「わたし、このままでいいのかな…」と思ったら。≪ひとり合宿≫のススメ

「ちょっとがんばりすぎてるかもしれない…」

「わたし、このままでいいのかな…」

働く女性であれば定期的にやってくる、こんな気持ち。

仕事も充実している。友人からの誘いも絶えない。毎日がめまぐるしくて刺激的だけど、ふとした瞬間に押し寄せてくる不安にも似たこんな感情。

そこで取り入れたいのが、1泊2日の「ひとり合宿」。
経営者やトッププレイヤーなどの自立した女性たちが、自己メンテナンスのために実践しているテクニックなんです。

週末をホテルで過ごし、SNSなどの外界からの情報を一切遮断して、自身の声に耳を傾けるというもので、これが人生の棚卸しや未来の人生設計にとても有効だというのです。

「ひとり合宿」の条件

「ひとり合宿」に自宅はNG。完全なまでに快適な空間に、気持ちの良いサービス、完璧な食事が用意されるホテルで、自分のことだけに目を向けて引きこもるべし!なのです。

とくに意識したいのはこの3つ。

・SNSを遮断し、お気に入りの手帳とペンだけで時間を過ごしてみる

・自分の心の声に耳を傾けて、本当にしたいことを思い浮かべる

・それを「実行する」予定をつくる

あとは、次の「ひとり合宿」までに達成している自分をイメージしながら、ホテルでリラックスして過ごしましょう!

都心からちょうどいい距離感
「ひとり合宿」に適したホテルが柏の葉に

つくばエクスプレスで都心から約30分。再開発で話題の柏の葉キャンパス駅を降りてすぐの場所に位置する「三井ガーデンホテル柏の葉」。

大がかりな移動をしたわけじゃないのに、普段の自分とは不思議と気分が変わる、そんなちょうどいい距離感。ららぽーとにT‐SITE、柏の葉スマートシティ。勢いがある街の雰囲気が感じられます。

青空に映える背の高いグリーンの奥に見えてくる木の格子が印象的。
つややかに光る青りんごのオブジェを目印に足を踏み入れると、目に飛び込んでくるグリーンの植物の壁と大きな本棚に誰もが心が躍るはず!

さぁ、チェックイン。
1泊2日の「ひとり合宿」に期待が高まります。

自分と向き合う時間だからこそ

部屋に入ると、大きな窓に向かって座るように設置された広めのライティングデスクが目に止まります。

「ひとり合宿」はただのデジタルデトックスや週末充電だけじゃなく、自分と向き合い、自分が本当にしたいことに耳を傾けることが目的なので、このデスクなら申し分ないサイズ感。

ティーカップと焼き菓子などを並べても十分にライティングスペースがとれるので、相棒の手帳を広げれば、あっという間に自分だけの空間がつくれます。

天然温泉に入れるなんて…!!

ホテル泊のたのしみのひとつといえば、ゆったりと足を伸ばせる大浴場。

三井ガーデンホテル柏の葉の大浴場は、なんと天然温泉。敷地内から汲み上げたナトリウム-塩化物強塩温泉で身体の芯まで温まることができます。さらにミストサウナも完備されているとくれば、完璧な入浴タイムが過ごせそうです。

脱衣所の洗面台もひとりあたりのスペースが広めにとられているので、パーソナルエリアを干渉される心配もありません。

翌朝はランニングマシンやヨガマットが並ぶフィットネスルームで、軽く汗をかいてから朝風呂ということも可能です。

そこにあるおいしさに心がほっとゆるむ

ホテル内での食事は、1Fのイタリアレストラン「コメ・スタ」で。
 
地元・柏の食材がふんだんに使われているというメニューは、新鮮な野菜を中心に構成されていて身体が喜びそうなものばかり。
 
イタリアンといっても、スタンダードなものから「ピッツァ・ボロネーズ 八丁味噌仕立て」や「牛ハラミの醤油もろ味ステーキ」など、味噌や醤油などを使った個性的なメニューまで、豊富に揃います。

朝食は和洋ビュッフェスタイル。
もっちりとおいしい自家製フォカッチャが人気。トマトやカボチャ、胡麻など、日替わりで毎朝数種類の味が並ぶのもうれしいところ。女性はいつだって、いくつかの種類から自分でセレクトしたいものですからね!

他にもこんなサービスが

考えごとに行き詰まったり、何かインプットをしたくなったら、ロビーにあるブックシェルフに立ち寄るのがおすすめ。

ブックディレクターがセレクトしているという蔵書の数々は、生命や美術、化学の分野まで複合的なテーマが並びます。

めずらしい写真集で創造力を呼び起こすのもよし、名著の文庫本を読み返して金言にふれるもよし。心の奥に隠れていたあなたの想いを呼び起こしてくれるかも。

それでも、まだ何か心に引っかかりを感じたら、少し外に出てみませんか?

この時期、三井ガーデンホテル柏の葉一帯はイルミネーションがとても美しく、ぼんやりと眺めるだけでも心が澄んでいくのを感じます。

日頃がんばっている自分を労わりながら、本当の自分と向き合う時間を三井ガーデンホテル柏の葉で過ごしてみませんか。

岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
千葉県いすみ市にあるオーガニック農園「Brown’s Field(ブラウンズフィールド)」。ここのオーナーは、マクロビオティック料理家の第一人者である中島...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
D&DEPARTMENT発行『d design travel』の編集部が厳選したスポットをチャータータクシーで巡る新たな旅のかたち、「シェアトラベル」。第...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
ここでは、宮崎県・日南市の「旅行の前にチェックしておきたい5つの魅力」を紹介します。大型クルーズがやってきたり、広島東洋カープのキャンプ地であること、さら...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...