ドローンを飛ばせる場所って、意外に多いの知ってた?

インスタのタイムラインを眺めていると、スワイプをする指が止まって、ガッと心を奪われるときがあります。

まるで鳥になった気分になれる写真や動画。

これらがドローンで撮られているというのは言わなくても分かるくらい、それ自体の認知度は上がっています。しかし、ミラーレス一眼レフカメラのように、多くの人たちが持っているかといえば、そうでもありません。おそらく、「免許がいるんでしょ?」という先入観があったり、操縦や規制など、ハードルが高いなと思ってしまう要素が多いのでしょう。

そこで、圧倒的な人気を誇るドローンメーカーのDJIに根掘り葉掘り聞いた情報をもとに、ドローンの基礎知識をまとめました。さらには、オススメ機種の紹介も。

01.
買ったその日から
「ドローン撮影」が楽しめる

4dfd8326389412a316b6b4d51113a1bfbe7139f3

たとえばDJIのドローンは、レンズだけでなく、GPSやジャイロセンサーなどを搭載した精密機械です。ただ、いくら高機能でも、そもそも操作ができなければ思うように楽しめないのでは?と考える人もいるでしょう。

しかし、DJIによれば、たとえ初心者だとしても初めて飛ばしたその日から、ある程度のコントロールはできるとのこと。高性能な各種センサーを搭載したDJIのドローンは、離陸したポイントを覚えて自動帰還したり、障害物を検知して回避する機能もあるのだそう。

ドローンは操縦する際に特別なライセンスを取る必要が実はないので、買ったその日からドローンを飛ばして、撮影ができちゃいます。

02.
意外なことに
飛ばせる場所はたくさん

F42e3da1d844079a8490f55b25be3114f8c0333a

日本では、飛ばす場所や方法によって規制があるけれど、都会から電車で1時間移動するだけで、ドローンが飛ばせる場所をたくさん見つけられます。もちろん、「ルールとマナーを守る」ということが前提で。

それに、これを頭に入れておけば、どんな場所で飛ばせないのかも、スッと理解することができます。飛行を制限されているところは、主に3つ。

A:150m以上の高さの空域
B:空港周辺の空域
C:人口密集地

AとBは、飛行機などの運行に支障をきたす可能性があるから。Cは、安全を担保するため。言い換えれば、誰かの生活に影響がない場所なら、操縦はOK

具体的にいえば、東京や大阪、福岡など、日本の年のほとんどは人口密集地。しかしながら、都心にはドローン専用の屋内飛行施設もあるので、「移動がめんどくさい!」という人でも十分楽しめます。

ちなみに、アメリカやオーストラリアは、どの場所で飛ばすにしても申請が必要なので、日本での飛行ハードルは世界に比べて低いのだそうです。

03.
編集は、インスタ感覚で

C6d4242cc58f32742600eaa313cb06c94141460f

さて、次の問題点は「編集」。みんなが投稿している動画を見ると、そのクオリティの高さに、編集の技術がないと楽しめないのではと心配に…。

DJIのアプリ「DJI GO 4」では、操縦だけでなく、直感的に編集ができるように設計されています。例えるなら、インスタに投稿するときのような感じ。つまり、色のトーンや、動画のどこからどこまでを使うのかを選ぶだけ。さらに、SNSアカウントさえ同期しておけば、その場で撮ったものをすぐに投稿することも可能です。

実際にアプリを使って撮影編集された動画は、こんな感じです。

DJIさん(@djiglobal)がシェアした投稿 -

パーカーのポッケに
すっぽりと入る「ドローン」

………と、ここまで説明したのはいいけれど、実際に機種を選ぶとなったら、ドローンもたくさんあるので迷ってしまうでしょう。

そこで、まずオススメしたいのは「MAVIC PRO」。なぜなら、携帯性、映像クオリティ、連続撮影時間などのトータルバランスが非常に優れているから。

1df116bad87904d59cb09e865942ef8a859e352c

Mavic Proは、プロペラを折りたたむことができて、一番小さい状態のときには、500mlペットボトルくらいのサイズ感です。重さも約700gと軽量で、それでいて、4K動画まで撮影できるというスペック。

持ち運びは専用のケースに入れるのもアリですが、バックパックのサイドポケットにちょうど収まりますよ。

また、コントローラーとなるスマホの画面を2回タップすれば、目的地に飛ばせる機能など、初心者でもまるでプロのような空撮映像が撮れる機能が搭載されています。

「ドローンでドライブ」をする
休日の過ごし方

B7b935793563e648a5e844e11e4fbe8062655dca6ced4e7ba2656960ca440f070d83fd8711651ce5

Mavic Proがあれば、今までに見たことがない視点から撮影することなんて朝飯前。特定の人やバイクなどを追いかけてくれる「アクティブトラック」もポイントです。例えば、サーファーにロックオンをすれば、波に乗り始めるところからトリックをしている姿まで、ちゃんと自動で追いかけて動画に収めてくれます。障害物があったとしても、自分で避けてくれる機能もあるから安心。

 

4df8f365c2bf38010fb779c86c912c74aedb00be

着陸のときは、自動で元の場所に戻ってきてくれる「リターントゥーホーム」が大活躍。ちなみに、離陸の時も勝手に飛び立ってくれるんです。そして、出来上がったビデオを見たら、映画の主人公のような気分になれるはず。

 

4f4abd1f39dd36f3112123b133857cf0482ea7eb

でも、撮影だけがドローンの魅力じゃありません。何も考えることなく、ただ操縦して、スマホに映る風景を眺めてみるという楽しみ方だってアリこれは車窓を流れる景色を眺めながら運転の爽快感を味わうドライブの感覚に似ているかも。

ここで改めて言うと、「他人に迷惑をかけない」というのが大前提。分からないことがあったら、DJIのホームページでも安全飛行に関する情報が載っているので、心配なことがあったらチェックするのがオススメ。

あなたの「想い」が強ければ
ドローンが手に入る!

9b28ed23c264287a10dad7a64fb6d892d7a8a614Fbc1dd9bc0641bec80c89b15005aebe5bebcd10a22909aa9da9725a38237e5ff1de6d351189bf49b

いろんな使い方があるドローン。だからこそ、撮れる写真や動画がたくさんあります。そこには、使っている人の想いも詰まっているはず。そこで、DJI社が行なっているのが、「思い出を飛ばそう。with DJI」というキャンペーン。

4ec50cc4a01bbb49100c6ef9b0bc45f2f9cd6dbe

特設ページでは、プロからアマチュアまで、多くの人がドローンを使って撮影した“思い出”を見ることができます。さらに、Twitterで空撮してみたい「心に残る大切な瞬間」を書いたうえでリツイートをすると、DJI社のドローンがタダでもらえるチャンスも。

パートナーにプロポーズをしようとしている人や、友だちと海外に旅行をする人には、うってつけの機会かもしれません。

あ、キャンペーンに伴って、Mavic Proの価格が、通常よりも15,000円もお買い得になっているそうですよ。

96d06e92e39da1b4002f7f0a37012037788eb9b3
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
ハワイ島と言えば大自然。そこには海も山も火山もあり、一度は訪れてみたいと願う人は多いのではないか。特に、止まることなく流れる溶岩。Erez Maromさん...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...