60年代初頭の電子音楽界に生まれた衝撃!「モジュラーシンセサイザー」って何?

今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄まじいものだったとか。

上の動画は、2015年に公開された映画、『アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ』のトレーラームービー。モジュラーシンセサイザーの歴史を90分間以上にわたって振り返ったドキュメンタリー作品です。

点滅する光に、ツマミと配線だらけのレトロ・フューチャーな見た目。このメカチックな容姿が特徴で、人気の理由は様々ありますが、自由に音色をいじれるモジュールを、いくつも組み合わせてカスタマイズできるところが大きなポイント。

クルマやバイク、自転車など、カスタムが好きなら身近に感じられるかもしれません。その可能性は無限大で、プリセットの音色に満足できないクリエーターの間では根強い人気を誇っています。

独自のサウンドを生み出せ

2016年6月11日(土)、12日(日)には、モジュラーシンセサイザーの祭典「Tokyo Festival of Modular 2016」が、渋谷Red Bull Studio Tokyoの5Fで開催。そこでは、上で紹介した映画の日本語字幕付きDVDが先行販売されます。

未公開映像が66分も追加されており、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、アレッサンドロ・コルティーニをはじめ、ダフト・パンクのカスタムシンセサイザーを手掛けたカナダのシンセメーカー「Modcan」の創設者、ブルース・ダンカン氏のロングインタビューなどが収録。内容が濃い目!

監督を務めたのは、Solvent名義で活動する現役のミュージシャン、ジェイソン・アム。

「音楽家が取材をしなければコアな内容にならない」。

並々ならぬ情熱が注がれているようです。そのため、シンセサイザー初心者がその基礎知識を学ぶために見る教則ビデオとしても◎。スタジオのツアーや、本作のサウンドトラックメイキング映像も見れちゃうシロモノです。関係者の話によれば、4時間バージョンも存在しているようですが、その魅力を語るには全然足りないそう。

電子音でありながら、どこか懐かしさも感じられる音色のため、ロマンが感じられますよね。シンセサイザーに興味を持っているプレイヤーはもちろん、リスナーも要チェック!イベントでは電子音楽家によるレクチャーも受けられます。

2013年度に第1回目となるイベントが開催されたとき、来場者は予想を上回る数だったそうで、一般の若い女性やデート中のカップル、お年寄りなど幅広い世代が集まって行列ができたとか。傍目には難解に思えるかもしれませんが、モチベーションさえあれば誰でも扱えるとの声も。試しに遊びに行ってみては!?

【概要】
■DVDタイトル
『アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ』(原題:I Dream of Wires)

■発売
6月11日(土)より Tokyo Festival of Modular 2016にて税込み4,000円で発売

■出演
トレント・レズナー (Nine Inch Nails)、ゲイリー・ニューマン、モートン・サボトニック、ヴィンス・クラーク(Depeche Mode, Erasure) ほか

■監督
ジェイソン・アム、ロバート・ファンテナット

■web
作品サイト
https://akarifilms.co/i-dream-of-wires/
Facebook
https://www.facebook.com/akarifilmsco/
Twitter 
https://twitter.com/akarifilm

■Tokyo Festival of Modular
http://tfom.info/welcome.html

© 2014 Waveshaper Media Inc
Licensed material used with permission by I Dream of Wires

関連する記事

4月24日(金)、東野圭吾氏の作品が電子書籍として初めて配信される。電子化されるのは「KADOKAWA」「幻冬舎」「講談社」「光文社」「実業之日本社」「集...
世界初のセレクトショップ「コレット」。その閉店までの日々を追ったドキュメンタリー映画『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』」...
『AKIRA』の音楽に焦点を当てた常設展示が「日本科学未来館」に誕生するという。「『AKIRA』の音 不朽のアニメ映画を彩る未知のサウンド」と題された同展...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
使い込むほど魅力が高まる家具や日用品を、サブスクリプション型で提供する新サービス「(tefu)vintage supplies」が誕生。
「Tribecca Studios」とYouTubeがタッグを組んだオンライン映画祭「We Are One: A Global Film Festival...
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
4月22日、アメリカ「カリフォルニア工科大学」のメディカルエンジニアリングを専門とする研究チームが、人間の肌に貼り付けて使用する「電子皮膚」を開発したと発...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
この記事では、『恐ろしいほど人の本音がわかる!大人の心理テスト』から友達や恋人と盛り上がれる面白い心理テストを3つ厳選してご紹介します。簡単にできる心理テ...
「2019年に公開され“なんらかの爪あとを残した”ドキュメンタリー作品」を5つ、アップリンク(渋谷・吉祥寺)の石井雅之さんにピックアップしていただきました。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
今年のアカデミー賞の短編ドキュメンタリー部門にノミネートされた、イ・スンジュン監督『不在の記憶』。2014年4月に起こった「セウォル号沈没事故」を題材にし...
マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
「ButterflyAudio」は、テレビで映画を観る際に最適な首掛けのワイヤレススピーカー。耳に限りなく近い位置に大口径のスピーカーを搭載し、迫力ある重...
今年で9年目を迎える『逗子海岸映画祭』のドキュメンタリー。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
毎日、厳しい冷え込みが続く「冬」。でも「夏」はあんなに暑かったのだから、その熱が今あればいいのに…。誰もが一度は思うものです。四季があるのは素敵だけれど、...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
ここで紹介するコンセプト動画は、将来世界中を往来するようになる無人輸送船を、7〜14名ほどの少人数でリアルタイム監視するためのもの。動画に盛り込まれている...