これからもよろしくね。パートナーに贈りたくなるギフトって?

気がつけば、今年ももう年末。

外食も旅行も少しは行きやすくなったけど、何年も我慢してきた分、まだまだリフレッシュが足りない! という人も多いんじゃないかな。

だからこそ、なにげない日常のちょっとしたホームパーティや、大切な人との乾杯が、張り詰めた自分をリラックスさせてくれる今日この頃 🥃✨。

今年の冬は、特別に感謝を伝えたい人に、「ありがとう」のギフトを贈りませんか? それはきっとあなた自身のためにもなるはず。

お酒に合うおつまみ、
ふたりで作ろう〜。

(冷蔵庫に余ってるもので、チャチャっと作っちゃおう)

今回お邪魔したのは、今年の8月にご結婚されたばかりの新婚、SAKIさんとYUMAさんのお宅。

30歳の同い年夫婦で、愛犬のANDYと一緒に暮らしています。

SAKIさんはイベントプランナー、YUMAさんは営業職として毎日忙しく働いているので、自炊や一緒にごはん作るのも大好きだけど、平日はなかなかそんな時間も取れなくて……。

だからこそ、年の瀬の少しゆったり過ごせる週末は、ふたりで一緒にごはんでも作って、少し早い時間から飲み始めるのもいいよね♪

「いつもありがとね」
さりげないプレゼントが
こんなに嬉しいなんて。

(はい、いつもお疲れさま〜)

「最近、仕事も新しくなって忙しそうにしてたから、はい、プレゼント。って言っても一緒に飲むお酒だけど(笑)」。

SAKIさんからプレゼントされたのは、「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」

これならハイボールにして、ふたりで楽しく飲めるし、デザインもファッショナブルだからプレゼントにもピッタリ。

「わざわざリボンまで付けてくれたの? え、こういうサプライズ嬉しい(笑)」

「メッセージはあとで読んでね」

最近ゆっくり飲めてなかったから。
ジョニーウォーカーで乾杯〜✨

ふたりで仲良く手づくりした料理と、ジョニーウォーカーのハイボールで、かんぱ〜い。

「クリスマスとかでも良かったんだけど、こういう特別じゃない日のプレゼントもたまにはいいかなと思って」

「今日、飲みたいな〜って思ってたから驚いたよ!」

 

ハイボールなら、ササっと作った料理ともペアリングの相性がいいし、お互いに氷と炭酸水とウイスキーで作ってあげる時間も楽しい。

(笑)

(もう少し濃いほうが良かった?)

(ううん、おいしいよ)

あげたほうも、もらったほうも
嬉しくなるギフト
「ジョニーウォーカー」

“jw”

世界No.1の販売数* を誇るスコッチウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」は、あげたほうも、もらったほうも嬉しくなる、季節を選ばないギフト。

四角いボトルに斜めに傾いたラベルや、トレードマークのストライディングマン (闊歩する紳士)はオシャレだし、「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」の複層的でバランスのいい味わいは、シングルモルトだけで29種もの原酒がブレンドされていて、世界中のファンを魅了しています。

* IMPACT DATABANK 2021に基づく販売数量

KEEP WALKING——。
大切な人と、ともに。

“jw”

(左)「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 700ml」

(右)「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 700ml ギフトボックス 22秋」
※ハイボールグラス(容量:約370ml)付き。一部量販店およびECサイトにて販売中。

創業者ジョン・ウォーカーが歩み始めてから200年以上続くジョニーウォーカーのコンセプトが、KEEP WALKING——。

大切な人やパートナーと、永く、歩みを進めていくためには、たまにはくつろいだり、サプライズをしたり、お互いの心地良さを大切にしていきたいもの。

定番の「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」に特別なグラスが付いたギフトボックスなんて、年末のギフトにいかがでしょう。

 

きっと、何気ない1日が特別になるのって、こういう乾杯の瞬間なんじゃないかな!

→パートナーにギフトしたい

(楽しかったね。残ったウイスキーでまた今度やろっか)

記念日でも、そうじゃない日でも。

大切な人と一緒に「KEEP WALKING」するために。

→詳しくはコチラ