「スペシャルなジーンズを発見」しかも、超有名店で!

ジーンズの起源であり、基本であり、教科書でもあり。

それがLevi's®の「501®」。

よく知られている通り「501®」にもいろんなモデルが発売されていて、素材やら加工やら細かい仕様やらが違っています。だからこそ、時折発売されるプレミアムなモデルは話題になるし、品切れなんてことも。

この記事は、そんな「501®」のスペシャルなモデルを発見した! というお話。

しかも、限定品とかヴィンテージとか、そういうのじゃないんです。記事最後のボタンから誰でも購入できちゃいます!

発見場所は
『Right-on HARAJUKU TOKYO』
ココ、ただのジーンズショップじゃないです。

そのジーンズを見つけたのは『Right-on HARAJUKU TOKYO』。そうです、全国に展開しているRight-onのフラッグシップストアです。

意外でしょ?

もっとマニアックなお店にコッソリと置いてあるものだと思うでしょ? 

でも、『Right-on HARAJUKU TOKYO』は、プレミアムな逸品が似合う、かなりトガッた品揃えのお店なんです。

ジーンズショップなので、カジュアルウェアのラインナップが豊富なのは当然として、ボタニカルな雑貨から、バッグやソックスなどの小物類まで。しかも、どれも気が利いてます。

 

今の時期ならプレゼント選びにも利用したいですね……という話はさておき、本題のジーンズへ!!

これはスゴイ!
Made in USAの「501®」が
Right-onにて先行発売!!

ジャーン! 『Right-on HARAJUKU TOKYO』で見つけたスペシャルな501®とは、Made in USAモデルです。

いまや希少となったアメリカ製の「501®」。こだわり派のなかには、“やっぱりジーンズはアメリカ製でなきゃ!”という人もいるぐらい。

しかも、このモデルはノースカロライナ州で作られている「コーンデニム」を使用し、テキサス州の職人が縫製を行っているという最初から最後まで正真正銘のアメリカ生産となっています。

その魅力は、ちょっと凸凹のある表情豊かな素材感と履き込むほどに味わいを増す色落ち具合。もちろんジーンズ全般に言える魅力なんですが、素材や製法によって微妙に変わってくるので、アメリカ製にしか出せないニュアンスっていうのがあるんですよね。

そもそも定番中の定番である「501®」は、スタイルも選びません。今の時期ならダウンやシェルジャケットなどと合わせてカジュアルに履きこなすのもヨシ、ジャケットやロングコートで上品に履きこなすのもヨシ。1本持っていれば、重宝すること間違いなしです。

さて、この「501®」のMade in USAモデル。ナント、今回のリリースはRight-on各店で先行発売、2月からLevi's®の直営店で発売と限定的なもの。

お値段も税抜1万3,000円〜1万8,000円と、プレミアムなモデルにしては手が出やすくなっているのもうれしいところ。

この機会を逃したくないって人は、オンラインショップでも購入可能なので、下記ボタンからチェックしてみてください!

さらに、近年人気の「511™」も
ラインナップ!

「501®」と並んで、もうひとつ注目したいのが「511™」です。

写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、「511™」は裾に向かってテーパードしたシルエットになっており、「501®」よりもちょっと細身になっているんです。

最近では、サイクリストの間でも人気の高いモデルですね。

じつはこの「511™」もMade in USAモデルが同時にリリースされているんです!! 

“501®はもう持ってるから……”

“すっきりとしたシルエットを楽しみたい!”

なんて人は、この「511™」に注目ですよ。

もちろん、2本買っちゃうっていうのもアリ(笑)。

みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
BMWの傘下であるデザイン・コンサルティング会社「Designworks」とアウトドアブランド「The North Face」が手を組み、キャンピングトレ...
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
「SPALWART」「NOVESTA」「ZDA」あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。いずれ...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
〈ALLETT(アレット)〉のナイロンウォレットは、Made in USAのハンドメイド。素材が薄くて軽い、カードが24枚収納できるなど、機能面に加えて、...
新潟県三条市発の「OUTSIDE IN SUNNIES(アウトサイドサニーズ)」。アウトドア用なんだけど、街でも違和感なく使えるデザインになっているところ...
ポートランド発、アウトドアブーツの代名詞『DANNER(ダナー)』と、ミル・スペックのバッグでおなじみの『BREIFING(ブリーフィング)』。生粋のma...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
♨︎ この冬ためしてほしい入浴剤を紹介します ♨︎
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
代官山、表参道ヒルズ、GINZASIXにも出店中!今、注目のオランダ発のデニムブランドDENHAM〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町25−8https...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
アイルランド南部の町にある小さなカフェが、イースターに向けたとびきりスウィーティーなタマゴ入りコーヒーを考案し、Instagramに投稿しました。なんでも...
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...