薬局に「薬を返しに来た」おじいさん。去り際のメッセージが胸に響く。

これは、ひとつの悲しい愛の物語です。

ある薬局の薬剤師、James Moralesさんは店の常連客である老夫婦と顔なじみでした。二人はいつも寄り添い合ってそれぞれの薬を買って帰っていきます。老夫婦は薬局のスタッフの誰が見ても仲睦まじい様子でしたが、ある日、おじいさんだけが店を訪れました。

Jamesさんは、そのときの様子をTwitterに投稿しています。おじいさんが伝えたかったメッセージに心を打たれました。

大切な人に「愛している」と伝えて

Jamesさんは「僕の人生で最も悲しいこと」としてTwitterで一部始終を紹介しています。

もしかしたら、これを見ているほとんどの人は気にも留めないかもしれないけれど、僕の中で大きな出来事だったから、ここに書いていこうと思う。

僕は薬局で薬剤師として働いているんだけれど、よく常連の老夫婦に会うんだ。

彼らは週に2回、多いときは3回薬局を訪れる。薬局のスタッフで、2人のことを知らない人間はいなかったよ。

僕は特におばあさんと仲が良かった。2人は常連で、何年もこの薬局に通っていたから僕の先輩たちは随分前から夫婦と顔なじみだったし、新人だった僕の成長を夫婦で見守ってくれていた。

2人はいつも幸せそうで、その会話の様子から仲の良さが伝わってきた。おじいさんはいつもおばあさんの言葉や仕草に細心の注意を払っていて、彼がどんなに彼女を大切にしているのかよくわかったよ。

2人が一緒じゃない日は今まで一度もなかった。

だから、おじいさんが1人でカウンターにやってきたとき、そのことをとても不思議に思った。

「Smithさん、今日の調子はどうですか?」

と僕は尋ねた。彼は「そこそこ良いよ」と答えた。それはいつも通りの返答だったから、それ以上深くは考えなかった。そして僕はいつものように6つの薬を準備したんだ。3つは彼に、あとの3つはおばあさんに。

おじいさんは、しばらく静かにそこに立っていた。

そして、彼はこう話し始めた。

「私の妻は、昨日亡くなった。だから今日はこの前もらった薬を、返しにきたんだ。使うことができないからね」

僕らの薬局はいつも忙しくて、騒がしいんだ。でもおじいさんがそう言った瞬間、店内の誰もが手を止めた。

とても静かだった。みんながSmithさんの言葉に息を飲み、Smithさんは僕を見て、涙を浮かべていた。

「こんなことを言うのは良くないのだろうけれど、できることなら、私は彼女より先に逝きたかった。今日は、いつもより広いベッドが落ち着かなくて目が覚めたよ。

彼女は、私にとって大切な親友で、恋人だったんだ」

僕は必死に涙を堪えて彼の話を聞いていた。僕の後ろにいた何人かの同僚は、堪えきれずに泣いていた。

「けれど、悲しんでばかりいてはいけない。私は彼女に生きることを約束したんだ。私は真剣に生きていくよ。そのためには、薬を飲まなくてはね」

Smithさんは、店を出る前、僕にこんなアドバイスをくれた。

「愛している人には、愛しているときちんと伝えるんだよ。いつ会えなくなるかわからないからね」

Smithさんは奥さんが亡くなる前「愛してる」と言えなかったことを後悔していたんだ。その日の夜もいつものように「おやすみ」と言って、それが最期の会話だったそうだ。

チャンスがなくなる前に、どうかあなたの大切な人に、愛していると伝えて。

Smithさんが店を出たあと、薬局のスタッフは自分の大切な人に連絡を取ったとJamesさんは話します。そして、なるべく多くの人にこの大切なメッセージを伝えたかったと彼は続けました。

今、みなさんの頭の中には誰の顔が浮かんでいますか?どうか今日、その人に「愛している」と伝えてみてはどうでしょう。

2人が笑顔で向き合える今日を、大切に思いながら。

Licensed material used with permission by James Morales
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
『オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー』の「アラバストル」は、石に香りをつけるというユニークなルームフレグランス。白磁器の容器も上品です。
アーティストであるAnnabel Oosteweeghelの「Everlasting」というシリーズは、ある老夫婦の平穏な生活が写し出されている。誰も会っ...
夫婦って面白いものですよね。夫婦の数だけ愛のカタチがある、なんて言葉もありますが、掛け合い漫才のような夫婦生活を慈しむおじいちゃん、おばあちゃんの川柳から...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
いつも私たちのそばに寄り添って、癒しを与えてくれるワンちゃん。単なるペットではなく、家族の一員のように大切に思っている方も少なくないでしょう。実は私たちが...
2002年ロンドンで創設されたハイエンドなオーガニックコスメの「オーガニックファーマシー(Organic Pharmacy)」。日本初となる旗艦店が201...
ずっと一緒にいると、忘れがちなパートナーへの想い。心の奥にある「キモチ」に気づくのは、もしかしたら2人の間に大きなトラブルや壁が立ちはだかった時なのかもし...
アプリ経由で結果が送信され、男性が先に妊娠の報告を聞くことができる最新式の妊娠検査薬がイタリアで試作された。正確性や手軽さはそのまま男女逆転で斬新な妊娠報...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
アメリカで暮らす93歳のClarence Purvisさんは、4年前の2013年に愛する妻Carolynさんを亡くしています。でも、最愛の人を失ったあとも...
Adam Heath Avitable教授は、いつも通り授業のために教室に向かいました。すると、不思議なことに、生徒が誰もいません。待てども待てども、なぜ...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
毎年クリスマスが近づくと話題になるイギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のCM。2015年11月5日に新しい動画が公開となり、今年も胸に響いた!と評判に。無性...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
とある少女がスーパーで、おじいさんに声をかけたところから始まる物語。スーパーで知らない人に声をかけても、その場限りの会話になることがほとんどですよね。しか...
カゼをひいた、胃が痛い、目が疲れた…そんなとき私たちは「薬」に頼ります。誰もが当たり前に行っている行動にも、実は、デメリットが潜んでいる可能性もあるそうで...