この「電子ペーパー」は、楽譜界に革命を起こすだろう

間もなく発売予定の電子ペーパー楽譜「GVIDO」。このアイテム、楽器を演奏する人ならば一度は直面するであろう、こんな悩みを解決してくれそうです。

01.
書き込みで
譜面がぐちゃぐちゃに…

GVIDO」は電子ペーパーを使用しているので、デジタルといえど紙のような使用感が魅力です。

専用のペンを使えば、紙のように書き込むことが可能。ペンの反対側についている消しゴムを使えば、サッと元通りに。これならば、書いては消して…を繰り返して、楽譜がぐちゃぐちゃになってしまう悩みから解消されそう。

また、クラウドで書き込みを共有できるのも嬉しい限り。一部ずつ書き込まねばいけなかったボーイング(運弓)の共有も、一発です。

02.
譜めくりが
間に合わない

GVIDO」はワンタッチで画面が切り替わるため、スムーズにめくることができます。暗譜派は別として、この楽譜ならば、譜めくりの悩みが解消しそうです。

また、別売りのフットスイッチ(Bluetooth、有線ともに接続可能)を使えば、足で操作することもできちゃいます。ということは、そのうち譜めくりの人はいらなくなるのかも?

他の電子デバイスと違って、見開きのデザインになっているので、紙の時と変わらない見やすさなのもポイントでは。

03.
楽譜がかさばって
持ち運びが面倒

本体は約660gほどの軽さで、サイズもコンパクト。大作の楽譜ともなれば、何十ページにも渡ってしまうもの。情報をこのアイテムに詰め込んでしまえば、持ち運びのストレスが軽減できます。 

またデータで管理できるので、一度取り込んでしまえば印刷や製本の必要は一切ナシ。楽譜を管理するライブラリアン達は、ともすれば100部以上の譜面を手作業で用意せねばなりませんでしたが、そんな膨大な仕事からも解放されそうです。

GVIDO」は2017年9月20日より、北米、ヨーロッパ、日本の計8か国で順次発売開始を予定しています。

価格は税抜1,600ドル(約18万円)と、なかなか良いお値段…。やっぱり紙の方がいい、なんて声も聞こえてきそうですが、それでも楽譜界に革命を起こしそうなこのアイテム、動向を見守りたいところです。

ゴールデンウィークには、東京国際フォーラムで行われる「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」にて、ブース出展があるよう。気になる人はチェックしてみては?

Licensed material used with permission by GVIDO
本来、そこに書かれているのは、白と黒のみ。もちろん、音を奏でるのが目的である以上、その2色だけでまったく問題ない。色鮮やかである必要などどこにもないのだ。...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄ま...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
Samira Kazanさんは、栄養のバランスをしっかり考慮しつつ、遊び心を交えたレシピの研究をしています。
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
ユーザー数400万人を誇るサイエンス系YouTubeチャンネル「Veritasium」が紹介する便利ハックに面白いものを見つけました。それは、原始的な「火...
吉田ユニやPARTY川村真司など、これまでに数多くの著名クリエイターたちが映像制作を手がけてきたスペースシャワーTVのステーションID。先日公開されたその...
モンティ・パイソンは、60〜70年代にイギリスで活躍した伝説的なお笑いグループ。革命的な笑いは、アメリカの「サタデー・ナイト・ライブ」をはじめとして様々な...
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
キーボード界に革命が起きた!と話題になった「Seaboard」ですが、その存在を知る人は、まだまだ少ないかもしれません。これは、ノラ・ジョーンズを発掘した...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動...
ペーパークラフト作品をつくっているAliaksei Zholnerさん。彼がアップしている数々の動画には、なんと実際に稼働するエンジンの姿が。全部紙で出来...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
TABI LABOのYouTubeチャンネルで楽しめるコンテンツを紹介。登録しなきゃもったいない!