ikigai(生きがい)を、英語で検索した結果・・・

「生きがい」を意味する適切な英訳は何だと思いますか?実はアメリカ版ウィキペディアにも登場する“ikigai”。ある一人のアメリカ人が、この言葉の解釈に、とても的を得ているグラフを作成し、話題を呼んでいます。

曰く、生きがいとは「朝早く起きた理由」だとか。哲学的すぎ?いえいいえ、これがきちんと意味を成してくるんです。

“生きがい”を因数分解

43f00e432fc41939fac4500963c76258ca43c0cc

くだんの人物は起業家でありブロガーのMarc Winn氏。彼は、日本の「生きがい」という言葉に出会い、他の多くの起業家たちの生きがいを見つける手伝いをするなかで、最適な英語がないこのワードの可視化に成功したようです。

生きがいの解釈に、とても理解しやすいこの“ikigaiグラフ”を用いて、日本人の精神性を自国に帰化させていきました。では、その気になる中身をチェックしていきましょう!

生きがいを構成する
4つのエレメント

まずは、重なりあう4つの円の中心を成すもの。そこにWinn氏は、人間の“生きがい”が位置していると説きます。

この生きがいの外殻を構成しているのが「情熱」「目標」「才能」「専門性」の4つの要素。さらに、これらの要素の組み合わせの先にあるのが、以下の4つの概念だと、彼は表現しています。

①あなたが好きなもの
②世の中が必要としているもの
③対価を得るに値するもの
④あなたが得意なもの

たとえば、情熱をもって目標とできること。それはすなわちあなたの「好き」なことである。さらに情熱を傾けることができて、さらにそれが自分の専門的な知識を投入できるものが、あなたの「得意」分野となる。
これらが集まることで生きがいを構成している、というのが彼の考えです。

どこか一つの領域でも欠けてしまうと、活力のポテンシャルは発揮されません。そればかりか、長く幸せな人生を送るためのチャンスすらも逃しているのかもしれない。
つまり、健康的な生活を長く続ける要因が生きがいであり、モチベーションの維持にも大きく影響しているとWinn氏は強調します。

明日への希望より
今日を生きる意志

98f09a01bc107b67f08c6c21740e313955c7f67b

「長く幸せな人生を送る秘訣は、明日への希望を持つことではありません。意志をもって今日を生きることです」

それは、個々のレベルでも十分に可能だし、あなたを取り巻くコミュニティからも同様に得るものがあるとWinn氏は結んでいます。

「a reason for living」「something to live for」「purpose in life」…英語にも生きがいを表現する言い回しや、ニュアンスの近いフレーズがあるにはあります。けれど、その生きる意味や目的を端的に表すものは、何なのでしょう?実際は曖昧なのかも。では、Winn氏が辿り着いたこの“ikigaiグラフ”はどうでしょう。しっくり来る部分がありますか?

朝起きた理由=生きがい。冒頭で紹介したWinn氏の真意はきっと、「今日を生きる意志」にあるのでしょうね。
アナタの生きがいは何ですか?来るべき新年に向けて、今一度考える時間を設けてみてはいかがでしょう。

Licensed material used with permission by Marc Winn
いま、欧米人が注目する「Ikigai(生きがい)」。彼らはそこに何を見出そうとしているのか?
当たり前のように、「ググる=検索する」と認知されているこのご時世。文字を打ち込む一般的なものはもちろん、最近では、音声認識による検索もポピュラーなものにな...
企画で、「最後に携帯でなにを検索した?」という質問を100人に投げかけた「CUT」。料理のつくり方や知らない言葉を検索していた人もいれば、個人の隠れた悩み...
画像検索をしたキャラクターと風景や人を組み合わせるLes Photos De Francoisの写真。キッカケは、ジョークのつもりで友人の子どもと画像を合...
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ネット社会で生きる私たちが研ぎ澄ますべきは、どのようなキーワードを組み合わせて検索するかというセンス。ではどうすれば、検索キーワードを思いつくようになるか...
不思議なもので、「絶対にするな」と言われることほど、つい気になってやってしまうのが人間の性。ただし、これだけは本気でやめておいたほうがいいかもしれません。...
「おじいちゃんおばあちゃん×最新のIT」という組み合わせは、ときに想像の斜め上をいく話題を振りまいてくれます。イギリスのリヴァプールに住む86歳のおばあち...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
『キャドバリー』の「デイリーミルク」。
CNNインターナショナルやBBCワールドなどのニュース同時通訳において、ダライ・ラマから信頼を置かれる通訳者の田中慶子さん。彼女が教える「学んだ英語」を「...
人が何かを成し遂げるためにもっとも大事なことは、明確な目標を持つことです。自分の進むべき道やゴールがはっきり見えていないと、努力を続けることも困難になって...
いつもありがとう、Google先生。世界中の人が毎日たくさんの疑問を検索していますね。でも、検索以外にも答えを知る方法はあります。たとえば、身近な人に聞く...
Exeter Internationalがインフォグラフィックでまとめたのは、世界中の人たちがGoogleで「ある国」を検索する時に、あわせて「何を」検索...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
女子高生時代に不登校を経験した田中慶子さん。今では日本トップクラスの同時通訳者として活躍する彼女の著書『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者にな...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
2016年もまだ100日以上残したこのタイミングで来年の話なんて、と思う人はそこまで。このデータを目にしてもそう言える?新年に立てた目標を達成できずに終わ...