猛毒ヘビに舌を噛まれると……ハイになる!?

世界中の眉唾ニュースを紹介する「Oddity Central」が報じたこのネタ、正気の沙汰とは思えません。だって、猛毒を持つヘビにわざわざ自分の舌を噛ませるというんですから。それも、目的は「ハイになる」ため。

苦行なのか、お遊びなのかもよくわかりませんが、インド北部ラージャスターン州に暮らす男性によるこの奇行を、インドで40年続く学術誌「The Indian Journal of Psychological Medicine」までもが調査レポートを出す始末。

男性の話では、舌を噛ませることで通常のドラッグをはるかに超えるコーフンが得られるらしく、しかもその状態が3〜4週間も持続するんだとか。ただし、噛まれた直後は1時間ほど無意識に陥るって、どれだけ死と隣り合わせなのよ(笑)。

生き血を飲むとは聞いたことあるけれど……合法か否かとか、もうそんな次元じゃないこの話題。前述の通り眉唾ニュース専門サイトの情報だけど、こんな動画も出回ってるところみると、一笑に付すというのもどうなの?

Reference: Oddity Central
Top image: © iStock.com/Wi6995/mrjo2405
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
アイルランドを拠点に活動するアーティストPáraic Mc Gloughlinさんによる作品は、ビデオドラッグのような感じです。
オーストラリアのドラッグレース「SUPERNATS 2015」。このレースで一際注目を集めたのが、TOYOTAのハイエースです。“400馬力”を積んだハイ...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
これは、とあるインドの学校に建てられた図書室。建物の屋根全体がレンガづくりのなだらかな斜面になっていて、地面と屋根を自由に登り降りできます。
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
2018年7月までにサンフランシスコが薬物注射施設をオープンすると、「San Francisco Chronicle」が報道しました。そこには、ハーム・リ...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
「合法ハーブ」「お香」「アロマオイル」などと称して販売されている危険ドラッグ。合法と呼ばれているから安全、どれも法の規制が及ばない、一回だけなら大丈夫…。...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
デートレイプドラッグは、日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、心も体もひどく傷つける最悪な犯罪です。被害者を減らすため、ある1人の女性が、飲み物に薬物が含ま...
紹介するのは、ロンドンを拠点に活動をするフォトグラファーChristopher Wilton-Steerさんの写真。それを見た人に、旅をしている気分になっ...
政府の検閲が厳しくなっているインド。あるアーティストが、不公平な状況を作品を通して、おかしいのではないかと訴えています。題材になったのは、『カーマ・スート...
インドのNGO団体が制作した映像が話題になっています。ここで紹介されているのは、ムンバイで生きる野犬にカメラをつけることで彼らが日々どんな生活を送っている...
インド中部にある小さな村。貧しい地域だがスケートボード場がある。この場所は学校へ通う子どもじゃないと遊ぶことができないなど、彼らが楽しみながら人生において...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
ハンドメイドの絵本がミリオンセラーになり、数々の賞を受賞しているインド・チェンマイの出版社「タラブックス」。彼らが世界中から賞賛を浴びているのは、なぜなの...
インドに住むカップル、ShyamさんとAnyaさん。ラブラブな2人にも、ひとつだけある不満がありました。それは、インドでは「公共の場でキスをしてはならない...