Walter McBride/FilmMagic/Getty images
先日、線維筋痛症(Fibromyalgia)という難病を患っていることを告白。今年12月以降の音楽活動の休止を明らかにしたレディ・ガガ。ヨーロッパ・ツアー...
レディー・ガガが自身のコスメブランド「Haus Laboratories(ハウス・ラボラトリーズ)」を発表。9月、日本を含む約10ヵ国を対象にAmazon...
楽器をもっとクールなものにしたい。そう感じたのは、ミュージシャンのBrockett Parsons氏。彼はレディー・ガガのキーボーディストをつとめるほどの...
ニューヨークのコロンビア長老派教会医療センターが、ある40曲のプレイリストを発表しました。年代やジャンルを問わないヒットナンバーの数々がそろっていますが、...
2015年10月24日にライブ配信されたイエール大学主催のトークセッションにレディー・ガガが出演しました。その様子はYouTubeで閲覧できますが、そこで...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
健康な人の便を冷凍し、カプセルに封じ込めた薬が、「クロストリジウム・ディフィシル感染症」の治療に効果を発揮するとの研究結果が米国医師会雑誌(JAMA)に発...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
筋肉への伝達機能が徐々に失われ、数年のうちに歩行や会話、呼吸ができなくなる。それが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だ。映画『ギフト 僕が君に残せるもの』は、...
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
5歳の女の子、ジュリアンナちゃんは、シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)の患者でした。治療法は見つかっておらず、末梢神経障害による筋力低下や感覚低下が...
気になる彼は、こんな告白をしてくる……かも?
カールさんは、結婚10周年を記念して妻のローラさんにフラッシュモブで感謝の気持ちを伝えることにしました。合唱した歌はブルーノ・マーズの「Just The ...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...