生死の分かれ目は、ビヨンセ?それともレディー・ガガ?

ニューヨークのコロンビア長老派教会医療センターが、ある40曲のプレイリストを発表しました。

年代やジャンルを問わないヒットナンバーの数々がそろっていますが、その曲たちは、なんと心肺蘇生のBGMとしてつかわれているのだそう。ではまず、リストインした曲をいくつか聴いてみてください。

ご存知、レディー・ガガのデビュー曲「Just Dance」。初登場時はすぐに人々に知れ渡らなかったものの、全米のダンス・クラブでかかったことから、瞬く間にヒットチャートを上昇。楽曲だけじゃなく、エピソードもエネルギッシュです。

Dancing Queen」は、言わずと知れたアバのヒット・ナンバー。これを聴いて、身体が動かない人っていないんじゃないでしょうか?まさに、身もココロも“踊る”一曲です。

CMや数々の映画のサウンドトラックに使用され、カバーしたアーティストも多いビヨンセの「Crazy in Love」。日本では女性お笑い芸人のネタのBGMにもなっていますね。

 さて、これらの曲が心肺蘇生に大きく貢献する共通点とは何でしょう…?

救命措置にも“リズム”が重要!

その共通点とは、曲のビート数。人間の心臓が一般的に1分間で約60〜100回の鼓動を打つと言われる中、心肺蘇生における胸部圧迫の推奨速度は100回。そのbpm(Beats Per Minute)に当てはまる曲がプレイリストに選ばれていて、リズムに乗りながら救命活動をするというわけです。

40曲もあるのですから、せっかくなのでお気に入りのトラックをチョイスしましょう。「マーヴィン・ゲイやクイーンが流れる救命活動現場って…?」とすこし心配になってしまいますが、ご安心あれ。何しろこの蘇生法、が患者の生存率向上に寄与していることがちゃんと医学的に証明されているのですから。

安心できるリズムを求めて

人にはそれぞれ“ノリやすい”リズムがあるといいますが、平常時の心臓の鼓動速度に近いbpmの音楽、これがやはり一番落ち着くのだそう。お母さんのお腹の中にいた時から、わたしたちの近くにはリズム(鼓動)が存在していて、ある程度のリズムの中に身を置くことで人間は無意識に安心するのだとか。

音楽が人の命まで救うとなると、身体とリズムが本当に密接に関係していることがわかりますよね。音楽を好きでいることに論理的な根拠は必要ないものだとも思いますが、自分が一番落ち着けるビートを見つければ、お気に入りの曲をさがしやすくなるのではないでしょうか? 

命を救う、40曲のプレイリスト

Top Photo by Jason LaVeris/FilmMagic/Getty images
Reference:LadyGagaVEVO
Reference:AbbaVEVO
Reference:beyonceVEVO
先日、線維筋痛症(Fibromyalgia)という難病を患っていることを告白。今年12月以降の音楽活動の休止を明らかにしたレディ・ガガ。ヨーロッパ・ツアー...
昨年10月に3年ぶりとなる待望のアルバム『ジョアン』を発表、目下ワールド・ツアー真っ最中のレディー・ガガが、このツアーが終わる12月以降、無期限の活動休止...
レディー・ガガが自身のコスメブランド「Haus Laboratories(ハウス・ラボラトリーズ)」を発表。9月、日本を含む約10ヵ国を対象にAmazon...
楽器をもっとクールなものにしたい。そう感じたのは、ミュージシャンのBrockett Parsons氏。彼はレディー・ガガのキーボーディストをつとめるほどの...
2015年10月24日にライブ配信されたイエール大学主催のトークセッションにレディー・ガガが出演しました。その様子はYouTubeで閲覧できますが、そこで...
ビヨンセが双子を出産して、初めてInstagramでお披露目したのがこの投稿がアップされると、世界各国の双子を出産したママたちがコピーして楽しみ始めたけれ...
2013年の1月21日、アメリカでは大統領就任式が盛大に開かれていた。そこで出演した一人が米国屈指の歌姫、ビヨンセだ。実はビヨンセ、この就任式の後にちょっ...
コーチェラ・フェスティバル2018で伝説のパフォーマンスを見せたビヨンセ。その裏側では、こんなプロジェクトが進んでいたらしい...。
長年ビヨンセのメイクアップアーティストを務めるSir JohnさんとLuminess Cosmeticsが組んで生まれたコスメがあります。既にLumine...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
海のおとぎ話をテーマにした、プール×サーカス×音楽フェス「Imagine Music Festival 2017」を体感できる12分〜Imagine Mu...
アーティストのSarah Rosadoは、世界中で人気のミュージシャンや歌手の似顔絵をコンフレークで作ります。一人ひとりの顔を眺めていると、それぞれの名曲...
"ひとつ星の州" テキサスは、アメリカ音楽史において重要な意味を持つ。カントリーレジェンドのウィリー・ネルソン、ゴスペルシンガーのカーク・フランクリン、モ...
ウォンテッドリー株式会社が、名刺管理アプリ「Wantedly People」の400万ユーザー突破を記念し、聴けば仕事に集中しやすくなる音楽“ENERGY...
リリースされるやいなや大ヒットとなった、Bruno Marsのファンキーな新曲「24K Magic」。そのノリノリのリズムに合わせて踊るのは、なんと平均年...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...