落書きと思われる「Doodling」の意外な生産性

シリコンバレーで編集者として働いていた時、会議中の「doodling」は当たり前でした。うまく日本語に言い換えられないのですが、目的のないお絵描きのようなもので、内容はちゃんとしたメモである必要はなく、落書きレベルでOK。

でもこれ、仕事でこそオススメしたいメリットがあるんです!

「Doodling」と記憶力の関係

効率性が徹底的に求められた業界で、話を聞きながら「doodling」することは意外だと思うかもしれません。でも実際、上司がミーティング中にいたずら書きしているシーンも珍しくなかったし、タブーでもありませんでした。何気ない会話からヒントを得るように、頭の中で考えている内容を図解したり、イラストを見返したりして、新たな視点や着想を得ることはあります。そういった考えを後押しする科学的な調査も。

ある研究で、電話で話した内容を思い出す記憶力テストが行われた際、「doodling」できる環境があったかどうかで結果に違いがありました。手を動かしながら話を聞いていた被験者のほうが、約3割も多く内容を覚えていたのです。

集中していない証拠として見られるどころか、手や指を動かすことで脳を活性化し、ぼーっとしてしまうことを防ぐ可能性も考えられていたようです。

つまり、会議中の「doodling」は、集中力の維持や記憶の定着に関係があるかもしれない、というわけです。

手書き情報のデジタル管理は便利!

©マイクロソフト

とはいえ、この時代だと紙でのアウトプットは限られます。そこで編集者としてとくにオススメしたいのは、Surfaceシリーズのパソコンを使った“デジタル落書き”。色々な「doodling」アプリがある中でも、一番使えるのがOneNoteです。なぜなら書く機能だけではなく、画像や動画、ファイルまでも挿入できるから。バラバラになりがちな情報の管理が一箇所にすべて集約できるんです。

©マイクロソフト

フォーマットにとらわれず、自由にアイディアを出すこともできるし、資料作成のために文字や画像内の文字情報を、テキストデータに自動変換することも。

「Doodling」と、そのアウトプットを含めたデータの一元管理化は、生産性をグッと高めてくれる可能性、大です。

能動的な仕事には
Surfaceシリーズが最適

©マイクロソフト

コンパクトな本体と取り外し可能なキーボードの組み合わせも、マグネット式で着脱が一瞬で済み、ノートパソコンとしてもペンタブレットとしても使えます。

パッと出して一言メールだけすぐに返しちゃいたい! なんて時や、じっくりテキスト編集をしたいときの使い分けが快適にできます。

©マイクロソフト

より直感的に、より効率的に、貴重なアイデアや情報を管理・編集したいクリエーターやビジネスマンにとって、ペンタブレットとして使えて、クラウド共有に優れた機能を持ち、コンパクトかつスペックに申し分のないパソコンは魅力的なツール。

Surfaceシリーズは仕事用のパソコンと趣味用のタブレットの使い勝手の良さを、1台に集約できる機能性もあります。一度体験したら忘れられません。

店頭に行って触れば、私が言っている意味はきっと伝わるでしょう。シリコンバレーで常識だった「doodling」の習慣を、実際に体感してみてください。

Top image: © マイクロソフト
米「Microsoft」が昨年10月に発表して大きな注目を集めていた2画面Androidデバイス「Surface Duo」。当初は今年末の発売が予告されて...
「マイクロソフト」からワイヤレスイヤホン「Surface Earbuds」が発売。同社初となる完全ワイヤレスイヤホンは、大きな円盤のような外見が印象的なデ...
7月30日より再開している「NBA 2019-20シーズン」で、「Microsoft」のリリースした新機能「Together Mode」が採用されている。...
2015年1月に行われた、米Microsoftのプレス向けイベント。「HoloLens」は、この場で披露され大きな反響を呼んだHMD(ヘッドマウントディス...
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
7月8日、「Microsoft」がウェブ会議サービス「Microsoft Teams」の新機能として、「Together Mode」をリリースすることを発...
〈STORAGE.it(ストレージ ドット イット)〉のノート。その最大の特徴はノート自体よりもカバーにあります。スライドジッパーの付いたカバーは、ちゃん...
「たった数名にプレゼントする」とWindowsの公式Twitterアカウントが発表し、昨年末にデザインされたセーターの紹介です。
さて、ここからはノートの自慢。
Microsoftが年内に、傘下にあるSkypeの同時通訳サービスを開始するそうだ。これは米ITメディアの会合で米Microsoftが明らかにしたものだ。...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
生産性を高めるために早起きして仕事したことがある人は多いと思う。それを継続できたかどうかはさておき。もともと、早起きが得意な人であればいい。ではそうでない...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
「コクヨデザインアワード2018」にて優秀賞を受賞した「黒と白で書くノート」が商品化。「明るい色と暗い色の文字は同時に読みづらい」という性質を利用した話題...
「レノボ」が10ヵ国を対象におこなった国際調査によると、「在宅勤務で生産性が向上した」と述べる人の割合が対象国の平均より17%も下回る結果に。その理由とし...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
一番の魅力は、予定を書き込めることじゃない。192ページ(96枚)もあるのに8mmという薄さを実現していることがポイントだ。
日本でも展開して欲しいと願いたくなる魅力的なお菓子の企画がアメリカで行われました。加工食品メーカーの「ケロッグ」が製造する大人気のクラッカー「Cheez-...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
「The Doodle Boy(落書き少年)」として知られるJoe Whaleくんは、9歳にして壁画の仕事をオファーされた。イングランドの「Number ...
「Microsoft」と「LinkedIn」が発表したのは、履歴書を効率良く作成するための新機能。Wordで打ち込みながら、参考にできる成功者の履歴書を確...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...