「転倒リスク」を予測してくれる!スマートベルト「WELT PRO」が革命的

スマートベルトを開発する「WELT」から、転倒リスクを予測する機能を搭載した最新モデル「WELT PRO」が発表。先月行われた家電見本市「CES 2020」では、“世界初”となる同機能が高く評価され「革新賞」を受賞した。

転倒を感知するウェアラブルデバイスはほかにもあるが、それらが反応するのはすべて転倒が起きてしまった後だ。

しかし、このベルトは、さまざまな歩行パターンを分析して、転倒のリスクが高くなっている状態を予測して知らせてくれる。それによって高齢者の4分の1が経験するという“転倒事故”を未然に防ぐことができるのだとか。

もちろん、ベルト本体にもこだわりがあり、レザーストラップにはイタリア産の牛皮を使用し、すべて職人の手で作られているという。また、半自動バックルを採用することで、ストラップを外すことなくバックルの位置を変えることもできる。

日本での発売は5月以降を予定。身近な人の安心&安全を願ってプレゼントしてみては?

© WELT/YouTube
Top image: © WELT
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ダイエットは辛い。何が辛いって、もし我慢できずに美味しいものを食べたところで、罰則を受けるわけでも、他人から怒られるわけでもない。つまり、完全に自分との戦...
ブランドロゴが入ってるだけの簡素なモノやレザー製の高価なモノまで。裾ベルトもいろいろ選択肢があるけど、見た目のインパクトならコレ。
転倒の危険からお年寄りを守るために開発されたこのベルト、おじいちゃん、おばあちゃんも安心て孫と遊べるっていいですよね。
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
オン・オフ問わず人気の「コインローファー」の「穴」には、こんな秘密がありました!
「Samsung」が発表したAI搭載の新ロボット「Ballie」は、最先端のIoT技術と連動することで、ゴミを感知して自動掃除機を稼働させたり、留守番中の...
12月初旬、スマートフォンでプリント前のネガフィルムを鑑賞することができるアプリ「NEGAVIEW PRO」の提供がスタート。税込370円でダウンロードできる。
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
世界から脚光を浴びる韓国の7人組男性ヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」が、先月から韓国語学習コンテンツ「Learn! KOREAN with B...
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
「EyeQue VisionCheck」は、測定用のデバイスをスマホに取り付けて、専用アプリを使って自宅で視力検査ができます。所要時間は3〜5分ほど。20...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
6種類の重さに切り替えられるケトルベル。これひとつで、重さの違うダンベルをいくつも用意することなく、室内スペースもスマート化。小さな空間でも満足がいく筋ト...
「ソニー・ミュージックレーベルズ」が、オリジナルアニメーションとともにチルアウトミュージックを24時間365日配信するYouTubeチャンネル「Tokyo...
日本のポップカルチャーを集めた大型複合施設「ところざわサクラタウン」が7月17日にオープン。クールジャパンをテーマにしたミュージアム、ホテル、レストランな...
「HiMirror Mini」を使えば、自分の肌にあったスキンケアプロダクトを教えてくれるから、わざわざ専門家にカウンセリングをしてもらう必要がなくなります。
「スカイスキャナー」が、航空券の未来の値動きを予測表示する「価格予測機能」をiOS版アプリで提供開始。
ウェビングベルトなんてどれも同じだと思ってませんか? 自分も色遊びでいろいろ購入して楽しんでいましたが、〈SWRVE(スワーブ)〉のベルトはちょっといいですよ。
ロンドンに拠点を置くデジタル企業「DnaNudge」が紹介した最新技術は、私たちそれぞれの異なるDNAの情報に合わせて、自分の身体に適正な食品かどうか判断...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
2019年のCESでアイシン精機が初公開した「i-mobility TYPE-C」。ドライバーの感情を読み取る技術が搭載されていて、気が立っていたら座席が...