【サウナイト session006】Visit Finlandとの一夜限りのコラボレーションを開催しました!

渋谷がハロウィンで湧いた10月28日(日)。池尻大橋では、サウナイト session006〜Visit Finlandとの一夜限りのコラボレーション!を開催し、70名以上のサウナギークが集い、熱い夜を過ごしました。

「好きな水風呂のタイプは〜」
から始まる自己紹介

©YUJI IMAI

音楽ディレクター、映像監督として活躍するYGQさん(右)と、アイドルプロデューサー、音楽プロデューサーとして「でんぱ組.inc」「虹のコンキスタドール」などを手がけるもふくちゃん(中)が今回の司会。

©YUJI IMAI

登壇者ゲストは、4人組ロックバンド「androp」Bass担当の前田恭介さん(左)、舞台や映像を中心に活躍する女優の清水みさとさん(左中)、高円寺の銭湯・小杉湯の番頭兼イラストレーターの塩谷歩波さん(右中)、ととのえ親方と親しまれている松尾大さん(右)、そしてサウナ補助制度を福利厚生に導入したTABILABO代表・久志尚太郎(上左)。

始まって5分。「まずは簡単に自己紹介ください」という司会のフリに、当たり前かのように「好きな水風呂のタイプは〜」と語り出す登壇者たち。序盤から、サウナ愛が溢れすぎています!

サイコロサウナトーク!

©YUJI IMAI

第6回目の開催となったサウナイト。初めて参加する登壇者もいるということで、まずは各登壇者のサウナ話を伺います。

「ととのわない話」「サウナのちょっといい話」「私だけが知ってる最高のサウナ」「忘れられないサウナの話」など、どこかで見たことのあるようなないようなサイコロを一人ずつ振っていただきました。

©YUJI IMAI

行きつけのサウナでいつも会うおばちゃんの話をしてくださった清水さん。毎回顔を合わせるおばちゃんは、よく清水さんの席を取ってくれるのだそう。心も体も解放されるあの空間では、赤の他人には話さないことまで思わずポロっと口にしてしまうのでしょう。先日思わず「え!?私にそんな話を!?」と驚くような深〜い話をされたそうです。

他の6名のトークにも、会場からの笑いが止まりません。

フィンランドサウナ自慢大会!

一通り登壇者のサウナ話で盛り上がったところで、実際にフィンランドサウナを体験したことのある松尾さん、塩谷さん、久志がその時の写真とともにフィンランドサウナを紹介します。

©YUJI IMAI

サウナ発祥のフィンランドにはなんと200万以上のサウナがあると言われています。その中でも比較的観光客に知られているのが首都ヘルシンキの中心に建つサウナ付観覧車「スカイ・サウナ」。

5-6名は入れる広さで、中には本格的なスモークサウナを楽しめるよう「iki」が設置してあります。昼間もいいけれど、やっぱりヘルシンキの夜景を見ながらのサウナは最高だ、と語る松尾さん。

©YUJI IMAI

そしてやっぱり自然の水風呂がフィンランドサウナの最大の魅力。18万以上の湖があると言われているフィンランドは、湖の辺りにサウナがあることが多く、グッと冷えた天然の水風呂にざぶーんと浸かります。

フィンランドサウナを体験したことのない登壇者や参加者は目をキラキラさせて、羨ましそう。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

久志は今年の7月にフィンランドへサウナ旅。Visit Finlandの方におすすめされたのが「タンペレ」という、ヘルシンキから車で約2時間のところにある第三の都市だったそう。

実は今フィンランド国内で最もサウナで盛り上がっているらしく、「サウナ・キャピタル」として首都ヘルシンキを超えるパブリックサウナが点在しています。

1929年に建てられた湖畔のサウナ「ラウハニエミ・サウナ」は夏でも冬でもローカルが集まる人気サウナ。多くの老若男女が外気浴を楽しんでおり、サウナがコミュニティにとって欠かせないものになっています。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

塩谷さんは、真冬のフィンランドへ。ひたすらローカルなサウナを巡ったそうです。ものすごい数の写真とともに、その一部を紹介してくださいました。

塩谷さんも久志と同じくタンペレへ。1906年に作られた現存する国内最古のサウナ「ラヤポルティ・サウナ」へ現地の人と一緒に行ってきたそうです。日本のサウナのイメージとは違い、黄色い壁に緑色のドアが可愛らしいサウナで、真冬にもかかわらず老若男女が外気浴を楽しんでいます。サウナと教えられなければ、可愛い家だな〜と通り過ぎてしまいそうです。

ヘルシンキ中心部にある「サウナアルラ」というパブリックサウナも塩谷さんのおすすめ。1929年創業の老舗で、牢獄のようなルックスの入り口を入ると、可愛らしい小さな受付、狭いロッカー、狭い洗い場、そして狭いスモークサウナがあり、地元の人で賑わっているそうです。

©YUJI IMAI

目玉企画
フィンランド サウナアンバサダー任命!

