会社で飲む物はこだわりたい。でも、買いに行くのは面倒くさい。

「お嬢様、今日は火曜日でございます。お仕事がはかどりますように、煎茶をご用意いたしました」

なんていう言葉とともに、専属執事(ただし、イケメンに限る)が飲み物をセレクトしてくれたら。気分だけじゃなくて、好みとか、香りとか、今日の仕事状況まで把握して提案してくれたら。あ、それに私を気遣って、カロリーのことなんかも気にしてくれちゃったりして。そんな専属執事(ただし、イケメンに限る)がいたら、もっと仕事頑張れるのになぁ。

 

……し、失礼いたしました。ちょっと疲れているのか、すっかり妄想に浸っておりました。

執事とは言わないから、せめて私のことを考えて飲み物をセレクトしてくれる人がいたらいいなって思ってるのは本当。

出社すると次々に電話が鳴ったり、話しかけられたりしますよね。会議につぐ会議で、飲み物を買いに行く暇すらないという人も多いでしょう。

そんなあなたに、専属ティーコンシェルジュをおすすめします!

5533205226586112

このどこがティーコンシェルジュなの?メイソンジャーにティーバッグが入ってるだけじゃないかって思いました?

いいえいいえ、こちらはあなたに寄り添ったティーコンシェルジュなのです。

「曜日ごとにあなたにぴったりのドリンクをセレクトいたします」

4573261513883648

わたくし『thé to thé(テトテ)』は、あなたの専属ティーコンシェルジュとして、月曜日から金曜日までの平日の1週間それぞれにぴったりのお茶をセレクトしております。

気分が沈みがちな月曜日は、やる気を目覚めさせてくれるブーストティー・玉露を。
仕事を軌道に載せたい火曜日には、爽やかな煎茶を。
週の折り返しの水曜日は、優しい甘さとストレスに打ち勝つポリフェノールがたっぷりの紅茶を。

お望みでしたら、休日にお飲みになるハーブティーもセレクトいたしますよ。何なりとお申し付けくださいませ。

「あなた様は、朝、封をあけるだけでございます」

5815233985642496

朝、出社されましたら、『thé to thé』のティーバッグを開けてください。そして、お水かお湯を注ぐだけでおしまいです。『thé to thé』は、なんと1日8時間入れっぱなしでようございます。

味が濃くなってしまうのでは?とご懸念のあなた様、ご心配なく。『thé to thé』は1日の中で味が変化してまいります。朝はあなた様を力強く後押ししてくれる、シャープ&ストロングな味わい、ランチタイムはマイルドに、仕事終わりには疲れたあなた様を癒してくれるソフトな味わいへ。

あなた様の1日を応援し、素敵な時間をわたくしがお約束いたします。


忙しい毎日に、至れり尽くせりのティーコンシェルジュを!そんなの贅沢だと思っていましたが、この『thé to thé』なら叶えられてしまいます。

1セット2000円(税込)から「Makuake」で購入可能。オリジナルメイソンジャー付きのプランもあります。

Licensed material used with permission by makuake
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...
門出の季節にぜひ見て欲しい動画を紹介します。じつはこれ、今からちょうど一年前、全米で話題と感動をさらった女子高生の物語。卒業パーティーのはずがなぜか爆買い...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
無肥料・無農薬のお茶づくりを営む健一自然農園。代表の伊川健一さんは、16歳のときに人生の道を決めたといいます。茶畑を受け継ぎ、地域の人々と栽培・加工に励み...
ついついエナジードリンクやアルコールに手を伸ばしそうになった時は、「お茶」を選んでみるのはいかが?
朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。そん...
人生において「面倒くさいこと」というのは、放置すればするほど大きくなっていきますが、「小さな面倒」をクリアにしておくと、負の連鎖から抜け出し、日々のストレ...
お酒好きにとって「断つ」というのは、ドクターストップでもかからない限り、なかなか難しいのではと思います。社会人になる前は付き合いで飲みに行くとか「面倒くさ...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...