自由に曲がる「細長~い湯たんぽ」が気持ちよさそう!

肌寒くなってきた今時期に、なんとも気持ちよさそうなプロダクトを紹介。

「YuYu Bottle」は、イギリスで誕生した、細長くユニークな形状をした「湯たんぽ」。やわらかな天然ゴム製ボトルを、首や肩、腰などにぐるりと巻いて使用する。

画期的なデザインは、身体に心地よい暖かさを伝えることに適した長さ、そして長時間保温ができる構造。ボディラインに見事にフィットし、身体をじんわりと優しい暖かさで包み込んでくれる。

自宅での使用はもちろん、キャンプなどアウトドアシーンでも活躍しそう。寝袋の中の広範囲を温められるため、入った瞬間からポカポカだとか。焚火やお酒の後に思い切りダイブしよう。

価格は6600円(税込)、購入はこちらから。

© 株式会社ヘリオス・ホールディングス
© 株式会社ヘリオス・ホールディングス
©株式会社ヘリオス・ホールディングス
Top image: © 株式会社ヘリオス・ホールディングス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ドイツ発〈sänger(サンガー)〉の湯たんぽです。ゴム製なので、金物のそれと違って柔らかく使いやすいです。表面のギザギザは、低音火傷を防ぐための構造で、...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
BMWのデザインを手がけたキャリアを持つ工業デザイナーJosep Rubau氏が、新たに投下したのは、写真のヨット「RED SHARK」だ。
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
アメリカで開発されたフローティングベッド「Splash Runner」には、モーターが付いています。手でハンドルを操作すれば、自由自在に移動ができる仕組み。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドは、人気の映画シリーズ「Jurassic World」をテーマにしたランイベントの開催を発表。今年7月にリニューアルオ...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
アレンジされた進化系そうめんは20種類恵比寿で話題の創作そうめん専門店 
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
プラハの街の一角に、愛と平和と自由への精神で埋め尽くされた壁がある。1980年12月8日、凶弾に倒れたジョン・レノンを偲んで、若者たちが哀悼のメッセージを...
「Dell」は3DCG作品でいかに「おいしそう」かを競うコンテスト「CGごはん」を開催。プロ・アマ問わず参加が可能。最先端のテクノロジーと磨き上げたテクニ...
スマホで映画や動画を観ても疲れさせないクッション誕生。カメラスタンドでよく使われる背骨のような芯材で、フレキシブルにスマホを固定し、手に持つ必要はナシ。さ...
「Glacier Pools」と称されたTom Hegenさんの作品は、直訳すると「氷河のプール」という意味。詳しいロケーションは明かされていませんが、ア...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...