新しい普通をつくるために、「誰でも読める点字」を展示

「次の100年につながる新しい価値の創造に取り組むこと」を、ミッションとしてつくられた複合施設『100BANCH』。オープン1周年記念として7月に開催されたイベントでは、試作中のプロダクトや、シンポジウムなどが30以上集められた。

その中で壁一面に展示され、ひときわ目立っていたのが、この点字だ。

点字の展示
『Braille Neue』

©2018 Braille Neue
©2018 Braille Neue

少し前にTwitterで話題になっていた『Braille Neue』は、目が見える人でも読みやすい点字。これまで、点字と墨字を同時に表記するアルファベットは世界中で開発されてきたけれど、日本語に対応しているものは1つもなかった。

製作者である高橋 鴻介さんは、「2020のオリンピック・パラリンピックに向けて実装を進めている」と言う。実際に視覚障害を持つ方や、点字の先生からフィードバックを受け、細かな修正を繰り返してきたそう。

©2018 Braille Neue

最近では、名刺にエンボス加工でこの点字印刷をするワークショップを行った。すでに次のプロジェクトである絵本の制作も進行中。

障害者と健常者を分けない言語を広めるために、今後も生活の中に『Braille Neue』を取り入れる挑戦を続けていく。

Top image: © 2018 Braille Neue
andmore
他の記事を見る
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
ブラジル・サンパウロにあるミュージアム、その名も「Museum of Me」。ここは、Meが示すとおり「自分」にまつわるミュージアムです。“展示物”もその...
ドイツ・ベルリンにある博物館「Schwules Museum」は、1985年から2018年までLGBTQを題材にしたゲームを紹介する展示会「Rainbow...
空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。ここでは、そんなときに役立つ空気が読めない人の特徴...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
リンゴだけでもかなりの種類があるよ!というメッセージを伝えるべく、150種類以上のリンゴを展示しました。
「日本人だけが読めないフォントがある」と、ネットで話題になったテキストがあります。それがこちら。さて、あなたはここに書かれた文字が読めますか?「カモンGU...
バクテリアの新しい見方を示してくれるランプがあります。普通のランプの模様にあたる部分にバクテリアが使用されていて、「唯一無二」の配色や柄を生み出します。汚...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
「忖度(そんたく)」って読めるけど、意味は知らない。この言葉の意味わかる?って聞かれたけどそもそも読めない、とかね。
いったい「普通」って、何なんでしょう?普通に考えてみても、普通に悩みます。AsapSCIENCEが公開した「Are You Normal?」という動画では...
やっぱり人間は誰でも間違いを犯すんだから、「許し」の習慣があったほうが良い。そんな内容の「The School of Life」の動画です。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
新品のように綺麗なものなど、ひとつもない。まぎれもなく、展示されているすべてに、誰かの痛みが滲んでいる。
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。