米広告代理店「ペットと一緒なら在宅勤務OK!」

ミネソタ州にあるインターネット広告代理店「Nina Hale」が、従業員により快適に働いてもらうために心優しい福利厚生制度を発表しました。それが「Fur-ternity leave」。

愛犬や愛猫を家に置いていくのは心配だろうからオフィスに来なくてもいいよ、という内容です。ペットを飼いはじめてから1週間まで、在宅勤務が認められるとのこと。いいな〜。

なぜこの制度を始めたのか?という理由までは公開されていません。ですが、優秀な人材でも(むしろ優秀だからこそ!?)不満があればすぐに転職してしまうからというアメリカならではの理由が裏にありそうですね。

Top image: © iStock.com/Pekic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事