大人になった今「香港一人旅」を最初から最後まで楽しむ方法

一人旅が好きな人にその理由を聞くと、だいたい返ってくるのは気持ちいいくらいの「自由だし、誰にも気をつかわなくていいから」というセリフ。たしかに、学生時代や若い頃の一人旅を思い出して「あのときはムチャしたなぁ」なんていう記憶も蘇ってくるかもしれません。

それはそれで素敵なのですが、すっかり大人になった今、同じように無謀な旅をしてはしゃぐワケにもいきません。そろそろ自分の旅体験をもっとゆとりあるものにアップデートする必要があると思うんです。

たまには自分へのご褒美として、少しプレミアムな「一人旅」を計画してみるのはどうでしょう。いつもとは違うこの旅に唯一お供させたいのが、アメリカン・エキスプレスの「プラチナ・カード®︎」です。

旅の始まりは、空港から。フライトのクラスに関係なく、このカードで世界130ヶ国1,200ヶ所以上の空港ラウンジが使えるので、出発からいつもよりゆとりあるものに変わるはず。

今回の旅で、向かうは香港。東京から4〜5時間の魅惑の街です。

一人旅なら
香港のアート巡りが楽しい

金曜の夜からLCCに乗る「週末一人旅」の目的地としても、香港は魅力的。

テーマは「アート旅」。インスタスポット巡りやグルメリサーチもいいけれど、一人旅ならではの楽しみを見つけたいと思います。

やっぱり外せないのは、中環(セントラル)。迷路のような古い通りをじっくり歩くと、植民地時代の名残りがある建物から、若手アーティストの作品を堪能できる「PMQ」なども巡ることができます。

2018年にオープンしたばかりの「大館(タイクン)」も、旧中環警察署を改修していて、歴史価値も高いアートハブとして注目されていますね。

“Raimund Girke: The Silence Balance” @ Axel Vervoordt Gallery

また、このあたりはコンパクトなアートギャラリーやアンティークショップも多いので、一人旅でも飽きないどころか、“一人旅のほうが” ゆったりと香港のアート旅を楽しめそうです。

ラグジュアリーホテルで
限られた人しか体験できない「癒し」を

歩き疲れたカラダを癒して、翌日もしっかり旅を満喫するためにも、ホテルにはこだわりたいところ。若い頃は「寝られればOK」だったかもしれませんが、大人の一人旅としてはゆったりと過ごすことも重要です。

アメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードを使うことで、プレミアムな宿泊体験を得られることができます。たとえば「ホテル・メンバーシップ」という優待特典を使うと、通常は年間で数十泊しないと手に入らないようなエリートステータスやVIPプログラムに登録できます。しかも、無条件で。

4つのホテルグループの上級資格が該当していて、嬉しい特典が受けられます。

・シャングリ・ラ ゴールデンサークル/ジェイド会員
・Marriott Bonvoy™/ゴールドエリート会員
・ヒルトン・オナーズ/ゴールド会員
・Radisson Rewards™/Goldエリートステータス

 

特典内容はそれぞれ異なりますが、アーリーチェックイン*¹・レイトチェックアウトや客室の無料アップグレード*¹、朝食無料のサービス、などなど……。はじめてのホテルでもまるで常連になった気分。

週末旅の場合、初日と最終日に荷物を持って観光するなんてことは避けたいですよね。そういった時にもとても心強い特典だと言えると思います。

*¹ 当日の空室状況によります。

→詳しくはコチラ

センチュリオン・ラウンジで
旅の最後までゆったりと過ごす

香港一人旅を最後まで満喫するならば、空港での時間の使い方も大事ですよね。

プラチナ・カードを持っている人が入ることのできる、アメリカン・エキスプレスが独自で運営している「センチュリオン・ラウンジ」には、香港のローカルフードやアルコールを含めたドリンクが用意されています。

帰国前にもう一度地元のグルメを味わうもよし、シャワーを浴びてリフレッシュしてからバーカウンターで青島ビールやカクテルを堪能するもよし。

帰国までの時間を、旅の思い出に浸りながら特別なラウンジでくつろぐなんて、きっと若い頃にはできなかった “メリハリのある旅体験” 。

→詳しくはコチラ

大人の「一人旅」は
体験を特別なものにするってこと

自分へのご褒美として、少しだけいつもより贅沢な「一人旅」を計画する人は年々増えてきていると思います。見識を広げるためや、現地の友人と再会するため、お気に入りの場所に定期的に行くためなど、それぞれの目的は違えどアメリカン・エキスプレスのプラチナ・カードは、「人生を楽しみ尽くしたい人が持つべき旅のお供」といえるでしょう。

持つことがステータス、ではなく、持っていることで一人旅が最初から最後までプラチナ体験になる、っていうのがこのカードを持つ一番のメリットなのかもしれませんね。

→詳しくはコチラ

 

【関連記事はこちら】

友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
香港のThe Peakに6月、「Monopoly Dreams Hong Kong(モノポリー ドリームズ 香港)」がオープン予定。ここはモノポリーの世界...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
「インスタジェニックな香港」といえば、ヴィクトリア・ピークやシンフォニー・オブ・ライツで異論なし。だけど、James Wongは、単なるストリートにその美...
人生に置いて迷いの生じやすい30代をよりよく過ごすためには、自信を持って自分を愛することが大切だとElite DailyのJasmine Vaughn-H...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
突然ですが、水野仁輔さんの著書『幻の黒船カレーを追え』は、カレーを超えた人生を語る本だったな……と思い出し、40代ってどんな生き方がいいんでしょうか、とイ...
一年の最後の日「大晦日」。あなたは今、誰とどう過ごしていますか?年を重ねるごと人生に求めるものって少しずつ変化していきますが、この大晦日の過ごし方だって、...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
20代から30代へと変わるうちに、親友と楽しむことをまとめました。ダンスパーティへ行ったり、知らない土地へ旅行したり、一緒に本読んだりと、20のチェックリ...
名門「香港バレエ団」が公開するカラフルでポップな動画。多数のバエレダンサーが出演し踊りを披露。ソロやデュオ、グループなどさまざまなダンスのなかに、バレエの...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
磯臭いのに恐ろしくビールがすすむ、香港の「油菜」について。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。