「鬼ごっこ」を英語で言うと? 子どもの頃の遊び、英訳するとおもしろかった

突然ですが、クイズです。


「Hide-and-seek」は「隠れんぼ」。「Dropped handkerchief」は「ハンカチ落とし」。「Rock, paper, scissors」は「じゃんけん」。「Kick the can」は「缶蹴り」……ですよね? 直訳すればなんとなくわかるので、これはけっこう簡単かも。

では、「Tag」、「Cat's Cradle」、「Red light, green light」は、何の遊びの名前でしょう?これ、直訳してもピンとこないはず……。全部わかったら上級者。記事の最後には、あの遊びをアレンジした「大人の遊び」もご紹介。ではさっそくスタート!

01.
「Musical Chairs」

©2018 TABI LABO

椅子のミュージカル。なんか楽しそう。でもどんなお話かまったく想像できないな、椅子には椅子の人生が……的な感じでしょうか?

答えは「椅子取りゲーム」です。これはまだ簡単な方かもしれません。音楽が鳴りやんだ瞬間にみんなで慌て出す、あの光景ってけっこう面白いですよね。由来はあくまでも想像ですが、あれ、たしかにちょっとミュージカル感ある。

02.
「Red light, green light」

©2018 TABI LABO

赤信号!青信号!みんなで渡ればこわくない的な?いやそれ言葉遊びだしな。さっそく難しい。どうやら「とまる、あるく」っていうところにヒントがあるようで……?

答えは「だるまさんがころんだ」です(「daruma fell down」じゃないのか……)。この遊び、どうやら英語でも国によって呼び方がいろいろあるみたい。たとえばオーストラリアでは「LONDON」と呼ばれ、「L.O.N.D.O.N」と声にだしながら進み、最後の「N」でとまるっていうルールなんだって。

03.
「Play House」

©2018 TABI LABO

「今日どこで遊ぶ!?」「家にしよう。あたし、プレイハウス・スタイルなんだよね……」。てっきり家で遊ぶってことかと思いました。

答えは「おままごと」です。たしかに、家の中ですね。公園でやっても、学校でやっても、崖の上でやっても、家の屋根の上でやっても、この遊びをすればたちまち「家の中」です。でもあれ、いま振り返るとけっこう熱心な演劇体験だったと思うんです。わたしはいつも、一番セリフと演技が少なくて済みそうな「妹」というポジションを守っていました。

04.
「Cat's Cradle」

©2018 TABI LABO

ね、猫のゆりかご……? なんか可愛い。どんなに幼少期の記憶を辿っても、それっぽい遊びをした記憶がまったくないけれど……

正解は「あやとり」。主にふたりで互いの糸を取り合うときに、こう呼ぶのだそう。だけど肝心な由来はというと、まだはっきりとわかっていないのだとか。うーん、でもなんとなく、あやとり遊びも猫も、「おうちの中でぬくぬくとゆっくりする」っていうイメージ。すてきな英訳ですね。

05.
「Tag」

©2018 TABI LABO

タグ……ってあの「タグ付け」とかのタグ? では、先に答えを。

正解は「鬼ごっこ」。つかまえるときに「タッチ!」って言いますよね、あれがまさに「Tag!」になるんだって。イメージ的には、鬼は追いかけながらみんなをどんどんタグ付けしていくっていう感じ?

ちなみに、「Shadow Tag」は「影おに」、「Freeze Tag」は「氷おに」。……あの「氷おに」、つかまって凍ってしまったあと、仲間が助けにきてくれるまで動いちゃいけないのがつらいんですよね(ていうか正直、ちょっと動いちゃっていましたし)。

さて、面白い英訳をクイズで紹介してきましたが、「Freeze」っていう言葉についてもすこし。直訳すると「凍る」だけど、たとえば海外で警察が「Freeze!」と叫べば、それは「動くな!」っていうこと。言われた人は、凍ったみたいに、硬直しなければいけないわけですから。

そんな「Freeze」な遊びを
大人が本気で考えました

©Amazon Prime Video


ルールはひとつ。「何が起こっても、動かない」。

Prime Videoの大人気シリーズ『ドキュメンタル』に続き、あのタッグがまたやってくれます。Amazon×松本人志が「今年最大の悪だくみ」をしたら、こんな遊びができました。

タイトルは『FREEZE』。出演者に仕掛けられる、動かずにはいられない数々のハプニング。ネタバレは全力で避けますが、正直言います、あれ動かないとか絶対無理です(笑)。

単純明快なのに、超絶困難。観ながらついこぼれる笑いは、無邪気に遊んでいたあの頃とは「まったく違う面白さ」につられてのこと。究極の我慢大会となった出演者たちの恐怖と面白さを、ぜひあなた自身でたしかめてみて。

©Amazon Prime Video

Amazon Prime Video とは?

プレミアムなオンデマンド・エンターテイメント・サービス。世界200以上の国での視聴が可能。観たい作品を、観たい方法で楽しめる多様な選択肢を用意しています。

去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
「Amazonプライム・ビデオ」にてファッションリアリティ番組『MAKING THE CUT』が、2020年3月27日から配信される。優勝者が番組内でデザ...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
東京の新しいカルチャー発信基地、「TRUNK(HOTEL)」で開催された、SAUNA PARTY。日本のサウナ文化を中心に、食や音楽、ファッションなどがミ...
特に意味はないのだけれど、見続けてしまう中毒性が高い動画をご紹介。どれもCINEMA 4Dを使って制作されたものです。
9月9日より、世界に名を馳せる有料放送局「ディスカバリー」の展開する動画配信サービス「Dplay」が日本でも利用できるように。
10月9日、『スター・ウォーズ』シリーズで使われている4つの言葉が『オックスフォード英語辞典』に追加された。
今年2月あの『オックスフォード英語辞典』に新たに追加されたワード「Hangry」の意味を知っていますか?
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
突然ですが、「イギリス英語」と聞いて、どんなことが頭に浮かびますか?ハリー・ポッター?ベネディクト・カンバーバッチ?それとも、何となく「紳士・淑女」っぽい...
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
ディープな英語を学べる「麻薬の隠語リスト」。アメリカの麻薬取締局「DEA」が毎年アップデートしています。
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
普段何気なく使っている日本語が、いかに奥深いものであるか。なんとなくは分かっていたものの、改めて“特殊な言語”を扱っていることに気づかされます。「Othe...
「ペットボトルは英語じゃないって知っとうと!?」っていう本、知ってる? 北九州市立大学准教授の、アン・クレシーニさん(通称:アンちゃん)が書いた本なんだけ...
日本語にも方言があるように、ひとことで「英語」といっても国や地域によって使われ方はさまざま。中でも代表格がコレ。普段はそこまで意識していないけれど、以下を...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
2019年も『コリンズ英語辞典』からワード・オブ・ザ・イヤーが発表された。今年選ばれたワードは、人々の環境問題への意識の高まりを表した“あの言葉”......。
いつでも好きなアニメや番組をたっぷり楽しめる時代。“テレビっ子”が増えていっても仕方ないし、そうなるのも当たり前なような気がしてしまう。でも、Donna ...