ビール&ワインのトレンド市場「WHOLE FOODS」が大胆予測。

Amazonに買収される以前からオーガニック食材を扱うグルメスーパーとして、日本人にも根強い人気のWHOLE FOODS MARKET(ホールフーズマーケット)。

そのホールフーズが先月発表したのが、2018年度のビールとワインのトレンド予測。さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。

Food52」のValerio Farrisによるピックアップ、近いうち日本にもこの波がやってくるのは間違いない!

ビールとワインのトレンド予測

2018年に突入してから2ヶ月半が経ったタイミングで、WHOLE FOODSが、2018年のビールとワインのトレンド予測をリリースしました。

予測には少し遅すぎる?いいえ、遅すぎなんてことはありません。それに、WHOLE FOODSのソムリエだってトレンドを予測するのにちょっとくらい時間を必要としたんでしょう、きっと。

そうして最近、彼らは今年市場を騒がす「アルコールのトレンドトップ5」を選出。もしかしたら、このトレンドにすでに乗っかっていたりして?さっそくチェックしていきましょう。

トレンド#1
ライトボディのメキシコ産ビール

調査によると、アメリカの南に位置するメキシコ生まれのビールが注目を浴びているのは、おそらく人気上昇中のタコスのせいだとか。

でも、本当にタコスが発端?可能性はなきにしもあらずですね。あるいは、そろそろ胃もお財布も、ここ数年流行りに流行ったクラフトビールから、ライトなものにスイッチしたい人々の欲求かも。

トレンド#2
バーボン樽で熟成されたワイン

私も親しみがありませんでしたが、バーボンの仕込み用に使っていた木樽でワインを熟成するプロセスがあるそうで。どのみちバーボンを熟す樽は一度しか使えないので、ワインに再使用するのはとっても効率的。それにこの熟成方法を用いると美味しいワインができるんだそうですよ。

トレンド#3
トップ炭酸水ブランドから
初のアルコール飲料が販売?

La Croix (ラクロワ)にハマりにハマっていることは、もう隠し通せません。これのアルコール版はできないだろうか…そう思っている人も少なくないはず。嬉しいことに、WHOLE FOODSは「近いうちにこの夢が実現される」と予測。アルコール入りの炭酸水の立ち位置は、ラクロワのいかつい年上の従兄弟ってところでしょうか。眉毛にピアスしちゃう感じのね。

トレンド#4
サングリアよりも、
だんぜんスプリッツァー!

どうやら人気上昇中なのは、パッケージ化された「スプリッツァー」のようです。今年はマルガリータやサングリアを通り越して、シチリアのルビーグレープフルーツのワインスプリッツァー、ラモーナを選んでみるのはどうでしょう。

いや〜暑い夏の日が似合いそうですね!このトレンドの波には、ぜひとも乗っておきたいもの。

トレンド#5
ペットボトルワインの台頭

みなさん、ボックスドウォーターって覚えていますか?では、缶に入ったワインは?

気まぐれな私たち(消費者)ったら、親しみ深いものの変形版に弱いんですよね。WHOLE FOODS曰く、このトレンドはまだまだ衰えないそう。というわけで、エキスパートたちは、ペットボトルに入ったワインが大ブレイクすると予測しています。そのほうが割れなくて安心!

今年は、そんなところでしょうか。実際にこのトレンドが当たるかは、様子見ですね。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
米グロサリー・ストアチェーン「Whole Foods Market」が、2020年の食品トレンド予測を発表。
西アフリカを代表する古代穀物「フォニオ」。食糧危機を救い、栄養価の高い“第二のキヌア”として注目される、このスーパーフード。2020年の食トレンドのカギを...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「Pinterest」が次に来るであろうトレンドを10のカテゴリ別にまとめた「Pinterest 100」を発表。ユニークで興味深いトレンドが満載。
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
先月28日(土)より、「アップリンク」が運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて緊急企画がスタート。
アメリカのニューヨーク歴史協会から始まった、Twitter上で花束を贈り合う「#MuseumBouquet」の紹介。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
アメリカ発の大手モバイル決済サービス「Square」が、アメリカ国内でのモバイル決済のデーターをもとに算出した「2020年のトレンド予測」を発表。その内容とは?
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ナチュラルワインって、なんですか?