26歳のロンドンっ子が選んだ「日本で買えるクリスマスギフト」

TABI LABOで働く英国人キュレーター、ベン。

好奇心旺盛な若者でトラベル、ファッション、フードから音楽までヨーロッパのトレンドに詳しい。父親が外交官というハイソサエティな家庭に育った彼は、ミレニアル世代でありながら、ストリートブランドだけでなくハイブランドの動向にまで目配せしてる。つまり、守備範囲がとんでもなく広いのだ。

そんな彼と雑談中に、クリスマスの話題になった時のこと。「英国人の視点で、クリスマスギフトを選ぶとしたら?」という僕の質問に対する26歳のロンドナーの答えはモルトンブラウンだった。

イギリスでのイメージは
王室御用達だけじゃない

日本では英国王室御用達の高級ブランドというイメージがあるが、ベンが言うには「それだけじゃない」そうだ。

「動物実験をしていないエシカルな側面もあるし、国内でブレンドを行っている国産ブランドっていうのも愛されている理由。イギリス人はイギリス製品にプライドを持っているから」

実際、ベンのロンドンの実家はシャワージェルからハンドソープまでモルトンブラウンで統一されているらしい(※繰り返しになりますが、彼の家はハイソサエティです!)。

「母親が好きで、いつもお気に入りの香りを選んでるんだ。でも、彼女の世代だけじゃなくて、若いオシャレな女性にも愛されているし、僕自身も好き。定番のブラックペッパーのオードトワレは日本でも使ってる」

つまり、モルトンブラウンは、男女世代を問わずに喜んでもらえるギフトというわけだ。

「クリスマス時期になると、限定の香りやクリスマスツリーに飾るボーブルの形をしたボトルなど、たくさんのスペシャルアイテムが発売されるんだ。プレゼントにぴったりだよ」

というわけで、2018年クリスマスギフトにオススメのモルトンブラウンをご紹介!

注目度NO.1はコレ!

©モルトンブラウンジャパン株式会社

今年のクリスマスシーズンに限定で新登場したマドルドプラムの香り。と言っても、日本では、イメージがわかないという人が多いかも。けれど「とってもクリスマスを感じる!」とベン。英国の家庭ではクリスマスにプラムを漬けたお酒を味わうのが定番で、「英国人にとってホッとする香り」だそう。英国ブランドならでは、というわけだ。

オーク樽で熟成させたラムノート、スパイシーなサフラン、フルーティーなプラムをブレンドしたその香りは、ほんのりと甘くて、どこか温かみを感じるのが魅力。男女問わず好まれること間違いなし。大切な人にプレゼントしたい、スペシャルな香りだ。

ラインナップはオードトワレ、バス&シャワージェル、ボディローション。

「シャンパーニュで乾杯」が香りに!?

©モルトンブラウンジャパン株式会社

例年クリスマスシーズンの定番として人気を集めるフェスティブヴィンテージ エルダーフラワー コレクション。ボトルからもわかる通り、シャンパーニュにインスパイアされたという香りは、ボトルも華やか。

トップノートはグレープフルーツ、ハートノートはプチグレン、ベースノートはベチバーという構成で、シャンパーニュの香りだけではなく、乾杯する瞬間の高揚感や期待感が表現されている。言葉にするなら、爽やかでゴージャス。こちらも男女兼用で楽しめるので、パートナーだけでなく、ファミリーや仕事仲間へのギフトにも最適だ。

ラインナップは、バス&シャワージェルとボディローション。

ちなみに、このコレクションのみ、ECからでも限定で「MERRY CHRISTMAS」「WITH LOVE」のメッセージラベルを無料で付けられるサービスが!

大人の男性に贈りたい!
「北欧の森」を表現した香り

©モルトンブラウンジャパン株式会社

クリスマスムード抜群のグリーンボトル&リボンが目をひくジュニパーベリー&ラップパイン コレクションは、スウェーデンの美しいスノーフォレストを表現したという香り。

トップノートにジュニパーベリー、エレミ、フランキンセンス、ミドルノートにパインツリー、シダーウッド、クラリセージ、ベースノートにオークモス、バルサム、ムスクを使用。

大勢でワイワイ盛り上がるというよりも、気のおけない仲間とゆったりと楽しむ、温かみのあるセレブレーションがイメージ。落ち着いた大人の男性に似合う。

ラインナップは、ハンドウォッシュとハンドローションなど。

クリスマスカラーの赤!
「スパイシーで爽やか」な香りに注目

©モルトンブラウンジャパン株式会社

こちらもクリスマスを象徴する深紅が印象的なコレクション。フランキンセンス&オールスパイスの香りは、スパイシーでありながら爽やかさやほのかな甘さが感じられるというフレグランスブランドならではのノートの変化が楽しい。

ブレンドされているのは、フランキンセンス、オールスパイス、サンダルウッド。今シーズンのクリスマス限定コレクションのなかでは、もっともフェミニンな香りとなっている。上のジュニパーベリー&ラップパインと合わせて、赤と緑のクリスマスカラーで揃えて贈るのも洒落てる。

