2021年に利用可能になる「絵文字」は「ジェンダーと人種」にフォーカス

9月18日、絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」「Emoji 13.1」として217個の新たな絵文字を発表した。これらは2021年中に利用可能になる予定だ。

217個のうち210個はジェンダー人種に配慮したもので、ありとあらゆる組み合わせのカップルを表現する絵文字がリリースされるとのこと。

完全な新作となるのは残りの7個燃えるハート包帯が巻かれているハート髭のある人物ため息をつく顔など、ありそうでなかった絵文字がラインナップされている。

これらが使えるようになるまで少し時間はかかるが、しっかりと時代のニーズを反映した絵文字のおかげで、より具体的なコミュニケーションをとることができそうだ。

Top image: © iStock.com/calvindexter, Cosmic_Design/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事