育児に仕事。忙しない毎日でも、ルルルンが「つる肌」に仕上げてくれる!

あの「ルルルン」から、フェイスマスクではなく化粧水がデビューしました!

ルルルン商品の軸となっているのは、「本当にいいものこそ、毎日使ってほしい」という思い。けれどフェイスマスクだと、毎日使うのが面倒に感じたり、使い惜しんでしまうのがリアルなところ。

だからこそ、の化粧水デビューというワケです。

さて、フェイスマスクの効力はそのままに、化粧水に姿を変えた「ルルルン ローション」の活躍はいかに……?

実際に愛用しているという、27歳女性・市原さんは仕事と育児の両立中。娘さんが2歳になって、ようやくお風呂の時間に余裕が出てきた今、新生・ルルルンが活躍中なのだそう。

「お母さんが一番楽しんでいること」が、
家族にとってすごく大切

育児に奮闘中!ということで、仕事は時短勤務にしているのかと思いきや、週5日・朝8時から17時までがっつりフルタイムで働いていました。すんごいバイタリティ。

学生時代から「世の中に埋もれている“いいもの”を広く届けていきたい」という思いがあり、今は広報として会社の重役を担っています。出産前後で仕事量に変化はほとんどないみたいですが、仕事への向き合い方は一変したそう。

「とにかく効率を重視するようになりました。起床から就寝まで、子どもの生活時間はきっちり決まっているので、残業をすると家族のリズムが崩れてしまう。子どもが生まれる前は、朝まで仕事をしたり短期的に無茶をしていたけれど、今は絶対に出来ないですね(笑)。一度無茶をすると、家庭も仕事も立て直すのが大変なので、長期目線で働く意識に切り替えました」

育児と仕事の両立は
「主演」と「助演」を切り替えるイメージ

「育児と仕事の両立は、『お母さんが一番楽しんでいること』が一番大事だと思っています。フルタイムで働いているのも、働きたい気持ちを我慢したくないから。育児のために我慢を重ねていたら、いつか自分の不満を子どものせいにしてしまう」

ひとりの時間がほとんどないのに、自分の気持ちも大事にできるのは、市原さんが見つけた“家族とは?”という問いの答えがあるからでした。

「家族はチームであって、親子は主従関係ではない。ゆくゆくは一人の大人として育っていくので、私と娘の人生は切り分けて考えるように気をつけています。私は私の人生の主演女優で、娘の人生の助演女優って感覚(笑)!

価値観を押し付けてしまわないように、今は主演として考えるべきなのか?助演として考えるべきなのか?一回考えてみる。

仕事もそうですが、美容やおしゃれも、二役の毎日を楽しむため大切なポイントです」

フェイスマスクが使えないから、
化粧水の登場に助けられてる!

母になる前と後では、スキンケアにどんな変化があったのかを伺うと、育児中ならではの悩みがありました。

「ルルルンのフェイスマスクはよく使っていたんですが、マスクをしていると娘が怖がって泣いてしまうんです(笑)。寝かせた後に使うしかないので、子どもができてからは、使用頻度がかなり減ってしまっていて。

乾燥肌で、ルルルンの保湿力には日々助けられていたので、化粧水になってくれて本当に助かりました!乾燥知らずの、つるっとした肌になって嬉しいです」

→もっと知りたい

市原さんがスキンケアに愛用しているのは、しっとりタイプの『ルルルン ローション モイスト』。

乾燥肌の悩みにしっかりアプローチしてくれるモイストは、肌の水分をキープしてくれる自然由来の成分「ジャノヒゲ根エキス」に加えて、水洗いをしても保水力を落とさない、濃密保湿成分の「リピジュア」も配合されているんです。

お肌の悩みは、
モイスト×クリアの両方使いで解決◎

「娘が1歳半になるまではお風呂に入れるのが本当に大変で、自分のケアをする余裕は全くなかったんですが、最近は湯船でひとり遊びをしてくれるようになったので、その間にルルルンで全身を保湿できるようになりました!」

ルルルンの化粧水は、500mlでかなりの大容量。ボディケアに化粧水を使う習慣は今までなかったそうですが、バシャバシャ使っても罪悪感のないサイズなので、今は全身に使用しているそうです。「いつもの2倍、じゃぶじゃぶ使って欲しい」というルルルンの期待通り!

ボディケアには、さっぱりタイプの『ルルルン ローション クリア』を愛用中だと言う市原さん。

「汗っかきなので、体にはクリアがちょうどいいんです。エアコンの乾燥にも負けないくらい保湿はしてくれるのに、触れたときにベタつきが全くないので、バシャバシャ使えます」

クリアは「テカリ悩みが尽きない肌」にアプローチしてくれる化粧水。肌の深層まで水分を届けてくれるけど、触り心地はサラッと。

育児と仕事、忙しなく両方の顔を使い分ける毎日でも、「肌の調子がいいと楽しくなりますよね」と笑う市原さん。新生・ルルルンは、フェイスマスクを使いずらくなってしまったお母さんたちの味方になっていました!

→詳しくはコチラ
ルルルンに関する記事もチェック!
「ルルルン年賀状」は、ルルルン1枚入りのパッケージを年賀状に見立て、表面には住所を、裏面には自由にイラストやメッセージを書いたり、貼って楽しめる付属のデザ...
「資生堂」が一人ひとりの肌構造や質感をパフェにたとえて診断してくれる「肌パフェ SKIN CHECK」を公開。
カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病に侵されてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり...
100%天然由来成分のオーガニックスキンケアブランドから、必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせる「ヘンプシードオイル」と、環境ストレスへの抵抗力を高め...
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
まるで第3の皮膚で膜を張ったように手肌を保護してくれるうえ、保湿成分で潤いを保ち続けてくれるハンドクリーム「Hands A P.P.」。手荒れに悩まされて...
「自分の肌に1番合う製品を使って、しっかりスキンケアしたい」女性なら誰でも思うことではないだろうか。忙しくても簡単に肌チェックができるデバイスが、Kick...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「ファンケル」から保湿効果のある肌着やマスクの新シリーズ「着るモイスチャライザー」が、10月20よりオンラインストアにて発売される。
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
6/6から12日間だけ限定で、「キールズ」のポップアップがオープン!夏に大活躍してくれる人気の化粧水のお試しや、肌のカウンセリングの他、日替わりでイベント...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
美容家電企業「HiMirror」が発売する『HiMirror Slide』は、スライド式のタブレットを備えた化粧鏡。タブレット画面を利用して、YouTub...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
近未来のスキンケアのあり方を象徴する「Neutrogena MaskiD」。これは、Johnson & Johnsonが発表した、3Dプリンターでフェイス...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
暑い夏から過ごしやすい秋に入り悩まされるのが「カサカサ」の乾燥肌。毎年気をつけているのに、なかなか改善されない、とお悩みの方も多いでしょう。ここでは、乾燥...
韓国で口コミ数No.1を誇るLED美顔器「ECO FACE LIGHTING MASK」が日本に初上陸!美容大国・韓国で累計11万台を販売するその実力とは...
肌トラブルの原因になりやすい化学繊維や化学的加工を一切施さず、オーガニック100%のコットンを使用したこのマスクは、肌に優しく吸水性にも優れ、暑くて蒸れや...