旅好きなら、クレジットカードを持つことが「自分磨き」に繋がるかもしれない

スキルアップやキャリアップのために費やしているお金や時間って、意外に多いと思うんです。

ジム通いや英会話、食事会など、かかる費用を計算してみるとすぐに月額1万円は超えてしまいそうです。そういった “自分磨き” に費やしているものを少しだけ見直してみては? という提案です。

それが、アメリカン・エキスプレスの「プラチナ・カード®︎」を持つこと。年会費130,000円(+税)ですが、月額にすると実は11,700円。

一瞬「高っ!」と感じたかもしれませんし、クレジットカードを持つことがなんで自分磨きに? と疑問符が浮かんだかもしれません。ですが、とくに旅が好きな人ならその価値に共感できるはずです。

旅先で過ごす「時間」が
もっと自由になる

まずこのプラチナ・カードには、旅先での時間や体験の制限から解放してくれるというメリットがあります。

「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」というサービスを使うと、世界で厳選された1,000ヶ所以上のラグジュアリーホテルやリゾート施設のアーリーチェックイン*¹・レイトチェックアウトが可能になり、さらに宿泊先での優待特典を受けることもできます。たとえば、部屋のアップグレード*¹や、無料の朝食、各ホテルオリジナルの特典……なども。

*¹ 当日の空室状況によります。

目に見えないものへの投資は苦手、という人も多いかもしれませんが、チェックインやチェックアウトの時間にゆとりができる=旅先での快適さが激変します。普段の忙しい毎日を思い出してみてください。「とにかく時間とゆとりが欲しい」ってつぶやいていませんか? これほどお金に代えがたいものはないと思うんです。

たとえば、レイトチェックアウト。通常は11時チェックアウトのところが夕方の16時まで滞在可能になるので、旅行の最終日を移動日にすることなく、最終日まで旅を楽しみつくすことが可能です。

ホテルの近くを散策することや、海やプールで最後にもう一度遊ぶこともでき、部屋に戻ってシャワーで汗を流してから出発することもできます。こういったゆとりを持つことも、“自分磨き” に繋がると思いませんか?

→さっそくチェックしてみる

このカードがあれば
旅がもっとスマートに

海外への旅が好きな人なら、コンタクトレス決済(NFC Type A/B対応)に魅力を感じる人も多いかもしれません。対応国であればカフェやコンビニでもスムーズに決済でき、支払い時のわずらわしさから解放されます。読み取り機にかざすだけなので、言語に不慣れな国でも負担が減りますね。

その便利さは、移動時にも役立ちます。たとえば、英ロンドンの地下鉄なら、わざわざ乗車券を買わずとも、SuicaやPASMOのようにプラチナ・カードを改札にかざすだけ。ストレスなく乗車できます。日本と勝手がちがうことでつい慌ててしまっていた場面でも、プラチナ・カードがあればスマートな対応が可能になるはず。

さらに、海外での決済ではいつものポイントが3倍*²に。提携航空パートナーへのマイル移⾏レートもアップするので、旅行好きならこのカードが大活躍してくれることは間違いありません。

毎日使いたくなる
理由がある

プラチナ・カードはメタル素材になっているので、スタイリッシュで所有感を満たしてくれるのも嬉しいポイント。つねに財布のなかに入れていても傷がつきにくく、毎日使いたくなる重厚感やタフさも魅力です。

“毎日使いたくなる理由” は、他にもあります。

プラチナ・カードを持っていると、ヤフーショッピングや、App Store、Amazonでのショッピングなど、対象オンラインストアでのポイントが3倍*²になるという特典があるんです。つまり、日常使いでもお得にポイントをためることができます。

*² 100円=3ポイント(通常ポイント1ポイント+ボーナスポイント2ポイント)事前登録制

プラチナ・カードで
「旅体験」が変わる

これまでプラチナ・カードに「一部の人だけが持つカードでしょ?」というイメージを持っていた人も、旅のなかで使えるメリットを感じてもらえたのではないでしょうか。

 

それでもピンと来ない人には、
世界130ヵ国500空港1,200ヵ所以上の空港ラウンジが使える「グローバル・ラウンジ・コレクション」や、年に1度、国内の対象ホテルに無料で泊まれるペアチケットがもらえる「フリー・ステイ・ギフト」
などのサービスが受けられることも付け加えておきたいところ。

 

旅好きなら、このカードが “自分磨きに繋がってる” って感じてもらえたはず。

→詳しくはコチラ

 

【関連記事はこちら】

2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
 「旅に出て、もしも自分よりもすぐれたものか、または自分にひとしいものに出会わなかったら、むしろきっぱりと独りで行け。愚かなものを道連れにしてはならぬ・・...
バルミューダのトースター、スリーピージョーンズのパジャマ……2019年の自分磨きを頑張るために、ほしいもの!
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
スウェーデンのフィンテック企業「Doconomy」は、商品を購入した時に自動的に二酸化炭素の排出量が計測されるクレジットカード「DO」を開発。ワンランク上...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
旅については様々な学術的な研究も重ねてきたという、旅研究家のKathleen Peddicord氏。彼は30年以上に渡り60ヵ国以上を旅してきた、旅のエキ...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
就職や進学などで独り立ちする20代。その時に必要なライフスキルを紹介します。料理のレパートリーを一つでも持つ、お金の管理をちゃんとする、クレジットカードを...