大切な人と「チルな時間」を過ごさせてくれるお酒、知ってる?

なんだか最近「お酒を飲んでパーっと気晴らし!」っていう気分でもなくなってきた。

もちろんたまには飲みたくなるし、ゆるーい気分に浸りたいときもあるけど、飲みすぎて気分が悪くなったり、生活のリズムが崩れるのはちょっと……。

そんなとき「フルーツァー」を選んでみるのはどう? クイック&ライトにチルな時間を感じさせてくれて、気分をゆるやかに高めてくれるはず。

FRUITZER(フルーツァー)って?
ヘルシーでスタイリッシュなお酒としてアメリカの若者を中心に大人気のハードセルツァーを、日本人の好みに合わせて仕上げた「フルーツァー」。アルコール分は気軽に楽しみやすい4%で、甘くないスッキリした味わいは今の気分にぴったり! 罪悪感なく、クイック&ライトに手に取れるのが新しい。

今度の週末、緑のなかで
チルタイム

ガチガチに準備して出かけるのは大変だけど、アウトドアチェアくらいは持って、お気に入りの景色が見える場所で、居心地のいいパートナーや友だちとゆるっと飲む時間。

そんな瞬間に、フルーツァーはしっくりくる。

平日はデスクワークに振り回されてる分、近場でも緑が見える場所なら、なお良し。わざわざ遠くまで行かなくても、フルーツァーがクイック&ライトに「チルな時間」を過ごさせてくれる。

とくにこの時間なにをするワケでも、ゴールがあるわけでもないけど、フルーツァー片手に過ごす時間が、自分たちの気持ちをゆるやかに高めてくれる。

 

酔っ払いすぎない4%っていうアルコール度数と、フワッと香る果汁のフレーバーも気分に合ってるし、「ザ・お酒飲んでます!」っていうゴツい缶じゃないのも嬉しい(笑)。

「このあと、どうする?」
「もうちょっとまったりしてから考えよう」
「うん、いいね」

フルーツァーがおいしく感じるのは、きっとそんなとき。

 

お気に入りの海外ドラマと
フルーツァー

お気に入りの映画とか海外ドラマを集中して見たいときの飲み物って、いまだに正解に悩む。

仕事で疲れてるときは、お酒が決定打になって途中で睡魔に襲われることもあるし、かといってジュースじゃいまいち盛り上がりに欠けるときもある。

だからこそ、大切な人とゆるーく海外ドラマを見るときは、フルーツァーがしっくりくる。

ほど良い緊張感と、ほど良いリラックス。

なんとなく手持ちぶさたになるときも、少しだけ口寂しいときも、クイック&ライトに「チルな気分」にさせてくれるフルーツァーが、1〜2時間の鑑賞タイムにちょうどいい。

 

レモン&ライムにする? ピンクグレープフルーツにする? って気分で選べるのも嬉しいし、炭酸の爽やかな味わいが心地いい。

「だれが黒幕だと思う?」
「たしかにつづき気になるね(笑)」
「もう1話、見る?」

フルーツァーが飲みたくなるのは、きっとそんなとき。

→さっそくチェック