年始だから目を通したい!ハッピーな人が心がけている「8つのこと」

ハッピー・ニュー・イヤー!

ところで、ハッピーな人っているよね?いつも笑顔でオフィスに出社したり、いつもやさしい態度で皆に温かい言葉をかけてくれる、そんな人たち。もし、ハッピーな人がいなくなったら、どうなっちゃうんだろう?

どうやら、「Elite Daily」のライター Jasmine Vaughn-Hallも同感みたい。彼女によれば、日々の小さな心がけが、結局、ハッピーな人をつくるきっかけになるのだとか。以下の8項目をチェックすれば、すべて納得できるはず。では、では。

#1
自分自信を受け入れて
成長を恐れない

ハッピーな人は、自分は自分でしかないことを知っている。自分自身への熱望はあるけど、他の人と自分を比べるようなことはしない。

つまり、どんな人間になりたいかという目標があり、それを達成するためには何をしたらいいのかを分かっている。彼らは、人生のすべてを楽しんでいるのだ。

#2
褒めるべき時に褒める

その口紅いいね!新しい髪型いいね!ハッピーな人は、気に入ったら口にする。そして、それが、心から語っているのだとしっかりと伝わるから不思議。高校時代、こういう人がいたよね?

#3
自分自身をアゲる

心の中でも声にしてでも、ハッピーな人は自分で自分のことをアゲる。一日のはじまりに自分を激励したり、世の中の困難に立ち向かうべく瞑想をしたりする。決まったやりかたはない。自彼らは、分で自分の道を決めるのだ。 

#4
細かいことは気にしない

スタバで時間がかかったり、いつもの味と少し違うだけで怒る人が多くないですか?ハッピーな人はそういうのは無縁。むしろ、静かに待っていたり、バリスタに丁寧にキャラメル追加を頼んでいるのは、ハッピーな人たちだ。

コーヒー1杯くらいで、つべこべ言わない人には、よい日が訪れるだろう。見方を変えれば、コーヒーよりも大事なことが、この世にたくさんあるということ。

#5
一日中、SNSはしない

SNSに費やす時間がたっぷりあると、やめ方がわからなくなる。ハッピーな人はSNSに対して反対ではないけど、何時間もそれに費やしはしない。ハッピーな人は、読書をしたり、ハイキングをしたり、電池やコードを必要としない時間にあてる。

#6
ネガティブから遠ざかる

ネガティブな人、ネガティブな会話、ネガティブな状況…。それを遠ざけることができるのが、ハッピーな人。ネガティブさは伝染して、いつの間にかマイナス思考の自分になってしまう。どんなにスタミナがある人だって、ネガティブさには堪えられないから。

#7
愛するものへの時間を作る

一日のどこかで、情熱を注いで、何かに入り込むことはハッピーなことだ。絵を描くことが好き?それなら、電車で紙ナプキンに落書きするだけでも笑顔になるはずだよね。

ハッピーな人はそういうささやかな幸せをプライスレスと感じて、大事にする。 

#8
人生に感謝する

ハッピーな人は、「生きてる」「息をしてる」という意識を常に持っている。同時に、感謝することを心がけている。そして、心臓が動いてることさえも、あたり前だとは考えていない。得筆すべきは、彼らは、いつも幸福と幸運を感じずにはいられないということ。

望んだものをすべて持ってるわけではないけど、人生そのもので、生きるため、あるいは、スタートをきれるためのものは持っている。

もし、あなたがハッピーな人を見かけた際は、その人が毎日どうやって、その笑顔を保っているのかについて考察してみましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
今年は少し自分を変えて、よりハッピーになりませんか?でも重要なのは、それが手軽にかつ確実にで9きること。「Becoming Minimalist」のJos...
どんなに辛いことがあっても「やはり前向きに生きることが大切」なのだと実感させてくれる記事を紹介。ここにある17のことを、ひとつづつ取り入れていくと、人生へ...
朝目覚めてから、夜眠りにつくまで。その間の心の持ちようが日々のハッピー度を大きく左右する、と主張するのは、「Elite Daily」のライターJulia ...
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!