CESも表彰した
スマホでできる「視力検査器」

自宅で、正確に、身近なモノを使って視力検査ができる。それが、「EyeQue VisionCheck」。

測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを起動。説明に従い片目ずつ測定していきます。視力だけじゃなく、近視か遠視、乱視かどうかのチェックも可能。所要時間は3〜5分ほど。

視力の測定だけなら自己満足で終わり。ですが、結果に合わせて付属のアイテムで瞳孔間距離を測定し、自分に合った眼鏡をオーダーできるようになります。ちゃんと“アフター”も考えているあたりがズルいです(笑)。

2019年のCESイノベーション・アワードも受賞し注目されています。また、MITの特許技術も搭載。測定結果も信用できそうです。

ただし、目の健康状態までは把握できないので、定期的に眼科へ行きながら併用するくらいがちょうどいい利用方法かもしれません。

©EyeQue
©EyeQue
Reference: EyeQue
Top image: © EyeQue
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
左胸にあしらわれたロゴのおはなしです。本当は、千駄木にあるカフェ『CIBI TOKYO』の“C”なんですけどね。
毎日、たくさんのものを見つめる目。目は、外からたくさんの情報を受け取っていて、その一瞬で、遠い、近い、明るい、暗い、などの情報を脳に伝えています。皆さんの...
小さいころ、よく両親に「目だけは悪くならないほうがいい」と言われたものですが、実際、視力関連のトラブル(特に近視)に悩んでいる人も多いのでは。視力検査をす...
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。