今「本物のバニラ」が注目されている2つの理由

ある日、「天然のバニラを使っています」というアイスの謳い文句を見て、自分の中に“引っかかり”がありました。わざわざ宣伝をするべきことなのかな?って。

どうしても気になったので調べてみると……世界中で今、天然のバニラが注目されていることが分かったんです!

その理由は大きく分けて、ふたつありました。

過去5年間で
500%の値上がり

©iStock.com/suti

日本で販売されているバニラアイスの多くは合成香料を使っています。これは天然の香りを再現したもので、本物ではありません。ちなみに、お馴染みのバニラエッセンスも人工香料が加えられている商品が多いんですよ。

なかなか本物のバニラが市場に出回らないのは、値段が上がっていることにあります。

というのも、世界最大のバニラビーンズ生産国であるマダガスカルを、2017年と2018年、サイクロンが襲撃。生産量がガクッと落ちたんです。……と同時に値段は急上昇。過去5年間で、約500%も上がっています。

そういうことがあって、収穫間近となったバニラビーンズの盗難や強奪が発生しているようです。殺人事件までも起きてしまっているのだとか。

その希少性と生産を取り巻く状況がきっかけとなり、本物のバニラが世界で注目され始めているんです。

バニラエッセンスが
悪者扱いされている

ふたつ目の理由は、生産者ではなく消費者側の話。

先ほども紹介した通り、バニラエッセンスに本物のバニラが使われていることは少ないんです。

でも、世界に目を向ければ、今はオーガニックブームの真っ只中。本来は価格を抑えた上でバニラを再現できるのはスゴいことのはずなのに、化学合成などが問題視され、今や悪者扱いされています……(言いたいことは分かるんですけどね)。

また、中国などをはじめとした新興国では、生活水準が上がったことにより、バニラの需要が増えているようです。これもまた、注目されている理由のひとつです。

今注目を浴びている
「ふたつ」の製品

©iStock.com/Geshas

本物のバニラを食べたいけど、値段が高い。生産者に負担をかけたくない。そんな気持ちは、多くの人が抱えているみたい。

……ということで今注目され始めているのが、バニラエキストラクトとバニラペースト。

前者は、バニラのさやをそのままアルコールにつけたもので、香りを気軽に楽しめるようになっています。後者は、バニラエキストラクトなどをベースに、バニラの種と砂糖を加えて、ペースト状にしたもの。

どちらもほとんどの場合で本物が材料になっているし、添加物不使用。本物のバニラだけを買うことを考えたら、手に取りやすい価格設定です。

これらは日本ではまだ注目されていないけど、2020年、本物のバニラに対する知名度はどんどん上がっていくでしょう。

そう思っています。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
寒い季節に暖かい部屋で食べるアイスっておいしいですよね。なんで冬にこそ食べたくなるのか不思議ですが、なにやら脳に嬉しい影響が起きているようなんです。アイス...
ごはんのお供として食卓に並ぶ“アレ”を使うだけで、普通のバニラアイスがトルコ風になる。今回紹介するのは「ビエボ」に掲載されている、そんな裏ワザです。なんと...
アイスクリームショップに並ぶ豊富なフレーバーは、見ているだけでもワクワクしますよね。コンビニに並ぶアイスクリームでさえ、高級なものはたまにしか手が出せない...
「222(ニャンニャンニャン)」の猫の日である2月22日から、世界初となる往診専門のサブスクリプション型どうぶつ病院「トレッタねこ病院」のサービスが開始される。
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...
自分の先祖をたどり、それに基づいた健康に関するアドバイスをくれる遺伝子テスト「23andMe」。6月28日より「あなたがアイスクリームでバニラ派なのか?チ...
「ペプシカフェ」は、コーヒーとコーラをブレンドした缶飲料。カフェインの量は、通常のペプシの2倍も含まれ、味はオリジナルとバニラの2種類が用意されている。
煮ても焼いてもおいしいフルーツのひとつに「リンゴ」があります。ただ、ひと口にリンゴと言っても、その種類はさまざま。収穫の始まる9月ごろからが旬といわれます...
アメリカの「OREO(オレオ)」の新キャンペーン「 WHAT’S YOUR STUF」が話題。オレオのココアクッキーに挟まったバニラクリームの好みの量を投...
ペプシコーラを販売する「ペプシコ」がバレンタインデーにちなみ“特別なエンゲージメントリング”をプレゼントするキャンペーンを開催中。台座には「クリスタル・ペ...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
まだ辞書や参考書にも載っていない“今使われている英語”を知りたいなら、チェックをしておいて損はありません。マサチューセッツ州にあるLowell High ...
海外で健康食とのしてのイメージが定着している日本食ですが、近年は「抹茶」をコーヒーの代わりに愛飲する人たちも多いんだとか。でも、私たちからすればアイスやケ...
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
スマートベルトを開発する「WELT」から最新モデル「WELT PRO」が発表。さまざまな歩行パターンを分析して、転倒のリスクが高くなっている状態を知らせて...
中国の美しき山脈地・桂林をイメージして作られたランプ「GuiLin Lamp-scape」。光と反応することで、空気中のバクテリアや有害物質、匂いまで取り...
これまでもさまざまなタトゥーが話題となってきましたが、今注目されているのは、「刺繍みたい」と言われているソレ。柄を描く一本一本のラインがまるで糸で編まれて...
生クリームも、牛乳も卵もいらない。たった2種類のナッツを用意するだけで、なめらかでリッチなアイスクリームがつくれてしまいます。しかも、美味しくて健康的。こ...
体にまとわりついてくる湿気のなか、グラスにタピオカ、フルーツ、白玉やあんこを添えてココナッツミルクのソースがかかった「チェー」をいただく。恐ろしく甘い、で...
ブランド品の偽物が、数え切れないほど出回っている今、知識がない限り自信をもって本物と偽物を見分けることは難しいだろう。が、ものの15秒ほどでその作業を行っ...
同じカテゴリーの新作がどんどん登場しているけれど、防水で音が大きいっていうこのスピーカーの強みは揺るぎない。
タイ料理やベトナム料理が好きな人にとってはパクチーは欠かせない香草ですよね。世の中にはパクチー専門のレストランもあるくらいで、最近では抗酸化作用がアンチエ...