クスリを使わないで「うつ」を解消する薬局

今クラウドファンディングで資金調達をしながら、開業を目指している薬局「Poetry Pharmacy」。ここ、実はクスリを全く販売しない予定。代替品は、詩です。

目的はお客さんの心を軽くすること。「鬱」などの病に応じて、それを治療できそうな詩をオススメするんです。

クスリを模したカプセルに、詩の一節が入れられているのはちょっとした遊び心でしょうか。カウンセリングを受けられるサービスも提供するみたい。

クスリを服用しなくても、気が楽になるように。そんな想いが込められた薬局です。

©Deborah Alma
©Deborah Alma
Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ある薬局で起きた実話を紹介します。その店には、いつも仲睦まじく寄り添い合いながら薬を買いに来る老夫婦がいました。ところが、ある日おじいさんだけが店に。その...
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三代目・杉本格朗さんを取材。漢方を取り巻くマイナスイメージを払拭するべく、音楽や映画のイベント...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
新型コロナウイルスの影響による不調を解消するための「薬膳レシピ」を、オンライン漢方相談サービスを展開するわたし漢方と近畿大学が共同開発。11月18日からW...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...