「銃を突きつけられているようだった」ウルルを取り戻したアボリジニの想い。

頭に銃を突きつけられているようだった──

こう言い放ったのは、オーストラリアに暮らす先住民族の1つ、「アナング」を代表するSammy Wilson氏。これだけメッセージ性のある言葉、やはり、その裏には断腸の想いがありました。

先人たちの想いが息吹く
聖なる場「ウルル」

なぜ、Sammy氏が前述のように語ったのかの答えを言ってしまえば、去る11月1日にやっとの想いで、ウルルに登ることを禁止するまでに至ったから。

少しでも彼の言葉をリアルに受け止めるために、歴史を振り返りましょう。

「アナング」は、古来より、ウルル・カタ・ジュタ国立公園とその周辺を管理する番人のような存在だったそう。そんな彼らは、ウルルを「先人たちの文化と精神が息吹く聖地」と考えています。

しかし、1870年代、欧米からの開拓者により、土地は奪われることに。そして、観光化が進められました。本来ならば、先住民たちが護ってきた場所。だからこそ、なんども彼らは返還を求めてきたのです。

そして、1985年。「Uluru Travel」によれば、政府から先住民へと、ウルル周辺の土地は返還されました。ただし、「Australian National Parks」と「Wildlife Service」に、99年間の“賃借”を条件に。

自分たちが“聖地”と位置付けるウルルに足を踏み入れる観光客、彼らからすれば心情穏やかではなかったことでしょう。Sammy氏は、こう述べます。

「非常に重要な場所なのです。ディズニーランドのようなテーマパークでも、遊び場でもないんだ」

護衛者として、できること。

Sammy氏は、オーストラリアを訪れる観光客のために、歩み寄りも見せています。

「観光客は歓迎します。ただ登山を禁止にするだけです」

これには、国立公園などへの入場料が生活の糧になっているからではないか?という、心無い意見も。だけど、冒頭の彼の言葉を考えれば、護衛者として活躍してきた先人のためにも、同じ役割を担っているのでしょう。

ウルル・カタ・ジュタ国立公園の発表によれば、正式に「ウルル」に登れなくなるのは、2019年10月から。だけど、それまでにこの地を訪れる人は、彼らが護り継いでいるものも胸に刻んでおくべきなのかもしれません。

関連する記事

登山道がクローズする約1週間後の11月2日に、ウルル周辺でオペラが開催される予定。主催者側によるとチケットは既に完売したとのこと。注目度の高さから、今後こ...
世界で初めて正式な撮影許可を取って、アボリジニの聖地「カタ・ジュタ」をドローンで空撮した貴重な映像です。
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
ドイツのプロダクトメーカー「hoefats」よりリリースされたトルネード式ランタン「SPIN90」のご紹介。
「Ayers Rock Resort」によって撮影されたこの映像が、これまでに見たことのないウルルの表情を教えてくれると話題に。というのも、ウルル=カタ・...
オーストラリアの先住民、アボリジニのアートを、オペラハウスにプロジェクションマッピングを使い映し出すという大胆な試みが今行われている。古い文化や伝統の重要...
オーストラリアの北部から中央にかけて、砂漠と湿原が広がるエリア「ノーザンテリトリー」。ここには、ふたつの異形の聖地が存在しています。 Photo by A...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
「ロンギチュード 131°」は、エアーズロックを望むことができる言わずと知れたリゾート。昨年「The Most Romantic Hotels」にも選出さ...
5月6日は「ふりかけの日」。“自炊”に疲れたすべての皆さまへ。料理が億劫なときのアナタを助ける「おすすめのふりかけ」を12品紹介。どんな料理好きにも、どん...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
ペルーの世界遺産・マチュピチュが11月から観光客の受け入れを再開した。3月の一般公開中止から約8ヵ月ぶり。
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
福岡県・宗像市にある上陸できない世界遺産「沖ノ島」を最も実感できるものに出会いました。その名も「沖ノ島朱(おきのしまあか)」。沖ノ島朱は、偶然と偶然が重な...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
弾を詰め込んで発砲する銃とは違い、人を傷つけることなく動きを止められる「BolaWrap 100」。スタンガンや催涙スプレーとも一線を画す存在です。
ミシュランガイドに載るほど外国人人気が高いという島根の世界遺産・石見銀山。今年で世界遺産登録10周年を迎え、日本の産業を支えた重要な世界遺産でありながら、...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
静かな湖にポツンと佇む一軒の建物。ここは、オーストラリア・タスマニア州の中心部。世界遺産「タスマニア原生林」で有名なエリアにある「セント・クレア湖」を写し...
世界最大のサンゴ礁「グレートバリアリーフ」と言えば、オーストラリアにあるスキューバダイビングスポットとして有名な観光地の一つ。エメラルドグリーンの海の様子...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、エジプトの観光産業は危機に直面しているようだ。そんななかで、エジプト観光省は6月から8月までの間、観光ビザの費用...
世界遺産に登録されているスリランカの熱帯雨林「シンハラージャ自然保護区」をZoomでつないでの、オンラインバーチャルエコツアーが開催される。
「White Night Reimagined 2019(ホワイトナイト・リイマジンド 2019)」がメルボルン市内で8月22日~24日に開催。イベントは...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...