心配蘇生

ニューヨークのコロンビア長老派教会医療センターが、ある40曲のプレイリストを発表しました。年代やジャンルを問わないヒットナンバーの数々がそろっていますが、...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
つねに心配事がいっぱいで、なかなか落ち着けないのがもはやクセになっているあなた。ガラリと「落ち着きのある人」に転身するよりも、あなたと同じように心配性な人...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
男に生まれたかった。たまにそう思うんです。「Thought Catalog」のKim Quindlenさんがまとめたのは、男性は一切気にすることがないけれ...
もし付き合った相手が、あまりにも心配性だったら?不安を抱えること自体悪いわけではありませんが、時にはあなたを疲れさせてしまうかも。「Higher Pers...
特別な理由はないのに、なんだかいつも不安になってしまう...。ポーランド人のイラストレーター兼グラフィックデザイナーAgata Bobaさんもそんな悩みを...
仕事でもプライベートでも、身の周りで起こるさまざまなことを細かく分析して、考えを巡らすのは心配性な人の特徴です。どこまでも深く考えてしまうため不安を感じて...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
「Holistic Holiday at Sea」が運営するヴィーガンのためのクルーズ。食事は、絶対菜食主義の人たちの食生活に配慮したものを提供。他にも、...
カナダのユーチューバーであるDaniel Tillotsonさんが、「これまでにやった1番バカなこと」と言いながらシェアをしていた動画の紹介です。
「一緒にいて楽しくて仕方がない」。そんな相手がいるなら、素直に好きと認めてみてはどうでしょ?恋愛に成就する近道は、認めるという大きな第一歩からはじまります...
アメリカでは、アイスクリームショップだけでなく、レストランやダイナーでも色とりどり、形もさまざまなアイスクリームケーキが販売されています。1カットだけ食べ...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
仕事を進めるうえで、アテンションミス(注意に関するミス)は防ぎたいもの。たとえば、証券会社の営業担当が、数字の入力をミスしただけで数百万~数億円の損害をも...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
神経質になることはマイナスイメージがありますが、細かい気配りができるのは、悪いことではないそうです。イギリスの調査によると、彼らは長生きする傾向にあるのだ...
骨電導を利用したヘッドホン「BATBAND」は、耳を塞がずに後頭部にかけるだけでOK。Bluetoothで通信が可能で、通話にも対応しています。音漏れなど...
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
アウトドアでの食事は、目の前で火を起こして料理をするのが醍醐味。でも、煙で目が痛くなったり、服に臭いがついたりといったデメリットもありますよね。今日紹介す...