「チルアウト」の魅力を、脳神経科学の観点から分析してみたよ!

「CHILL OUT(チルアウト)」が謳うのは、エナジードリンクとは反対の、リラックスできる逆エナジードリンクです。

エネルギーを発散するためではなく、落ち着くために飲む──。仕事前に、休憩中に、ベッドに入る前に、いくつものシーンが想像できますね。

ところで、飲んだあとは脳内にどんな変化が起きているのでしょうか? 実際に「チルアウト」を使った効果検証試験がおこなわれました。

視野が広がり、ポジティブに!?

共同研究したのは、九州大学医学部発のベンチャー企業「株式会社Universal Mind」。彼らのおかげで、「チルアウト」に配合されているGABA、L-テアニン、ヘンプシード抽出物、ホップ抽出物という4つのリラクゼーション成分の働きについて、脳神経科学の観点から分析ができたというのがポイントです。

まずは、ひとつ目の結果。

「チルアウト」を飲んだあとは、俯瞰的に外部情報を処理する状態「モニタリング状態」になるとのこと。コレ、リラックスしてたくさんのことに目を向けられる様子を表しているそうです。

ビジネスパーソンなら、感覚的に理解できるのではないでしょうか。木を見て森も見る……そう、細かい部分にとらわれすぎず全体を把握するスキルってやつです。

つまり「チルアウト」を飲めば、森も見やすくなっちゃうし、もっと分かりやすく言うと、広い視野で物事をとらえる力が湧いてくるんです。飲んだら、いつも以上に優れたアイデアが浮かぶかもしれません。

→今すぐチェック

先ほどの研究結果は、脳の機能活動がどこで起きたのか? を画像化する「fMRI」を使って導き出されました。脳内にある部位のつながりを観察し、チルアウトの効果を分析するためです。

難しい……と思った人は、こう覚えておいてください。

チルアウトを飲んだあと、私たちはポジティブになっている可能性あり!!

これがふたつ目の効果。

「fMRI」の解析結果で、被験者の心理状態をあらわす脳部位のつながりに変化があったそうです。それがプラスに働いているとのこと。

清涼感のあるシトラスやハーブ、フルーツ系の味や香りも、そうさせる理由かもしれません。

最近、ネガティブになりやすい日々が続いている人こそ、気分を上げるために「チルアウト」を飲むってのもイイですよね。

→詳しくはコチラ

【結論!】
「チルアウト」があれば
クリエイティビティを発揮しやすいかも

「チルアウト」は、ストレス社会にチルでクリエイティブなライフスタイルを──というコンセプトで開発されています。

今回の効果検証試験の結果により、それが何を意味するのか、グッと分かりやすくなりましたね。

たとえストレスを抱えていたとしても、飲めば広い視点で物事を考えやすくなるので、それらの原因を受け止められるマインドセットになります。従来のように「大騒ぎをしてストレスを発散する」という一時的な解決策ではないのがポイントです。

そして、どんなに気分が下がっていても、飲めばチルできる……もっと言えば、ポジティブになれる可能性があります。

逆エナジードリンク「チルアウト」は、クリエイティビティを発揮しやすくなる可能性を生むサポートドリンクとも言えますね。おまけに、保存料と着色料、人工甘味料を使っていないのも嬉しいところ。

そんな「チルアウト」を飲んで、ワクワクした日常生活を送りませんか?

 

 

販売場所:全国一部自動販売機(順次発売中)、都内、神奈川のセブン-イレブン、ナチュラルローソン、ドン・キホーテなどで発売中(※一部店舗除く)
楽天市場Amazonでも発売中。

世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
ストレスを軽減するための6つの方法を紹介。どれも、科学的に証明されているものばかりなので、実践する価値アリです。ガムを噛む、眉と眉の間をマッサージするなど...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
「マッコーリー大学」と「シドニー大学」の研究チームが、2015年から2017年のオーストラリア・ニューサウスウェールズ州でのTwitter投稿を「We F...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
イギリスの神経学者たちが科学的な実証を得て作成した「地球上でもっともリラックスできるプレイリスト」。コールドプレイやアデルといった現代のアーティストからモ...
同性愛について、個人の考えや宗教、または政治的、社会的な見解を混ぜてしまうと議論は終わらない。しかし遺伝子的にみるとどうだろう?と説明するのがこの動画。こ...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
CMや雑誌、ネットの特集などでも扱われることの多い腸内細菌。なんと、その細菌が「睡眠」にまで影響を与えていることが、米「ミズーリ大学」の医学部研究チームの...
ガーデニングなど自宅で植物と触れ合うことによる健康促進、うつ症状・ストレスの低下、肥満防止効果などに着目した国産オーガニックスキンケア会社「ネオナチュラル...
アメリカの患者支援団体である「米国心臓協会」は「唐辛子」が死亡リスクの減少に関わっているかもしれないとする研究結果を発表した。
行きよりも、帰り道の方が短く感じる。そんなふうに思ったことはありませんか?実はこれまでにその謎を解明しようと、多くの科学者が調査を行っており、科学の世界で...
「Elite Daily」で紹介された不安を和らげるための記事は、今まで読んだものとちょっと違う。11の方法を紹介しているのだけど、私が魅力に感じた最大の...