60年代初頭の電子音楽界に生まれた衝撃!「モジュラーシンセサイザー」って何?

今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄まじいものだったとか。

上の動画は、2015年に公開された映画、『アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ』のトレーラームービー。モジュラーシンセサイザーの歴史を90分間以上にわたって振り返ったドキュメンタリー作品です。

点滅する光に、ツマミと配線だらけのレトロ・フューチャーな見た目。このメカチックな容姿が特徴で、人気の理由は様々ありますが、自由に音色をいじれるモジュールを、いくつも組み合わせてカスタマイズできるところが大きなポイント。

クルマやバイク、自転車など、カスタムが好きなら身近に感じられるかもしれません。その可能性は無限大で、プリセットの音色に満足できないクリエーターの間では根強い人気を誇っています。

独自のサウンドを生み出せ

B66f8a458c9a8c3feebbadfa83560b40116e0505

2016年6月11日(土)、12日(日)には、モジュラーシンセサイザーの祭典「Tokyo Festival of Modular 2016」が、渋谷Red Bull Studio Tokyoの5Fで開催。そこでは、上で紹介した映画の日本語字幕付きDVDが先行販売されます。

未公開映像が66分も追加されており、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、アレッサンドロ・コルティーニをはじめ、ダフト・パンクのカスタムシンセサイザーを手掛けたカナダのシンセメーカー「Modcan」の創設者、ブルース・ダンカン氏のロングインタビューなどが収録。内容が濃い目!

監督を務めたのは、Solvent名義で活動する現役のミュージシャン、ジェイソン・アム。

「音楽家が取材をしなければコアな内容にならない」。

並々ならぬ情熱が注がれているようです。そのため、シンセサイザー初心者がその基礎知識を学ぶために見る教則ビデオとしても◎。スタジオのツアーや、本作のサウンドトラックメイキング映像も見れちゃうシロモノです。関係者の話によれば、4時間バージョンも存在しているようですが、その魅力を語るには全然足りないそう。

電子音でありながら、どこか懐かしさも感じられる音色のため、ロマンが感じられますよね。シンセサイザーに興味を持っているプレイヤーはもちろん、リスナーも要チェック!イベントでは電子音楽家によるレクチャーも受けられます。

2013年度に第1回目となるイベントが開催されたとき、来場者は予想を上回る数だったそうで、一般の若い女性やデート中のカップル、お年寄りなど幅広い世代が集まって行列ができたとか。傍目には難解に思えるかもしれませんが、モチベーションさえあれば誰でも扱えるとの声も。試しに遊びに行ってみては!?

【概要】
■DVDタイトル
『アイ・ドリーム・オブ・ワイヤーズ』(原題:I Dream of Wires)

■発売
6月11日(土)より Tokyo Festival of Modular 2016にて税込み4,000円で発売

■出演
トレント・レズナー (Nine Inch Nails)、ゲイリー・ニューマン、モートン・サボトニック、ヴィンス・クラーク(Depeche Mode, Erasure) ほか

■監督
ジェイソン・アム、ロバート・ファンテナット

■web
作品サイト
https://akarifilms.co/i-dream-of-wires/
Facebook
https://www.facebook.com/akarifilmsco/
Twitter 
https://twitter.com/akarifilm

■Tokyo Festival of Modular
http://tfom.info/welcome.html

© 2014 Waveshaper Media Inc
Licensed material used with permission by I Dream of Wires
マンチェスター出身のプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJとして活動している「Floating Points」ことサム・シェパード。ロンドンを拠点に活動...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた青年「Jacob Collier」。つい先日、...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
音の無い世界で生きる人たちがいる。耳の聞こえない聾(ろう)者たち。彼らに楽器が奏でるメロディーや歌声は聞こえない。しかし、決して音楽の無い世界に生きている...
1960年代、NASAで活躍し「人間コンピューター」とも呼ばれた女性たちの活躍を描いた映画『ドリーム』(原題「Hidden Figures」)。その映画を...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
『光を灯す/future with bright lights』と題された動画は、電気設備工事などで知られる総合設備企業「関電工」によるwebムービー。な...
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
舞台は“どん底”と言われるロサンゼルス郊外の街イングルウッド。ヒップホップの全盛期とされる「90年代」が好きすぎる現代のオタク少年マルコムは、ある時イケて...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
人類史上最も成功したエンターテイナーと称された、マイケル・ジャクソンの写真や資料を集めた書籍は、これまでにも世界各国で、数多く出版されてきました。1992...
間もなく発売予定の電子ペーパー楽譜「GVIDO」。このアイテム、楽器を演奏する人ならば一度は直面するであろう、こんな悩みを解決してくれそうです。「GVID...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
Netflixオリジナル作品『アート・オブ・デザイン』は、今世界中のクリエイターが注目しているドキュメンタリーだ。デザインやアートのドキュメンタリーって聞...
アウシュヴィッツ強制収容所でのホロコースト。もしも、加害者と犠牲者の孫世代が恋に落ちたら…。映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』は、タブーの扉を開けた挑戦...
数々の賞を受賞し、世界中の映画祭で上映された、オランダのアニメーションスタジオ製作のショートムービー『A Single Life』。一人暮らしの女性の元に...
外出先で「電子レンジがあればな〜」。こんな経験、一度はあるのではないでしょうか。でもあの大きさと重さ、そして電源…車に積んでアウトドアへ持って行くにしても...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...