「カラダだけの関係」になりがちな男の4つのタイプ

いわゆる「遊び人」と呼ばれる男性たち。なぜ、彼らは真剣な交際をしようとしないのか、女である私が完全に理解できる日がくるのかは正直いうとわかりません。ただ、「Elite Daily」でTayi Sanusiさんの記事を読んで、すべての遊び人に当てはまることじゃないけど、彼らにもそれなりのワケがあるということは少しわかりました。

彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。だって、何よりも大切なのは、自分が幸せになる方法を見つけることだから。

4f84a88cbecd88ec50c3e7f57e5671f2cc453260

ベッドの中で、自分をドキドキさせることのできる相手に出会えるのは最高の幸せ。こういう人は、あなたに必要な存在です。でも、「ただ、エッチしたいだけの人もいる」という事実を突きつけられたら、物事は複雑になり問題だと思うようになることも。

誰かに特別な感情を抱いたとき、「セックスだけ」の曖昧な関係を続けられる人なんてあまりいません。カラダだけの短い夜を共にするだけではなく、彼ともっと親密な関係を築くことを望むはずです。

でも、あなたが自分の気持ちに素直になろうとしても、厄介なことに好きな人が真剣な交際を望んでいない場合も。なぜこんなことが起きるのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

01.
「ある問題」により、
恋愛が何よりも後回し

恋愛エキスパートであるMeredith Goldenによれば、「日常生活での深刻な出来事は、真剣な恋愛をスタートできない主な理由の一つ」だと。

さらに、Goldenはこう言っています。「相手や相手の家族が病気や深刻な状態にあるとき、彼らの自由時間はすべてそのことに費やされます。そのため、恋愛は後回しになってしまうのです」。

これは、ネガティブなことだけではなく、“強い絆”を深めることのできる誰かを「待つ価値のある」数少ない状況の一つだと私は思います。でも、そうとわかっていても、その人をずっと待ち続けることは難しいこと。

もし、彼らが長期的に大変な状態が続くようなら、相思相愛を期待するのをスッパリとやめてしまうのがいいかもしれません。この恋愛は、並々ならぬ努力が必要なものだからです。そばにいたいのなら、単なる友達として力を貸すつもりでいてください。

今の彼にとっては、たとえあなた以外の人と関係を持ったとしてもあなたは黙認しなければいけない立場なのです。

02.
「出張」の多すぎる仕事

Df77d3bb9ab59c26a5f6e0e78d47609713ffdea6

何を優先するかによって、人生の大部分は変わってきます。言うまでもなく、私達が優先すべきなのは、成長と発展を遂げる物事。あまり重要ではないと見なされたことに対しては、停滞したままの状態を続けてしまうものです。

人々にとって、極めて優先度が高いものが仕事。ですから、仕事への献身的である人ほど、真剣な恋愛に発展する可能性が低くなるのです。これは、全員ではないのですが、出張が多い職に就く人に特に当てはまることかもしれません。

「この先、6ヵ月間かなりの数の出張をする予定の人には、愛を育むための時間なんてありません」と、Meredith Goldenは言うのです。

03.
「長期の旅」に出る直前

今からするのは、現実的な話。「タイミングが悪い」とは、自分の気持ちに素直になれないときや、恋愛感情が全くないときに用いられる言い訳の一つです。

もしも、あなたが来月から6ヵ月間のインド旅行に出かけるとします。たとえ可能性がある相手だとしても、旅に出る3週間前に新しい恋愛をスタートさせようと思うことはないでしょう。

でも、「二人の強い思いがあるのなら、タイミングの悪さを克服するのは無理なことではありません」と、Meredith Goldenは述べます。

彼女はこうとも言っています。「素晴らしい何かの発展を感じるとき、多くの人は時間を見つけて、それを成就させようとします。ただ、それが可能でない場合もあるということは覚えておいてください」。

04.
そもそも「あなた」が、
素直な思いを告げていない

67a30cdee80a0c70a323e764b9c6452cd723d2c6

明白な事実の一つとして、「真剣な交際」をスタートする準備ができていない人もいます。彼らは、カジュアルなお付き合いを続けたいけれど、真面目な関係に進みたいと思うほど強烈に惹かれる人物に出会っていないのです。ただ、これは悪いことではありません。

真剣な愛を望まない誰かに恋するのは、とても辛いもの。あなたがもっと親密な関係を望んでいるとき、もっとも重要なのは、自分の気持ちに正直になって思いを伝えることです。多くの人が、自分の気持ちを認めて、告白するということに恐怖心を抱いています。そのため、“一方通行の思い”になり、カジュアルな関係が続いていくのです。

「あなたと真剣な交際は望んでいない」と誰かから言われたとします。そのとき、誰もがしそうな重大な間違いは、相手の気持ちを変えようと頑張ること。無理に変えようとせずに、自然な方法で関係を進められる相手とスタートして、二人の思いが同じ。そうなったら、素晴らしいと思いませんか?もちろん、自分の気持ちに正直になって、欲しいものを追い求めるのは大切。告白したあとも、辛い恋愛をしている人に良いことを教えましょう。

あなたと同じものを求めている人は、この世の中に大勢いるのです。なのに、目指すものが違う誰かをいつまでも追いかけていては、チャンスを逃す可能性が。

 

あなたと同じものを求める“本物の愛”を築ける人が現れたとき、見落とさないようにしましょうね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「Elite Daily」で70以上の恋愛コラムを書いてきた、ライターKimmy Foskettさんは、男遊びが増える時期こそ、気をつけたほうがいいタイプ...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
気になる彼との初デートほど、ドキドキで不安なものはありませんよね。そして女性なら誰もが、そこで彼の人間性を見極めたいと思うもの。「Elite Daily」...
Lisette Pylantさんは26歳の誕生日に友達の紹介で、ある男性(Justin)とバーに行くことに。友人が働いているバーでお酒を飲んでいたのですが...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
失恋した彼ともう一度復縁するには、別れる前よりもっといい女性になることが必要です。放置期間は、そのためのチャンス!自分を磨いて彼に別れたことを後悔させてし...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
「一見良いようで実は害がある関係」や「ダメ男」と付き合ってしまっていない?特に、その特徴は些細な行動として表れるもの。でも、この5つの特徴を頭に入れておけ...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
失恋って、精神的な「死」だと思う。
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
「Elite Daily」のLily Rouffさんが提唱する、彼との関係が「本当の愛」か「カラダだけの付き合い」を見極める6つのチェックポイント。