“平成の曲”で夜通しチルアウト。HOTEL SHE,OSAKAで『平成ラストサマー』を

プレスリリースよりも先に、Twitterでちらっと公開したイベントページにアクセスが殺到。コンテンツ情報が全て揃っていないのにも関わらず、チケットはすぐに完売してしまった。追加販売を求める声も、毎日のように届いている。

『平成ラストサマー』というハッシュタグを、SNSで見たことがある人も多いだろう。どこよりも早く企画された、平成を振り返る音楽イベントだ。

名残惜しさと一緒に、
この時代を名曲で振り返る夜

4659683738517504
© 延原優樹
model:るうこ

生まれ育った時代が終わる。この不思議な寂しさと焦燥感を、みんなで共有できたらいいのに――『HOTEL SHE,OSAKA』を運営する平成生まれのスタッフたちが、そんな思いで企画している。

『#平成ラストサマー』のハッシュタグで集められた曲をもとにつくられたプレイリストを朝までぶっ通しで流して、お酒を片手に「この曲良かったよね〜」と思い出話を。

このイベントに、意義なんて立派なものはいらない。とにかく、“自分が過ごしてきた平成”にどっぷり浸かる!そのためだけに、つくられた空間だ。

平成って、どんな時代だった?

6632392936652800
©HOTEL,SHE OSAKA

ホテルプロデューサーであり、このイベントの発案者でもある龍崎翔子は、平成はどんな時代でしたか?という質問を色々な人にぶつけてみたいと言う。

「私が平成を振り返った時、平和だけど、退屈な時代という印象がありました。どこか冷めていて、みんなで何かに熱狂する経験があまりないというか。私達の世代が、ゆとり世代・悟り世代と呼ばれてきたことにも、影響しているのかもしれません。

でも、全然違う『平成』をイメージする人もたくさんいると思います。人々の価値観が多様化した30年だったからこそ、この時代が終わる前に、瞬間的な共通体験を味わってみたい。

平成最後の夏の締めくくりに、そんな空間がつくれたらいいなと思っています」。

ホテルのキャパシティを考えると、どうしてもイベントに参加できるのは100人程度に限られてしまう。思い出の曲をもっとたくさんの人と共有できるようにと、ハッシュタグを通してみんなでつくったプレイリストを、毎週iTunesとSpotifyで公開もしている。

イベントの詳細はこちらから!

『平成ラストサマー』
会場:HOTEL,SHE OSAKA
日時:8月31日(金)18:00~翌6:00

Top image: © 延原優樹, model:るうこ
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
『Sound Reactive LED Mask』は、その名の通りLEDライトが搭載されている仮面。ただ光るだけではなくて、周囲の音楽に合わせて浮かび上が...
この時代に生きてこられてて、ほんとによかった!
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
約5,000円から支援可能です。
これから紹介するのは、とあるバッティングセンターに舞い降りた、平成の侍の勇姿。なんと、時速160kmの速球を、居合い斬りで真っ二つにしようというのです!ボ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で熱帯夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
街中の花壇や路地でスケボーの練習をしている若者を目にすることがあるのですが、先日、盆栽がスケボーに乗っているのを見かけました。しかもよく見ると、盆栽が入っ...
いくら暦の上で夏が過ぎても、肌が強烈な紫外線にさらされることには変わりありません。そんな日は、イギリスの名物「サマープディング」で、肌へのダメージ回復に努...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
普通のラブホテルで盛り上がらなくなったら「ビンテージ」なラブホテルを ——。大阪在住のフォトグラファーRik Sanchez氏は、妖艶なモデルの女性と共に...
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
大阪ミナミの宗右衛門町にある、大日館ビル。THE・雑居ビルとも言うべきこの場所に足を運んだのにはワケが…。それは、「大阪を代表する、ふわふわ系お好み焼があ...
北関東に甚大な被害をもたらした、先の「平成27年9月関東・東北豪雨」。発生から間もなく、救援活動に励むボランティアのなかに、横田基地所属の米兵たちの姿があった。
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
「子どもだって、のまなきゃ、やってらんねーよ。」そんなキャッチコピーを引っさげて、平成16年から販売している「こどもびいる」。その正体は、リンゴの炭酸飲料...
大阪でも、年配の人しか使わなくなった方言のひとつ「ねき」。それが、このお店の名前です。一品一品が美味しくて、どこかホッとする。そんな食事が楽しめました。野...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
2015年11月、万博記念公園内に誕生した日本最大級の複合施設「EXPOCITY」。すぐ隣には、ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」も新たに完...