「銃を突きつけられているようだった」ウルルを取り戻したアボリジニの想い。

頭に銃を突きつけられているようだった──

こう言い放ったのは、オーストラリアに暮らす先住民族の1つ、「アナング」を代表するSammy Wilson氏。これだけメッセージ性のある言葉、やはり、その裏には断腸の想いがありました。

先人たちの想いが息吹く
聖なる場「ウルル」

8fed1e4624b4003590892c5d33192b713710d8bf

なぜ、Sammy氏が前述のように語ったのかの答えを言ってしまえば、去る11月1日にやっとの想いで、ウルルに登ることを禁止するまでに至ったから。

少しでも彼の言葉をリアルに受け止めるために、歴史を振り返りましょう。

「アナング」は、古来より、ウルル・カタ・ジュタ国立公園とその周辺を管理する番人のような存在だったそう。そんな彼らは、ウルルを「先人たちの文化と精神が息吹く聖地」と考えています。

しかし、1870年代、欧米からの開拓者により、土地は奪われることに。そして、観光化が進められました。本来ならば、先住民たちが護ってきた場所。だからこそ、なんども彼らは返還を求めてきたのです。

そして、1985年。「Uluru Travel」によれば、政府から先住民へと、ウルル周辺の土地は返還されました。ただし、「Australian National Parks」と「Wildlife Service」に、99年間の“賃借”を条件に。

自分たちが“聖地”と位置付けるウルルに足を踏み入れる観光客、彼らからすれば心情穏やかではなかったことでしょう。Sammy氏は、こう述べます。

「非常に重要な場所なのです。ディズニーランドのようなテーマパークでも、遊び場でもないんだ」

護衛者として、できること。

Sammy氏は、オーストラリアを訪れる観光客のために、歩み寄りも見せています。

「観光客は歓迎します。ただ登山を禁止にするだけです」

これには、国立公園などへの入場料が生活の糧になっているからではないか?という、心無い意見も。だけど、冒頭の彼の言葉を考えれば、護衛者として活躍してきた先人のためにも、同じ役割を担っているのでしょう。

ウルル・カタ・ジュタ国立公園の発表によれば、正式に「ウルル」に登れなくなるのは、2019年10月から。だけど、それまでにこの地を訪れる人は、彼らが護り継いでいるものも胸に刻んでおくべきなのかもしれません。

この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。 Photo by A...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
2014年に世界遺産に登録された「富岡製糸場と絹産業遺跡群」をわかりやすくご紹介。
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
誰もが知る世界遺産、グレート・バリア・リーフ。壮大な景観に加え、ダイビングやシュノーケリング、グラスボトムボートでの珊瑚鑑賞、セスナ機に乗っての遊覧飛行な...
ほんのわずか数年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルー...
2016年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART ...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...