「犬の肉球風味のコーヒー」はトップバリスタ監修の本格派

枝豆、とうもろこし、お日様。

犬の肉球の香りは、さまざまなものに例えられるが、総じていえることは「なんだかホッとする」ということだ。

10月23日から限定販売されている「BUHI COFFEE」は、ナッツの香ばしさがするコーヒー豆を使用することで、飲んだときの鼻から抜ける香りが、まるで“肉球のような”風味を楽しめるように仕上げられたコーヒー。

このコーヒーを作ったのは、コーヒーのプロフェッショナルによる世界競技会「World Brewers Cup 2016」チャンピオン・粕谷哲氏が率いる「PHILOCOFFEA」と、犬種に特化したペットメディアを運営し、フレンチブルドッグ専門雑誌『BUHI』などを制作する「rakanu株式会社」

本格的な味でありながら、カップにお湯を注ぐティーバッグタイプなので、紅茶を入れるように簡単に作ることができる。

さらに、犬の健康を阻害するカフェインを99.9%カットしているため、愛犬と暮らすオーナーも安心して飲むことができるのも嬉しいポイント。

愛犬とのくつろぎのひとときはもちろん、ユニークなコンセプトで、ホッと一息つきたい多くの人たちにも穏やかで前向きな時間を提供してくれそうだ。

©2020 rakanu株式会社

BUHI COFFEE(ブヒ コーヒー)』

【公式販売サイト(フレブルライフストア)】
https://store.frenchbulldog.life/

Top image: © 2020 rakanu株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事