“平成の曲”で夜通しチルアウト。HOTEL SHE,OSAKAで『平成ラストサマー』を

プレスリリースよりも先に、Twitterでちらっと公開したイベントページにアクセスが殺到。コンテンツ情報が全て揃っていないのにも関わらず、チケットはすぐに完売してしまった。追加販売を求める声も、毎日のように届いている。

『平成ラストサマー』というハッシュタグを、SNSで見たことがある人も多いだろう。どこよりも早く企画された、平成を振り返る音楽イベントだ。

名残惜しさと一緒に、
この時代を名曲で振り返る夜

© 延原優樹
model:るうこ

生まれ育った時代が終わる。この不思議な寂しさと焦燥感を、みんなで共有できたらいいのに――『HOTEL SHE,OSAKA』を運営する平成生まれのスタッフたちが、そんな思いで企画している。

『#平成ラストサマー』のハッシュタグで集められた曲をもとにつくられたプレイリストを朝までぶっ通しで流して、お酒を片手に「この曲良かったよね〜」と思い出話を。

このイベントに、意義なんて立派なものはいらない。とにかく、“自分が過ごしてきた平成”にどっぷり浸かる!そのためだけに、つくられた空間だ。

平成って、どんな時代だった?

©HOTEL,SHE OSAKA

ホテルプロデューサーであり、このイベントの発案者でもある龍崎翔子は、平成はどんな時代でしたか?という質問を色々な人にぶつけてみたいと言う。

「私が平成を振り返った時、平和だけど、退屈な時代という印象がありました。どこか冷めていて、みんなで何かに熱狂する経験があまりないというか。私達の世代が、ゆとり世代・悟り世代と呼ばれてきたことにも、影響しているのかもしれません。

でも、全然違う『平成』をイメージする人もたくさんいると思います。人々の価値観が多様化した30年だったからこそ、この時代が終わる前に、瞬間的な共通体験を味わってみたい。

平成最後の夏の締めくくりに、そんな空間がつくれたらいいなと思っています」。

ホテルのキャパシティを考えると、どうしてもイベントに参加できるのは100人程度に限られてしまう。思い出の曲をもっとたくさんの人と共有できるようにと、ハッシュタグを通してみんなでつくったプレイリストを、毎週iTunesとSpotifyで公開もしている。

イベントの詳細はこちらから!

『平成ラストサマー』
会場:HOTEL,SHE OSAKA
日時:8月31日(金)18:00~翌6:00

Top image: © 延原優樹, model:るうこ

関連する記事

8月31日、平成生まれの心を鷲掴みしたオールナイトイベントが忘れられない。会場はHOTEL SHE,OSAKA。仕掛け人は全員、平成生まれ。「この時代が終...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
去年の秋に開催されて反響をうけた「平成が終わルンです」の写真展が、この夏カムバック。今回は、平成最後の日となる4月30を撮影した写真が展示され、写真集も出...
平成の終わりとともに迎えた、平成ポップカルチャーを支えた5人の解散。「終わり」というものを、きっといろんな人が、様々なかたちで意識した。
「EARMIND」は、異なる6つのアート分野の作家や工房によって手掛けられた、デザイン性を高めたカスタマイズBluetoothイヤホンだ。
『Sound Reactive LED Mask』は、その名の通りLEDライトが搭載されている仮面。ただ光るだけではなくて、周囲の音楽に合わせて浮かび上が...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
感染拡大防止のため、あのハリウッド映画の登場人物たちも......マスクを着用し始めた!?
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...