©YUJI IMAI

トークセッション終了後は、今回協賛のVisit Finlandより「フィンランド サウナアンバサダー」の任命式がありました。来年フィンランドと日本の“国交100周年”を記念し、フィンランドサウナの魅力をもっと多くの人に広めていくアンバサダーを“100名”選ぶという企画です。

発信力のある関係者の他、100名中30名を一般の方の中から選ぶこととなり、今回のチケット購入時にサウナ愛に溢れるコメントを残してくれた30名が任命されました。

©YUJI IMAI

これから選ばれた30名のみなさんには、フィンランドサウナの魅力を発信してもらいます!ぜひお楽しみに。

ヘルシンキ往復航空券が当たったのは……

さらに、ドキドキしながら待っていた参加者も多かったのが、日本とヘルシンキの往復航空券!フィンエアーと北欧トラベルの協力のもと、当初1名様にプレゼントとしていましたが、なんと当日2名様にプレゼントされることに。

#サウナイト #visitfinlandのハッシュタグをつけて、フィンランドサウナへの想いをツイートしてくれた人の中から抽選を行いました。

©YUJI IMAI

一人目はフィンランドへは一度だけ渡航経験があるJo Hiroshiさん。なんとフィンランドサウナについて30以上のツイートをしたギーク中のギークです。目録を渡されるとステージの上で思わず飛んで喜んでいました。

©YUJI IMAI

もう一名はお笑いコンビ地球のマグ万平さん。彼のサウナにかける情熱を知る参加者から「お〜!」と拍手喝采。ぜひ本場で、ウィスキングやアウグースを習得して、帰国後イベントでもやってもらいたいですね!

フィンランドの食とドリンクで懇親会

今回は、フードもドリンクもフィンランド一色。2015年世界一のジントニックに輝いた「キュロ・ナプエ・ジン」を製造する「キュロ」のアンバサダーであるバーテンダー・ソラン氏を招き、本格カクテルを提供しました。

ローズマリーとクランベリーをトッピングした「ナプエ・ジン・アンド・トニック」はフィンランドを代表するドリンク。他にもクランベリージュースとソーダが入った「ロング・キュロ」も特別にご用意。全て懇親会前に売り切れるという人気でした。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

フードもフィンランド料理を代表するサーモンスープ、お米パイ、ミートパイをご用意。塩谷さんがフィンランドサウナの後に食べたサーモンスープがかなり美味しかった!と熱弁されていましたが、現地で寒い中食べるサーモンスープはもう絶品なのだとか。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

フィンランドサウナに燃えた
池尻大橋の夜

フィンランドサウナを体験したことのある登壇者・参加者から、最近サウナーになった参加者まで、とにかくサウナが大好きな人が集まり、語り合ったサウナイトsession006。サウナイトとVisit Finlandの限定コラボタオル、Visit Finlandオリジナルトートバック、サウナ無料券が参加者全員へお土産として渡されました。

©YUJI IMAI

フィンランドサウナはもちろん、日本のサウナも含めて、これからもサウナ界をぜひ一緒に盛り上げていきましょう!足を運んでくださった皆さま、誠にありがとうございました。

©YUJI IMAI

【サウナイト session006】
Visit Finlandとの一夜限りのコラボレーション

主催:サウナイト
協賛:Visit Finland
協力:フィンランド航空、北欧トラベル、株式会社ウェルビー、サウナと天然温泉 湯らっくす、大塚製薬
イベント企画制作:株式会社TABI LABO

『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
本日、「Visit Finland(フィンランド政府観光局)」が「バーチャル Rent a Finn(レント・ア・フィン)」をスタートする。
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
複合リゾート施設「BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(埼玉県入間郡)に、3月、一棟貸しの宿泊施設「サウナスイートキャ...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
11日にフィンランドで「ヘビーメタル編み物世界選手権」が開催された。文字通りヘビメタの音楽にあわせて編み物をするというものだが、これ、写真で見ても動画見て...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
ウイスキーを秋風とともに楽しめる、シングルモルト・タリスカーの生まれ故郷スコットランド・スカイ島行きの船が東京に寄港する。これは、9月27日の夜に開催さ...
「TRUNK HOTEL」と「一般社団法人 530(ゴミゼロ)」のコラボレーションイベント「TRUNK(HOTEL) × 530 SOCIALIZING ...