月曜日が少しハッピーになるアドバイス5つ

日曜の夜になると、「明日からまた仕事か……。」と心の中で呟き、憂鬱な気持ちになってしまいます。

そんな月曜日をポジティブに乗り越えるべく、5つのアドバイスをご紹介。

仕事の生産性を上げるためにも、月曜日を味方につけていきましょう!

日曜の夜にやっておきたい「5つのヒント」

「最近なんだか、生産性が落ちている」。そんな気がしたら、日曜の夜の時間の使い方を見直してみる必要があるかもしれません。

月曜日をもっと良い一週間にするためのヒント」を見てみましょう。

会社に行きたくない…そんな時は「漢方」

©Cosmic_Design/Shutterstock.com

月曜日は、「ブルーマンデー」という言葉があるように、憂鬱になりやすい曜日です。

さまざまな要因があると思いますが、病名がつかないくらい「会社に行きたくない」憂鬱な気持ちを「漢方」が救ってくれるかもしれません。

誰かに効いた漢方が、万人に効くとは言えません。大前提として、人によって「どんな漢方が合うか」は違うので、まずは漢方薬局などで相談してみましょう!

月曜朝にやってはいけない「ダメな習慣9つ」

月曜の朝から始める仕事は、やはりエンジンがかかりにくいものです。

そんな月曜の朝にやりがちな「間違った行動」を9つリストアップしてみました。

自分のやりがちなデスクに着くまでの行動をチェックしてみてください。あなたは何個当てはまりますか?

生産的な月曜日を過ごす「5つのステップ」

「月曜日」は必ずやってきます。ならばいっそ、生産的に月曜日を過ごすことに全力を傾けてみませんか?

一年の計は元旦にあり、一週間の計は月曜にあり。何事も、始めが良ければうまくいくものです!

前向きな月曜日の過ごし方」を身につけて、月曜を乗り越えましょう!

労働時間を減らすと起こる「4つのイイこと」

休み明けの月曜は、モチベーションアップと、タイムマネジメント力を高めるチャンス。

そんなモチベーションを上げるべく労働時間を減らすだけで、どれだけいいことがあるかまとめてみました。

残業をせずに“効率化”を目指す気持ちを高めていきましょう!

Top image: © pedrorsfernandes/Shutterstock.com