育児に仕事。忙しない毎日でも、ルルルンが「つる肌」に仕上げてくれる!

あの「ルルルン」から、フェイスマスクではなく化粧水がデビューしました!

ルルルン商品の軸となっているのは、「本当にいいものこそ、毎日使ってほしい」という思い。けれどフェイスマスクだと、毎日使うのが面倒に感じたり、使い惜しんでしまうのがリアルなところ。

だからこそ、の化粧水デビューというワケです。

さて、フェイスマスクの効力はそのままに、化粧水に姿を変えた「ルルルン ローション」の活躍はいかに……?

実際に愛用しているという、27歳女性・市原さんは仕事と育児の両立中。娘さんが2歳になって、ようやくお風呂の時間に余裕が出てきた今、新生・ルルルンが活躍中なのだそう。

「お母さんが一番楽しんでいること」が、
家族にとってすごく大切

育児に奮闘中!ということで、仕事は時短勤務にしているのかと思いきや、週5日・朝8時から17時までがっつりフルタイムで働いていました。すんごいバイタリティ。

学生時代から「世の中に埋もれている“いいもの”を広く届けていきたい」という思いがあり、今は広報として会社の重役を担っています。出産前後で仕事量に変化はほとんどないみたいですが、仕事への向き合い方は一変したそう。

「とにかく効率を重視するようになりました。起床から就寝まで、子どもの生活時間はきっちり決まっているので、残業をすると家族のリズムが崩れてしまう。子どもが生まれる前は、朝まで仕事をしたり短期的に無茶をしていたけれど、今は絶対に出来ないですね(笑)。一度無茶をすると、家庭も仕事も立て直すのが大変なので、長期目線で働く意識に切り替えました」

育児と仕事の両立は
「主演」と「助演」を切り替えるイメージ

「育児と仕事の両立は、『お母さんが一番楽しんでいること』が一番大事だと思っています。フルタイムで働いているのも、働きたい気持ちを我慢したくないから。育児のために我慢を重ねていたら、いつか自分の不満を子どものせいにしてしまう」

ひとりの時間がほとんどないのに、自分の気持ちも大事にできるのは、市原さんが見つけた“家族とは?”という問いの答えがあるからでした。

「家族はチームであって、親子は主従関係ではない。ゆくゆくは一人の大人として育っていくので、私と娘の人生は切り分けて考えるように気をつけています。私は私の人生の主演女優で、娘の人生の助演女優って感覚(笑)!

価値観を押し付けてしまわないように、今は主演として考えるべきなのか?助演として考えるべきなのか?一回考えてみる。

仕事もそうですが、美容やおしゃれも、二役の毎日を楽しむため大切なポイントです」

フェイスマスクが使えないから、
化粧水の登場に助けられてる!

母になる前と後では、スキンケアにどんな変化があったのかを伺うと、育児中ならではの悩みがありました。

「ルルルンのフェイスマスクはよく使っていたんですが、マスクをしていると娘が怖がって泣いてしまうんです(笑)。寝かせた後に使うしかないので、子どもができてからは、使用頻度がかなり減ってしまっていて。

乾燥肌で、ルルルンの保湿力には日々助けられていたので、化粧水になってくれて本当に助かりました!乾燥知らずの、つるっとした肌になって嬉しいです」

→もっと知りたい

市原さんがスキンケアに愛用しているのは、しっとりタイプの『ルルルン ローション モイスト』。

乾燥肌の悩みにしっかりアプローチしてくれるモイストは、肌の水分をキープしてくれる自然由来の成分「ジャノヒゲ根エキス」に加えて、水洗いをしても保水力を落とさない、濃密保湿成分の「リピジュア」も配合されているんです。

お肌の悩みは、
モイスト×クリアの両方使いで解決◎

「娘が1歳半になるまではお風呂に入れるのが本当に大変で、自分のケアをする余裕は全くなかったんですが、最近は湯船でひとり遊びをしてくれるようになったので、その間にルルルンで全身を保湿できるようになりました!」

ルルルンの化粧水は、500mlでかなりの大容量。ボディケアに化粧水を使う習慣は今までなかったそうですが、バシャバシャ使っても罪悪感のないサイズなので、今は全身に使用しているそうです。「いつもの2倍、じゃぶじゃぶ使って欲しい」というルルルンの期待通り!

ボディケアには、さっぱりタイプの『ルルルン ローション クリア』を愛用中だと言う市原さん。

「汗っかきなので、体にはクリアがちょうどいいんです。エアコンの乾燥にも負けないくらい保湿はしてくれるのに、触れたときにベタつきが全くないので、バシャバシャ使えます」

クリアは「テカリ悩みが尽きない肌」にアプローチしてくれる化粧水。肌の深層まで水分を届けてくれるけど、触り心地はサラッと。

育児と仕事、忙しなく両方の顔を使い分ける毎日でも、「肌の調子がいいと楽しくなりますよね」と笑う市原さん。新生・ルルルンは、フェイスマスクを使いずらくなってしまったお母さんたちの味方になっていました!

→詳しくはコチラ
ルルルンに関する記事もチェック!

関連する記事

「資生堂」が一人ひとりの肌構造や質感をパフェにたとえて診断してくれる「肌パフェ SKIN CHECK」を公開。
フェイスマスクブランドNo.1「ルルルン」は、5月15日(金)から、新型コロナ感染症の影響で結婚式を延期した花嫁に、延期した日数分のフェイスマスクをお届け...
「ルルルン年賀状」は、ルルルン1枚入りのパッケージを年賀状に見立て、表面には住所を、裏面には自由にイラストやメッセージを書いたり、貼って楽しめる付属のデザ...
100%天然由来成分のオーガニックスキンケアブランドから、必須脂肪酸が豊富で皮膚の炎症を落ち着かせる「ヘンプシードオイル」と、環境ストレスへの抵抗力を高め...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
カナダ在住であるCherylさんのパートナーChirsさんは、病に侵されてこの世を去ってしまいました。Chirsさんはタトゥーアーティストだったこともあり...
まるで第3の皮膚で膜を張ったように手肌を保護してくれるうえ、保湿成分で潤いを保ち続けてくれるハンドクリーム「Hands A P.P.」。手荒れに悩まされて...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...