ビール&ワインのトレンド市場「WHOLE FOODS」が大胆予測。

Amazonに買収される以前からオーガニック食材を扱うグルメスーパーとして、日本人にも根強い人気のWHOLE FOODS MARKET(ホールフーズマーケット)。

そのホールフーズが先月発表したのが、2018年度のビールとワインのトレンド予測。さすがは「アメリカでもっともヘルシーなスーパー」という看板を担うだけあって、トップ5にもヘルシーやエコの観点を欠くことはありません。

Food52」のValerio Farrisによるピックアップ、近いうち日本にもこの波がやってくるのは間違いない!

ビールとワインのトレンド予測

2018年に突入してから2ヶ月半が経ったタイミングで、WHOLE FOODSが、2018年のビールとワインのトレンド予測をリリースしました。

予測には少し遅すぎる?いいえ、遅すぎなんてことはありません。それに、WHOLE FOODSのソムリエだってトレンドを予測するのにちょっとくらい時間を必要としたんでしょう、きっと。

そうして最近、彼らは今年市場を騒がす「アルコールのトレンドトップ5」を選出。もしかしたら、このトレンドにすでに乗っかっていたりして?さっそくチェックしていきましょう。

トレンド#1
ライトボディのメキシコ産ビール

5119322045284352

調査によると、アメリカの南に位置するメキシコ生まれのビールが注目を浴びているのは、おそらく人気上昇中のタコスのせいだとか。

でも、本当にタコスが発端?可能性はなきにしもあらずですね。あるいは、そろそろ胃もお財布も、ここ数年流行りに流行ったクラフトビールから、ライトなものにスイッチしたい人々の欲求かも。

トレンド#2
バーボン樽で熟成されたワイン

私も親しみがありませんでしたが、バーボンの仕込み用に使っていた木樽でワインを熟成するプロセスがあるそうで。どのみちバーボンを熟す樽は一度しか使えないので、ワインに再使用するのはとっても効率的。それにこの熟成方法を用いると美味しいワインができるんだそうですよ。

トレンド#3
トップ炭酸水ブランドから
初のアルコール飲料が販売?

La Croix (ラクロワ)にハマりにハマっていることは、もう隠し通せません。これのアルコール版はできないだろうか…そう思っている人も少なくないはず。嬉しいことに、WHOLE FOODSは「近いうちにこの夢が実現される」と予測。アルコール入りの炭酸水の立ち位置は、ラクロワのいかつい年上の従兄弟ってところでしょうか。眉毛にピアスしちゃう感じのね。

トレンド#4
サングリアよりも、
だんぜんスプリッツァー!

5162126763098112

どうやら人気上昇中なのは、パッケージ化された「スプリッツァー」のようです。今年はマルガリータやサングリアを通り越して、シチリアのルビーグレープフルーツのワインスプリッツァー、ラモーナを選んでみるのはどうでしょう。

いや〜暑い夏の日が似合いそうですね!このトレンドの波には、ぜひとも乗っておきたいもの。

トレンド#5
ペットボトルワインの台頭

みなさん、ボックスドウォーターって覚えていますか?では、缶に入ったワインは?

気まぐれな私たち(消費者)ったら、親しみ深いものの変形版に弱いんですよね。WHOLE FOODS曰く、このトレンドはまだまだ衰えないそう。というわけで、エキスパートたちは、ペットボトルに入ったワインが大ブレイクすると予測しています。そのほうが割れなくて安心!

今年は、そんなところでしょうか。実際にこのトレンドが当たるかは、様子見ですね。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
ひとえにビールと言っても、ビアスタイル(ビールの種類)はさまざまあって、実際自分にどの味が好みか、なんていうのは実は知らなかったりする。ここでは、マイルド...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
「Elite Daily」の記事では、運動後にビールを飲んでもイイ理由を紹介しています。飲酒を勧めているワケではありませんが、これらの知識を使えば、今度か...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。