ラインナップは、ハンドウォッシュとハンドローションなど。

オーナメントにも使える!
バスルームを彩るボーブル型

©モルトンブラウンジャパン株式会社

ボーブルとはクリスマスツリーのオーナメントの一種で、アダムとイヴが食べた知恵の樹の実の象徴とされている……という背景もさることながら、一目見て「カワイイ!」となること間違いなしのフェスティブ ボーブル。

球体の中には、色鮮やかなバス&シャワージェルが入っており、ツリーに飾った後はバスルームを彩ってくれる。

「イギリスでも人気のあるプレゼントだよ」とベンが言うように、モルトンブラウンではこの時期の定番として知られている。誰もが笑顔になるギフトだ。

写真のギフトセットの他、単品での購入も可能だ。

英国のクリスマスの定番がモチーフ
バラエティセット

©モルトンブラウンジャパン株式会社

モルトンブラウンの素敵な香りをたくさん楽しめるスペシャルなセットは、パッケージにも注目。英国のクリスマスパーティーでは欠かせないアイテムであるクラッカーがモチーフになっている。

「紐を引っ張るタイプじゃなくて、クラッカーを二人で引っ張り合って鳴らすんだ」とベンが言うように、このパッケージも筒状になっており、モルトンブラウンのバス&シャワージェルが4種類(ピンクペッパー、オレンジ&ベルガモット、リリー オブ ザ バリー、ローザ)も入っている。ファミリーやカップルで一緒に楽しむギフトに最適!

人気の香りを集めたコレクションギフトは
自分用にも欲しい!

©モルトンブラウンジャパン株式会社

どの香りにしようか迷ったら、このストッキングフィラー ギフトコレクションを!

モルトンブラウンで人気の香りを10種類も楽しめるバス&シャワージェルのコレクションセットは、ブランドの世界観を堪能できるのが魅力。ギフトとして喜ばれるのはもちろんのこと、自分用に購入してお気に入りを探すのもありだ。

お店では香りも試せるし、名前やメッセージをラベルに入れるサービスも!

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

ECでも購入できるモルトンブラウンのクリスマスギフトですが、直営店となる新丸ビル店には大きなシンクもあって、各商品をタッチアップすることが可能。さらに、フェスティブヴィンテージ エルダーフラワー コレクションには、贈る相手の名前やメッセージをラベルを付けるサービスも実施中。

ボトルデザインだけでなく、なによりも香りが素晴らしいモルトンブラウン。叶うなら、店舗でいろいろ試してみてほしい。

〈モルトンブラウン〉は英国王室御用達のブランド。だけど、こんなカジュアルなアイテムも発売しているんです。アフタースポーツ用の「4-IN-1 スポーツウォッ...
母親って、どんな時にも見返りを求めない。でも、だからこそ、クリスマスには最高のプレゼントを贈りたくなる。今年は、ちょっとユニークなプレゼントはどうだろう。...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
薬剤師と医師の兄弟によって1790年に創業された「D.R.HARRIS(ディー・アール・ハリス)」は、数少ない英国王室御用達ブランド。そんな同ブランドの歯...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
「Rudolph's Rage Room」と呼ばれる部屋は、18ポンド(約2,700円)を払えば4分間、野球のバットでクリスマスツリーを思い切り殴りつける...
イギリス製にこだわる僕にとってグローブといえば〈DENTS(デンツ)〉。200年以上の歴史があり、今でも手縫いで製作、英国王室御用達としてもよく知られる、...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
クリスマスシーズンを迎えるこの時期、海外のCMから目が離せない。この記事で紹介するのは、英国の老舗百貨店「ディペンハムズ」。まるで、映画を思い起こさせるス...
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
ちょっとしたプレゼントって、実は結構難しいもの。ちゃんと使ってもらえるものがいいし、そこにちょっとした特別感もほしいし、でも相手には気を遣わせない価格帯に...
クリスマスシーズンに欠かせないのがクリスマスソング。心に残る名曲から、ロマンティックな曲、ちょっぴり切ない曲、大切な人と聴きたい曲までバリエーションは様々...
アメリカ人女優メーガン・マークルとイギリス王室のヘンリー王子の婚約は、様々穴てんで実は歴史的なものといえる。その4つのポイントを紹介。メーガンが英国王室で...
物質的な「モノ」を買うことよりも、「経験」にお金を使うことの方がしあわせ。社会全体の価値観が、次第に体験、知識、思い出を積み重ねていくことの方へとシフトし...
毎年、クリスマスシーズンになると巷で話題となるのが、イギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のTVCM。商品広告は一切なく、心があったかくなるショート・スト−リ...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
クリスマスなのに金欠、恋人もいない。そんな人でもいつかの無邪気なクリスマスを再現することで、お金をかけずに、友達と最高に楽しい思い出を作ることができるはず...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。