盲点だった!旅好きならチェックしておきたい“豪華リゾート”

カジノと聞くと、ちょっとハードルが高いように感じる方も多いかもしれません。しかし、海外のカジノへ行った経験のある人に聞くと、「プレイ以外」が楽しみだったりするのだとか。どういうことだろう?と思い、聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

01.
とにかくエンターテインメントが楽しい!

カジノを併設した巨大リゾートを統合型リゾート(IR)といいます。統合型リゾートでは、あらゆる種類のエンターテインメントを楽しむことができ、その中でもとくにテンションが上がるのが、ライブミュージック

シアターがあるところや、ゆっくりお酒を飲みながらパフォーマンスを楽しむラウンジになっているところなど、スタイルは施設によってさまざま。カクテルを片手にJAZZライブに酔いしれ、だんだんといい気分になってくる頃にはDJの音楽に合わせて深夜まで踊れちゃいます。

02.
ミシュランの星付きも!世界最高級の料理が味わえる

統合型リゾート内には、世界一流のレストランが入っていることが一般的で、中にはミシュランで星を獲得したレストランもあったりします。カジノはさておき、この美味しいグルメを楽しみにしている人も多いのです。

基本的に世界中の人が訪れる場所なので、洋食、中華、日本食などさまざまな食事が提供されています。施設内はエンターテインメントが充実しており一日中遊ぶことができますが、朝、昼、夜と同じレストランはさすがに飽きてしまいますよね。せっかく遊びにきたのなら、毎回違うレストランでいろいろな料理を味わいましょう。

03.
リゾートプールで心ゆくまで、贅沢にくつろげる

統合型リゾートは必ずしも南国にあるとは限りませんが、大きな屋外プールやスパが併設されていることがほとんどです。

せっかくの休日、プールサイドでゆっくりと昼寝をするもよし、カクテルを片手に読書を楽しむもよし、もちろんプールで思いっきり羽を伸ばして泳ぐのもアリ。カジノをしにくる場所というイメージが強いのですが、ただ単に「リゾート」ステイを楽しむ人も多いのです。

04.
一流ホテルで極上ステイ

併設されているホテルは5つ星などの一流ホテル。客室サービスもアメニティも充実していますし、ホテルによっては、通常お金を払うミニバーだって無料のところもあります。

プールで遊んで疲れたら、ふかふかのベッドで昼寝をしに戻れますし、カジノやライブミュージックなどのエンターテインメントで深夜になっても、すぐそこがベッドなら心配いりませんよね。

05.
まるで「007」や「オーシャンズ11」!?
映画のような雰囲気にテンションが上がる

カジノはプレイをせずとも、その場の「雰囲気」がすごすぎて、まるで映画の世界にいるような気分に。たとえプレイしなくても十分楽しい場所なんです。

緊張感が漂うテーブル、ずらりと並んだスロット、煌びやかなアート作品、シャンデリア。カーテンや絨毯だって高級感に溢れていて、いるだけでワクワクしてきます。

また、他の人のプレイを見学していると、まるで自分がプレイしているかのようにドキドキしてくるはず!雰囲気を楽しみに行くという人もカジノは多いところなのです。

ちょっと体験してみたくなったら……

巨大な豪華リゾートで、美味しいご飯を食べて、ライブミュージックを聞いて、プールで遊び、夜はカジノを体験してみる。ちょっとやってみたいなと思いませんか?

そんな「体験してみたい」レベルだったら絶対にオススメなのが「パラダイスシティ」です。韓国・仁川に2017年にできた豪華な統合型リゾートで、仁川国際空港第一ターミナルからシャトルバスで3分(無料)という好立地!日本からだと2~3時間で行けてしまいます。

実は、記事内で使用した写真も全てパラダイスシティのもの。こんな豪華リゾートが韓国にあるなんて知らなかった人も多いのではないでしょうか。

パラダイスシティは韓国初の統合型リゾートで、館内には草間彌生やアレッサンドロ・メンディーニなどの世界的に有名なアーティストをはじめ2,700以上のアート作品が展示されています。またボウリングやダーツ、プレイステーションで遊べる施設など、1日いても楽しめるコンテンツが盛りだくさん。

夏には不定期でプールパーティーも開催されているので、公式インスタグラムで開催日をチェックして、それに合わせて行ってみるのもいいですね。

また、パラダイスシティのカジノは世界でも珍しく、日本人スタッフがとても多いため、これまで言葉がネックだったという方や「ちょっとだけ体験してみたい」と思っている初心者の方にはオススメ。ドレスコードなどもなく、見た目とは裏腹に誰でも、カジュアルに楽しめる場所です。LINEで友達になると、お得なカジノ情報も送られてくるので、登録しておくだけでもいいですね。

 

プールもエンタメもグルメも揃う「パラダイスシティ」で、いつもとひと味違う“週末旅”してみませんか?

 

JTBの宿泊プランはコチラ

HISの宿泊プランはコチラ

不動産やホテル事業などを手がける「森トラスト株式会社」と世界117ヵ国にホテル事業を展開している「ヒルトン」は「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」の開業予定日を2...
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
宇宙飛行士アン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブにかつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿。「NASA」の心理学者による研究をベースに、5つの...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
もうすぐ一周年の「コモ ウマ チャングー」。このホテルの一番の特長は、優美な曲線を描く屋根付きプールがあるペントハウス。バリで優雅な時間を味わう旅を検討し...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
男性の約3.5人に1人はパンツにこだわりを持っており、約6人に1人、なかでも経営者や会社役員といったエグゼクティブほどパンツが仕事のパフォーマンスに影響す...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
スリランカの5つ星ホテル「Chena Huts by Uga Escapes」。近くには、国内に22ある国立公園で2番目に広い、指折りの観光名所「ヤーラ国...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
「Gapストア 新宿フラッグス店」が4月3日リニューアルオープン。世界初の「Gapオリジナルブレンドコーヒー」やドーナツなどが楽しめるカフェエリアも登場。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
「ロンギチュード 131°」は、エアーズロックを望むことができる言わずと知れたリゾート。昨年「The Most Romantic Hotels」にも選出さ...
バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。「Stable Lodge Ho...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。それを実感できる「JOSH HO...
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
バンコクを満喫するなら夜……は、もう昔。一泊5000円以下のイイ感じのホテルに滞在し、「プールで朝食」するのが幸せな旅姿。利用客の朝が遅い「BED STA...